パーマにまつわるエトセトラ

テーマ:
皆様、おはようございます。

副店長の鈴木です(^-^)/



先日アップしたエントリー、
にも書きましたが、

にわかにパーマをかけるお客様が増えてきています。

春に向けて気持ちが上向いているのが感じられますね^_^
{D83DFE36-09FF-485E-A5E8-FE1950779962:01}



そんな中、パーマについてよく頂く質問について書いてみようかと。


【質問】
パーマとヘアカラーって同じ日にやってもいいの?

【回答】
一般的には、同じ日に両方をやるのはダメ。という認識があると思います。

ですが、そう聞かれた際には

『特に問題はありません』とお答えする場合が多いです。

(もちろん毛髪コンディションによっては難しい場合もあります)

(カラー同時施術の場合、コスメ系パーマ剤を使用します)




「パーマカラー同時だと髪へのダメージが気になって…」

「少し間を空けて別の日にした方が髪痛まないのかな?」


なんて事をよく聞きますが、

同じ日にかけて染めても、日にちを空けてかけて染めても、ダメージにはさほど違いはないように思います。(経験則)

どちらもやはり髪への負担のかかる作業(極力痛みを抑える努力はしています)ですから、大なり小なりのダメージは出ると思います。

痛みに関しては、【その後のお家ケア】が大事なんですよね。

特にシャンプー、トリートメント&乾かす前のオイルトリートメントなどなど…

おっと話が逸れそうなので、ケアについてはまたの機会に。



で、パーマ、ヘアカラーを同じ日にやる事についてのメリットは…

『1日ですべて終わらせる事が出来る』

ですね。単純にこれに尽きると思います。

現代人は皆一様に忙しいですから、1日(おそらくパーマカラー所要時間は2.5~3時間)で終わらせられる事が一番ですよね。

時間の有効活用は大事です。



続いてパーマ、カラーを同じ日にやる事についてのデメリット。

それは、

『パーマ、カラー両方の仕上がりが100%求めていたものになりにくい(場合がある)』

ことだと思います。


【パーマかけてからカラーをする場合】

ちょうどいい感じで仕上がっているパーマがヘアカラーをする事によりダレる(ゆるくなる)可能性が高い。

(少しゆるくなってもいいように、予定より少し強めにパーマをかけたりもします。)


【カラーをしてからパーマをかける場合】

ちょうどいい感じで染まっているヘアカラーの色味がパーマをかける事により色抜けする(場合によってはくすむ)可能性が高い。

(少し色抜けしてもいいように、思っているより少し濃いめにヘアカラーを調合したりします。)


どちらにしても対策は打てるのですが、思っている仕上がりにズドン!とハマりにくい感があります。(経験則)

やはり仕上がりにはこだわりたい。

なので、基本的にオススメするのは

『パーマをかけてから、数日後にヘアカラーをする』

になるのです。

髪へのダメージが…というよりは、その仕上がり感を重視した結論とも言えるでしょう。

これだとどちらのクオリティも落とさず狙ったカール感と色味が出せると思います。



【結論】

別日で予定を立てられる方は別々に。

やはり時間が取れないので同時にパーマカラーを希望される方は同日に。



と長くなりましたが、こんな事を考えながら仕事をしています。

パーマ、カラーのご予定のある方はご参考までに(^-^)/


AD