カウンセリング

テーマ:
皆様、おはようございます。
副店長の鈴木です(^-^)/



先日かかってきた初めてのお客様からのお問い合わせ電話…


「あのー、かにさんくらぶを見たんですけど、広告にあるリラクシーウェーブというものに興味があって…」

「卒業式もあり、パーマをかけたいんです。」

(うんうん、そうですよね)←わたしの心の声

「以前からデジタルパーマを色々なお店でかけていて…」

(デジタルパーマをしている…傷んでいる可能性大だな…ふむふむ)

「あと、白髪も気になっていて染めても欲しいんです。」

(気になりますよね、わかります)

「でも、先日染めた美容院でのカラーと相性が悪かったのか、すぐに色抜けしてしまって、毛先が金髪みたいになっちゃって…」

(毛先が金髪…だと…)

「気にはなっていたんですけど、その後ちょうどお葬式があり、急ぎだったもので市販のカラーで染めたんですよね。」

(自分で染めちゃった…だと…)

「それが少し色落ちしてる感じの状態なんです。」

(これは完全にダメージ大だな…)

「そんな状態でもリラクシーウェーブとカラーってできますか?」


という内容でした。

お話を聞かせて頂いた結果、

わたしは、

「一度ご来店頂いて、髪のコンディションを見させてもらった上でご相談させて下さい。」

とお答えしました。

残念ながら、お客様の来店希望日時はすでに予約でいっぱいだったので、

またの機会に…となったのですが…





さてさて、ここで今回のタイトル。

『カウンセリング』
{D931598A-2389-4CC2-B219-54A9A5527EAF:01}



カウンセリングとは…

①施術をする前にお客様と髪型のイメージの共有をしたり、ヘアカラーの色を決めたりをする事。

②お客様の毛髪の状態をしっかりと把握して確認する事。

この2点が最重要ポイント。カウンセリングの目的です。

(もちろん雑談することもありますが笑)


①に関しては雑誌、ヘアカタログ、持参してもらった画像などを使って髪型を決定します。伸ばしたいのか、切りたいのか。どんなイメージになりたいのか。などお話させて頂きます。

で、イメージももちろんですが、わたしがよりカウンセリングで大事にしたいのは②なんです。

なりたいイメージは大切なのですが、やはり髪の状態によっては出来たり出来なかったり、なんて事もあります。

見て確認、触って確認もしますし、今までの髪の履歴(どのくらいの頻度でヘアカラーをするのか、ブリーチ、黒染めをしたことがあるのか、お家でヘアカラーをしているのか、パーマをかけているのか、ストレートパーマをかけたことがあるのか、お家でのスタイリングはどうやっているのか、シャンプートリートメントはどんなものを使っているのかetc…)をかなり細かく聞くこともあります。

初めての方は特に。

それを踏まえた上で、なりたいスタイルへの施術方法、薬剤の選定、トリートメントが必要かどうかを決定するのです。

なので、

結構詳しくしっかり聞かせてもらってます。しつこいくらいに。

桃太郎に通って頂いている皆様に関しては、その髪の状態をわたしは把握しているので、「あれ?前髪切った?」くらいしか聞きませんが(笑)



と、ここで確認。

皆様は自分がどのような履歴でヘアカラーやパーマをしているか覚えていますか?

何月にパーマをかけて、その1ヶ月後に明るく染めて、でもやっぱり髪色落ち着かせたくて…などなど。

今回お問い合わせ頂いたお客様のように、それを詳しく教えて頂けると、より精度の高い仕事が出来るのです。

希望のヘアスタイルに近付ける事が出来るのです。



なりたいヘアスタイル…

それを叶えるための、

皆様と美容師の共同作業。

それが『カウンセリング』



もっと髪の話をしましょう。

もっともっと自身の髪の状態を理解しましょう。

それがヘアスタイル作りの第一歩です。






AD

コメント(2)