澁谷耕一のおいしい生活

日々の暮らしの中で出会った「おいしい」ものたちを
徒然にご紹介します。
日本各地の特色ある食べ物からお店紹介まで、
食に関するさまざまな事柄を綴っていきますので、
どうぞよろしくお願いします!


テーマ:

先日、長崎へ出張した際に、長崎駅にほど近い「割烹とし」をご案内いただきました。


割烹とし_入口


食材は、長崎市内に点在する市場を、店主が自ら毎朝回り、最高のものを仕入れています。


こちらのお店は、長崎の老舗料亭の板長を務めていた店主が「料亭の味をもっと手軽に味わってほしい」との思いから、昭和53年に創業したのだそうです。









「割烹とし」で製造販売しているポン酢『龍の泪シリーズ』は、ベルギーのブリュッセルに本拠を置く世界的な食の評価機関「国際味覚審査機構(iTQi)」で、初出品で日本初の最高評価、三ツ星と二つ星を3年連続で獲得しています。


龍の泪

この日いただいたのは長崎特産の「ざぼん(文旦)」を使ったポン酢。

これをイサキなど白身の刺身につけていただきます。

「お刺身にポン酢!」とはじめはとても驚きましたが、試してみるとまろやかな酸味のポン酢にとてもよく合うのです。これは新しい発見でした。


▼龍の泪(長崎ざぼん)についてはこちらをご覧ください

http://www.kappoutoshi.com/?page_id=114


iTQi

上の写真が受賞のメダルと額です。

なんとポン酢だけでなく豚の角煮も最高の三ツ星評価を受けています。


割烹とし_豚の角煮

■老舗料亭「富貴楼」仕込みの長崎角煮【琥珀】


中国の詩人、蘇東婆が好んだといわれ、東坡煮(トンポーロー)の別名を持つ豚の角煮は、長崎を代表する料理のひとつ。特に長崎の郷土料理「「長崎卓袱料理」には欠かせない一品です。


豚肉は、長崎県内でのみ飼育されている最上質な豚の「皮付きバラ肉」のみを使用し、無駄な脂を抜いた後に味醂や化学調味料、添加物を一切使わない昔ながらの製法でゆっくりと一昼夜かけて煮込み、さらに丸一日かけて味を含ませます。できあがるまでに三日もかかる、本当に手間暇のかかった料理です。


箸で切ることができるほどに柔らかく、トロリとした甘味のある脂に練りからしをのせていただくと、何とも言えない美味しさが口の中に広がります。


割烹とし_ご主人と
今回、長崎特有の食文化に触れ、またひとつ世界が広がったような気がしました。


店主の佐藤虓治さん、美味しいお料理をありがとうございました。また長崎に伺った際にはお邪魔しますので、よろしくお願いいたします。


割烹とし

長崎県長崎市中町5-22(長崎駅徒歩3分)

TEL:095-825-4452

http://www.kappoutoshi.com/


























AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

澁谷耕一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。