ママン日記

息子との毎日を綴ります。
子供のファッションや雑貨、食物アレルギーの事も書いていきます♪


テーマ:

「もう いきみ我慢しなくていいから 陣痛がきたら頑張っていきんでねー」と言われ やっといきみ逃しから開放されたという嬉しさと もうすぐ赤ちゃんに会えるという嬉しさから 気合入りまくりでいきむ!がイマイチいきみ方がイマイチよくわからない。

「上手くいきめないです」というと

「う○こするときの要領だよー」

「ああ う○こですね、わかりまっした」とアドバイス通りいきむ!!

「はい頑張ってー上手だよー!」と助産師さん。そのうちに赤ちゃんが少し出てきては引っ込んでいく感じが良く分かったので「赤ちゃん 引っ込んだ?」と聞くと

「うん そうだよー。そうやって降りてくるの。そのうち頭が引っ込まなくなって そしてうまれるよ。」と言われ 早く会いたい一心で頑張る。

相変わらず陣痛は3分間隔のままだったので 不思議と波の合間に助産師さん達と話して笑う余裕があった。


すると先生が入ってきて

「どんな感じ?排臨は?この感じだと生まれるのは6時半過ぎるね、また呼んで」と言い残し 去っていく。

あーきっとマダマダ生まれないんだ(´・ω・`) と思う。そして なぜか夫が部屋に入ってきた。

「やっぱり立ち会います。」といって うちわで扇いでくれたり「頑張れ!」と励ましてくれている。

一人で産みたかった私は「なんでいるのー?」という感じでしたが分娩に集中する(笑)

そうして何回かいきんでいると助産師さんの「あーもう出てきちゃたの!!いきむのやめて良いよ。院長呼んでー」と言う声と共に、足の間から小さな手が見えて

 

ガラガラガラー!!オギャー オギャー♪


午後5時50分 元気よく ガラガラとうがい(笑)をしながら赤ちゃんが誕生

赤ちゃんがお腹に乗り その重みに感動!ずーっと会いたかったのよーと 泣いている我が子の頭を撫でて夫と喜びに浸っていました。

このときの感動は素晴しいものでしたよ!今までの痛みなんて一気にぶっ飛びました☆

陣痛を耐えている時は 二度と子供なんて生みたくない と思っていたのに、赤ちゃんと対面したとたんにまた産みたい!と思いました。

先生が去ってからすぐに生まれてしまい、会陰切開も間に合わず 肛門までパックリ裂けたのですが、裂けた痛みは分かりませんでした。

それからしばらくして 「なにーもう生まれちゃったの!!」と院長が登場

私の裂けたオシモを見て 「あれれ、こりゃひどいなー」と・・・。

麻酔をして縫合してもらったのですが、何度もため息をつく院長(゚Д゚ )

「ライスさん、結構ひどいからしばらく痛むかもしれません」と言われました。

裂けたのは、先生が帰っちゃうからジャン!!(゚∈゚*) でも無事に生まれたからいいや♪


分娩所要時間14時間50分。陣痛は14時間、分娩が50分でした。


確かに陣痛は痛くて辛かったけど、乗り越えられるものです。

私は出産前 お産を楽しみたいと思っていましたが、今から思うと楽しむ余裕はなかったけど 陣痛が最後まで3分間隔から縮まらなかった事もあって、パニックにならず落ち着いてお産が出来ました。

LDRの外で待っていた夫と母は 私のうめき声が聞こえるかと思いきや笑い声が聞こえてきたので驚いたとか・・。だから立ち会うのを嫌がっていた夫が 立ち会う気になったのかな?

うめきたくても どううめいたら良いのか分からず、痛いと言うと痛みが増す気がして最後まで声を出さなかったです。


楽しむ事は出来なかったけど、良いお産は出来ました♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

♪私の出産について♪


日付が11日にかわった午前0時頃 お腹の異様な圧迫感で目が覚める。便意かと思いトイレに行くが何も出なかったが ゼリー状の茶色いオリモノが出ていた。

「この圧迫間は もしかして陣痛?」と思い時間を計るが、15分だったり8分だったり不規則だったので少し寝ようと横になるが 気になって寝れない。ベビー服のカタログなどを見て眠たくなるまで時間をつぶすが圧迫感は益々強くなる。


