Parisへのあこがれが現実に

テーマ:

 

Paris。

 

実は初めて訪れる場所。

 

パリに憧れるころには私にはすでに娘が居て、

 

言葉の不自由さと遠さがネックで娘が大人になったら一緒に行こうと

 

ずっとお預けにしていた場所。

 

なので、パリのガイド本などはたくさん持っていて、

 

妄想tripは何度もしています。

 

そして、かねてから路面店を持つことができた時には、

 

絶対パリ風に!!と思っていました。

 

なかなか時間がかかりましたが、

 

1ルームから始めたサロンが、

 

麻布十番2丁目と3丁目とをぐるぐる移転すること4店舗目にしてようやく路面店へ。

 

3年前のことですが、路面の物件を借りることができるようになり、

 

Pintarestの画像を拾って、Richeのサロンは内装も外装デザインしてもらいました。

 

家具もフランスから取り寄せたものが多いです。

 

だから、サロンを見るお客様は、私がすごくParisに詳しいと思われているのですが、

 

実は全くの初心者。

 

そんな中で、今回は思ってもみないチャンスに恵まれました。

 

なんと、いつも愛用させていただいているクラランスさんからのご招待で、

 

パリのクラランスのプレスツアーに行かせていただけることに。

 

クラランスのプレスツアーは、

 

それはもうかなりの情報量と、貴重な体験ばかり。

 

それは追ってまた書きますが、本当に素晴らしい体験をさせていただきました。

 

 

ご一緒させていただけたメンバーが本当に素晴らしい方達ばかりで、

 

勉強になることばかり。

 

VOCE編集長 石井さん、ELLE編集部 村田さん、美的編集長 町田さん、MAQUIA編集部 伊藤さん、GINGER編集部今井田さん、

 

美容家深澤亜希さんと岡本静香さん、

 

そしてお写真には写っていらっしゃいませんが百貨店のバイヤーの方々。

 

クラランスPR三宅さんとマーケティングディレクター清水さんのお人柄で、

 

快適に、心地よく、楽しく、笑顔が絶えないツアーとなりました。

 

 

 

 

 

「願い続けてじっくり堅実に日々をこなすと願いは叶う。

 

がむしゃらに追い求めると叶わない。」

 

これは私のモットーです。

 

どんな時も何をするでも。

 

がむしゃらだと、早くに手にいれられることもあるのでしょうが、

 

失うものも、見失うものもある。

 

がむしゃらだと、手に入れたことがゴールになり、そこに自分が見合っていなければ、

 

そのことをさらに生かしたり、広げたりできない。

 

だから、叶わなければ、まだ分不相応なんだと思い、静かに待ち続ける。

 

タイミングがきたら、きっと叶う。

 

もちろんその間にやるべきことはやってそして願い続けることが大事。

 

 

今回のParisもきっとそんなタイミングなんだなと思いました。

 

なので、サロンを開けることと、家族を置いていくことに後ろめたさがありましたが、

 

このチャンスをしっかり生かそうと、

 

見るもの、知ること、すべてを吸収してきました。

 

写真も1000枚以上撮ってきたため、膨大な記事になりそうですが、

 

ここからParisの記事を綴っていきますので、お付き合いくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD