皆様、こんにちは。

店長の鈴木です(^-^)/



先日、お客様からのお問い合わせで、

「この情報誌に書いてある『ヘアカラーのみの場合、別途SB料金を頂きます』のSBって何のことなんですか?」

という質問を頂きました。


…確かに。

何なんでしょう、SBって(笑)

答【SB=シャンプーブロー】

さらに詳しく説明すると、

【シャンプーブロー=シャンプーをし、ドライヤーを使って乾かす&スタイリングをする。】

ということなのですが、

誌面にただ【別途SB料金…】なんて書かれてもサッパリ分かりませんよね。

何の料金だよ!みたいな。

それが我々美容師にとって当たり前の表現であったとしても、それを皆さんが知ってて当たり前だという理由にはならないんですよね。

次回掲載分から修正しておかねば…(°_°)


という話からの今回のテーマ、

『美容師がついつい使ってしまう専門用語とかなんとか。』

なのですが、

「この美容師さんは、一体何を言っているのだろう…」
{3EEB413D-DCB6-4024-8004-F4CE8EAF2E7B:01}



なんて思った事ありませんか?


例えば…

美容師「うーん、ちょっとネープが重いからー、ラインぼかしてセニングしとくね!あと、ショートバング流行りなんだけどチャレンジしちゃう?でもちょっと浮いちゃうかもだからアウトバスつけてコームで押さえるといいかもね!あ、根元のリタッチもやっとこうかな?」

お客様「は、はぁ…じゃあそれでお願いします…」

(´-`).。oO(何を言われているのか全然分からないんだけど…)本音

(´-`).。oO(結局、わたしは何をされるんだろう…)不安

なんて経験ありませんか?

この美容師の説明を完璧に理解出来る方はおそらくいないのでは?と思います。


美容業界に限らずだとは思いますが、

専門用語を並べまくり、

すごい事言ってそうなんですけど、

サッパリ相手に理解されていない。

(これは恥ずかしい…)

(言ってる本人の自己満足でしかない…)


そうなんです、専門用語って分かりづらいんです。


そこで、

『美容師がついつい使ってしまう専門用語とかなんとか。』

についてちょっと解説してみたいと思います。

(´-`).。oO(まぁ、我々美容師が皆さんに分かりやすい言葉で伝える事が出来れば何も問題ない訳なのですが…)



では先程のおさらいを(^-^)/


美容師「うーん、ちょっと【ネープ】が重いからー、【ライン】ぼかして【セニング】しとくね!あと、ショート【バング】流行りなんだけどチャレンジしちゃう?でもちょっと浮いちゃうかもだから【アウトバス】つけて【コーム】で押さえるといいかもね!あ、根元の【リタッチ】もやっとこうかな?」

(わずかこれだけの文章に7つもの難解な専門用語が!!)

(自分がお客様の立場ならこんな美容師は嫌ですね…)

(何言われているのかさっぱり分からないので笑)

では解説を。

【ネープ】=【えりあし】の事。

【ライン】=【毛先】の事を指す場合が多く、この場合の【ラインをぼかす】とは、毛先を梳いて、やわらかな質感にするという意味合いです。

【セニング】=【梳き鋏で梳く事】

【バング】=【前髪】ショートバングとは短く切った前髪の事です。最近では眉上の前髪の事をそう呼ぶ場合が多いです。別称【フロント】とも。

【アウトバス(トリートメント)】=【洗い流さないトリートメント】要するに、お風呂上がりの濡れた髪を乾かす前につけるクリーム、オイルなどのトリートメントの事です。まとまりおさまりサラサラ感を上げてくれて、ドライヤーの熱や摩擦などから髪を守ってくれます。

【コーム】=【クシ】の事。

【リタッチ(カラー)】=【根元の伸びた部分のみに施すヘアカラー】の事で、毛先の色は気に入っているんだけど根元の黒いのが(もしくは白いのが)気になる!なんて場合にはそこだけ染めます。また、伸びてクセの出てきている部分のみに施すストレートの場合も同様に【リタッチ(ストレート)】と呼びます。


これらの意味を踏まえた上で、先程の美容師コメントを解読すると…


美容師「うーん、ちょっと【えりあし】が重いからー、【毛先】を【やわらかく見えるように】、【梳き鋏で毛量の調節を】しとくね!あと、【眉上で短めな前髪が】流行りなんだけどチャレンジしちゃう?でもちょっと浮いちゃうかもだから【洗い流さないトリートメント】つけて【クシ】で押さえ(ながら乾かす)といいかもね!あ、根元の【伸びてきて気になる黒髪部分のみのヘアカラー】もやっとこうかな?」


となる訳です。

お分かり頂けたでしょうか…
{FDFAEC11-A500-42DA-8EBC-E88576C1D1F4:01}

ちょっと言い方が回りくどいですね(笑)


ですがこの様に、少し表現の仕方を変えるだけで、より分かりやすくなったのではと思います。


これからも独りよがりにならず、

相手にきちんとに伝わる表現方法で、

お客様のなりたい!を叶えるため、

言葉のひとつひとつを大切にしていきたいと思います。



今後、わたしが調子にのって専門用語を使いまくり、

(´-`).。oO(何を言ってんだコイツ???)

状態だったら、すかさずツッコミ入れて下さいね(笑)








AD