午前3時頃 頻繁にお腹が張るようになったので時間を計ってみると5分間隔で張っている事が分かる。

でも母に「5分間隔のときは痛くて死にそうだった」と聞いていたので マダマダだと思いとりあえず6時まで様子をみてみる事にした。


午前6時 張りの間隔は相変わらず5分。コレは陣痛だと確信して病院へ電話をする。

「入院の準備をしてすぐに来てください」

と言われ、母に病院まで送ってもらう。車の中で母は「5分間隔でもライスは余裕なのね。」と何度も言っていた。確かにこの時は 痛みよりも圧迫感が強かったので余裕だった。


病院に到着して すぐ尿検査、内診をする。

子宮口は3センチ開いていてかなり柔らかく薄くなってきているという事で入院となりました。和室と洋室が選べたので、部屋を見学して洋室に決め病院のパジャマに着替え部屋で待機。


午前8時 朝食が運ばれてくる。まだ陣痛が我慢できる程度だったので全部食べれました。

部屋でNSTをすると陣痛は5分~3分間隔、子宮口は5センチになっていました。

お産を早く進めたかったので 陣痛の間にTVを見ながらスクワットをして過ごす。陣痛が来たら母に腰をさすってもらう。


午前10時 う○ちがしたい感じがしてきて、助産師さんに「う○ちな感じが消えない」と伝える。すぐに内診をしてもらうが子宮口は5センチのまま。

先生も部屋にやってきて「生まれるのは早くて昼過ぎだねー」なんて言われる。


午前11時 ウ○チがしたい感じはマスマス強くなる。腰の痛みは増してくるしお股に何か挟まった感じもするので内診とNSTをしてもらう。

子宮口は6センチ。陣痛は3分間隔。LDRに移動する事に。

内診をする度に陣痛は強くなる。


午後12時 LDRで昼食が運ばれてくるが腰が痛くて痛くて食べられないくらいにまで陣痛は強くなってきた。先生に「パパが来るのは何時?パパをを待っている子が多いよからまだ生まれないね」といわれる。

夫が到着するのは3時頃。あと3時間もこの痛みに耐えるかと思うと嫌になり

「パパ待ってなくて良いから早く出ておいでーママ 早く会いたいよー」とひたすらお腹に話しかける。

母に腰をさすってもらいながら 鼻から息を吸って口から細く長く息を吐くことに集中( ;´Д`)

このとき子宮口は7センチ。スクワットをする余裕はなくなってきたので、あぐらをかいて過ごす。


午後2時 陣痛の波が来るだびにいきみたくなる。腰が砕けそうに痛いが母や助産師さんと話す余裕はあったので 痛いことをあまり分かってもらえない。「いきみたくなる、う○ち出そうになる」と伝えると 内診とNSTをする。子宮口は8センチ 陣痛は3分間隔のまま縮まらない。

「分娩の頃には 陣痛の間隔はもっと短くなるからマダマダ、院内を歩いてみない?歩くと赤ちゃん下がるし 開きも早くなるかも」といわれ 歩く事にする。痛くて5歩 歩いては助産師さんに腰をさすってもらい陣痛を乗り切り泣きそうになるのをグッと堪えてゆっくりゆっくり院内を2周する。

散歩後に内診、しかし子宮口は変わらず凹む。


午後3時半 夫到着!母には朝からずーっと腰をさすってもらっているので夫と交代してもらい母には個室で休んでもらう事に。この頃には いきみが強くなり 陣痛が来ると凄く力が入るし、体が震える。でも赤ちゃんに酸素を送るために 呼吸法で乗り切る。陣痛の合間に夫や助産師さんと雑談して次にくる陣痛を考えないように 会話に集中して気分を紛らわせる。


午後四時 本当に痛い!内診をしてもらうと子宮口は9センチ、ゆっくりしか開かない私の子宮口ですが、残り1センチ。頑張れ自分 頑張れ赤ちゃん と心の中で何度も言いながら陣痛に耐える。


午後4時51分 子宮口がやっと全開になる。夫と母は退室。

LDRのベッドが分娩台に変わる。「次陣痛がきたら 破水させるから思いっきりいきんでね!」と言われ、陣痛の波に乗っていきむ!このときパーンと風船の割れるような音がして、助産師さんの衣服に羊水が飛んでいた。


分娩~誕生へ つづく

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。