フードライターrieの食日記

スイーツ&日本酒&ご当地グルメ大好きフードライターが行く食べ歩き&お仕事話。
現在は3歳児&0歳児を抱え、子育てとライター業の両立に奮闘中。

オットは料理専門誌、グルメ情報誌、セラピー専門誌を経て、再び情報誌畑へ。
夫婦揃って「食」がライフワークです。


テーマ:
渋谷駅から桜ヶ丘方面への坂道の途中にある、目立つ看板の「ハノイのホイさん」。
日本ではまだ珍しい、フォーの専門店です。


昼は、選べるフォーランチが人気だそうですが、そのカスタムの幅がすごい!


面倒くさがりの男性は、諦めたくなるメニュー表ですが…大概の女子は好きですよね、こういうの。


サイドは、3品から選べます。
生春巻、揚げ春巻、ミニ丼。
このミニ丼も、ほぼ日替わりというからすごい。


フォーの種類も常時8品ほどあり、ベトナムでオーソドックスな牛や鶏のフォーだけでなく、担々フォーや豆乳フォーなど、日本ならではのオリジナルフォーが人気。


焼きフォーもあります。こちらはパッタイに近いかな。

さらにトッピングや卓上調味料で、オリジナルの味が楽しめます。
会社の近くにあったら、頻繁に来ても飽きなくてよさそう。

渋谷駅の人の流れとは反対側なので、落ち着いて食べたいときにも便利です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
コンビニのバレンタインも、年々オリジナル商品を導入して強化している様子。


今年、気になったのはこのテオブロマ土屋シェフ監修ショコラ(ファミマ)と、


ラベットラ落合シェフ監修(ミニストップ)の2品。
最近は、ちゃんと手提げも付けてくれるのです。


見た目は結構高級店のボンボンに近いですが…まずは、箱がショボイ。
人にあげるには…ちょっとないかなぁ。


全体的にチョコの質はお値段それなり(これで700円くらいかな)ですが、味のバリエーションは専門店ぽくて楽しめました。


落合シェフ監修は、コース風に楽しめるのが面白い。
3粒400円台~と、リーズナブルな価格も買いやすくていいですね。

ただ、ひとつ苦言をもうしますと…2月初旬に買いに行ったにもかかわらず、すでに売り切れのお店も少なくなかったこと。

「在庫は、もう出ているだけです」というお店もあって、それでは肝心のバレンタイン当日には買えないことになってしまう。

コンビニのバレンタインも、まだまだ課題が多いなぁと感じたのでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東大のお膝元で文化的な香りの漂う本郷三丁目に、昨年、素敵なカフェがオープン。

店名は、ファロ コーヒー&ケータリング。


朝から店頭に立つフレンドリーなお兄さんが、このお店のバリスタさん。


売っているのはコーヒーではなく、チャイ。
オーストラリアのカフェには大抵おいているという、人気のプラナチャイ。
茶葉にスパイスなどを漬け込んであり、見た目はひじきのようなのですが、その分香りがとても濃厚で美味しいのです。


お店は、階段を上った先に…


個人的に、こういう空間がとても好きで。
写真でうまく伝えられないのですが、物凄いセンスのよさにうっとりするほど。

オーナーさんがデザイン関係のお仕事をされていたようで、後々納得するのですが、空間だけでなくお料理やドリンクもアート的な要素をまとっています。


逆ふり。
どこを撮っても絵になる空間。


コーヒーは、三茶のオブスキュラの豆を使用しているそう。
やや深めの焙煎は、ミルクと合わせるとエ抜群にその真価を発揮しますね。


店頭で販売されていたプラナチャイも、店内だとこんなにお洒落に楽しめます。


カフェでオープンサンドを頼んでこれが出てきたら、ビックリするのではないでしょうか。
フォトジェニック!


チーズケーキも断面の表情がユニーク。

美的センスゼロの私のような人間とは、世界を捉える感覚が違うのだろうなぁ、と別世界に感じるほどの素敵なお店。

子連れではちょっと来店を控えたい、大人のカフェです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今年のバレンタインは、久しぶりの平日だそうで、売上アップを期待する関係者が多かったそう。

我が家は、平日は保育園なので、週末に前倒しで娘と作りました。
今年はトリュフ!
こねこね、ぺろぺろ、泥団子よりもひどい状況になりましたが…なんとか完成。


一歳の息子には、ココアクッキー。
何度かやっているだけあって、型抜きはだいぶ上手になりました。



今年は初めて、マンションのお友達にもプレゼント。
早く渡しにいこーよー、といっていたくせに、いざ渡そうとするとモジモジしている姿にも、成長を感じました。

来年は、息子も一緒に作れるかなぁ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨今増えている、女性店主の焼き菓子専門店。
神奈川県内にも、年々増えているように感じます。


戸塚にある「ヒュピヒュピ」は、米粉スイーツの専門店。
現在は店主のお子さんが小さいため、卸や注文販売をメインに、店頭での販売は毎週土曜だけ、という営業形態ですが、いずれは営業日も増えそうな予感。


看板商品の米粉シフォンを始め、マフィンやブラウニー、クッキーなど、すべての商品がグルテンフリー。
新潟産米粉を100%使用した生地は、ふわふわ、もっちり。やさしい味が楽しめます。

菓子作りが趣味の人なら、一度は憧れる自分のお店。
現代では、ずいぶんハードルが低くなったと思います。

一度きりの人生、子育ても仕事も楽しみたい!という女性が(私もそうですが)、昔に比べて増えているのは事実。

女性が不安なくイキイキ働ける日本になるといいなぁと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。