作曲依頼・動画BGM制作のリズムラボ

歌モノ・動画BGMの作曲・アレンジ・ディレクションをご希望の段階(メロ・コード・アレンジ・レコーディング・MIX・TD)まで制作しています。


テーマ:

毎年のように、

春になる頃には『桜』をテーマとした曲が生まれたり、歌われたりする。

 

今は大人になれたっぽいので、ちゃんと春を、桜を楽しめるけれど、

桜、その中でも”ソメイヨシノ”に関する悲しい情報を見つけてから、

桜の木の下でわいわいするということに嫌悪感を抱くようになった時期がありました。

 

 

本当のところはどうなのか、詳しく調べたわけではないですが

その時は、その情報に納得してしまったわけです。

 

ソメイヨシノという桜が、戦争で散りゆく命を美化するために利用されたという話。

 

かなりのざっくりですが、

ワッと咲いてワッと散る、その散り際の潔さだとか、

そういうのが日本男児ってもんなんだぜ?という無理矢理なイメージを

国家的に宣揚したという説。

 

神社や公園などにソメイヨシノが植林されたのも、

ある時期に集中しているとかしてないとか。

 

いかんせん、なぜこんなにソメイヨシノばかりが多いのかは、不思議ですよね。

八重桜がもっとあってもいいのに、とか。

 

そういうわけで、

 

その本来の美しさとは裏腹に、

国民の思想操作の道具として使われてしまったソメイヨシノの下で

わいわいするなんて、なんかおかしくないか?

 

そういう20代でした。

 

ただ、ある時、

そこに対して怒りや憤りを持っていても、

特に何も変わる事はないこと、

自分のこれからの生き方にはあまり関係がないことを認める事ができました。

 

ただただ、なにかに反発したかった、

まるで10代の頃と同じことをしたかっただけだったと、

そう思った時に、

 

やっぱり花を見るっていいよな、

と生まれて初めて思う事ができました。

 

それからは、

自宅に花を飾る意味や、

花がもたらす豊かさに気づく事ができました。

 

ソメイヨシノを可哀想な人にしてしまってごめんなさい。

と今は思います。

 

周りからどう利用されようとも、

そんなこと気にせずに生きる事を貫いているわけですものね。

 

 

ちなみに、桜の曲はまだありません。

ご要望ありましたらご一報ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

音楽業界は、たいてい急にタマが飛んできます。

 

今回も突然のラジオ出演でございます。

しかも、初めて作曲家の肩書きも足して出演です。

 

 

来週4/12(水)

かつしかFM(79.8MHz)で、22:00から

藤谷桃の桃の缶詰”

 

という番組の中で、

昨年スマホゲーム制作で大変お世話になった

南国ソフトの秦さんと二人で出演します。

 

ちなみに、パーソナリティの藤谷桃ちゃんは、

だいぶ前にサポートしていたシンガーソングライター。

桃ちゃんが所属しているキャロットハウスのみなさんとは

もう10数年のおつきあいになります。

 

なかなか楽しい話が聞けそうです。

 

また、今回は昨年末に発売となった”ぼくたちのプロマネ”のサウンドトラックから、

OP曲とED曲を流していただける事になっています。

 

放送が終わった後でもサイマルラジオでも聞けるようです。

 

詳しくはこちらから。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【2】よりつづく。

 

このシリーズ【1】【2】のアクセス数が見たことない数字になっていてびっくり。

 

たくさんの方に見ていただけたようで嬉しいです。

 

とりあえず、間が空いてしまいましたが、

まとめというか、

結局は、バランスじゃないですか?という話です。

 

 

先の記事までは、

まるで男性は何もわかってない生き物であるという印象に

なってしまったかもしれないけれど、

僕は別にフェミニスト的な部分はないし、

むしろ典型的な反応で

「今そんなこといわれてもさぁ、、、」

と感じていた一人。

 

じゃあ、もっと理解度があるパートナーだったら?

 

男性側がものすごく理解度があって、

嫁の願いをきちんと叶えてくれるような場合であっても、

すれ違いなどのトラブルは起こりうる。

 

 

そもそもの夫婦関係のパワーバランスが崩れていると

普段は愚痴で終わってしまうことも、

妊娠中という特別な時には、その後の夫婦関係を左右するような

致命的なトラブルに結びつくことがある。

 

では危険な夫婦バランスってどういう状態なのか?

 

例えばこういう系統の会話が思い当たる状態。

 

 

♀「どうして◯◯してくれなかったの?」

♀「言わなくったってわかってよ」

♂「仕方ないじゃん」

♂「無理なものは無理」

♂♀「…(無言、または無視)」

 

こういう一方通行というか、言い放つだけのやつ。

 

 

女性→男性では、

期待通りのことを旦那がしてくれなかった時のワードが破壊力が大きい気がする。

特に、言わなくてもわかってほしいというのはおかしい。

言わなくてもわかるほど、話した?

 

言わなくてもわかると思っているとしたら、

裏を返せば、旦那は他人ではなく自分の分身だと勘違いをしているということだ。

 

また、言わなくてもいいと思っているのは、

「伝える」というコミュニケーションを普段からしてないことの表れでもある。

 

男女関係にとどまらず、言わないとわからないことの方が多い。

 

 

男性→女性では、

そもそも言われてないことに対して文句を言われてしまうと、

その場では聞く耳を持たなくなってしまうことが多い(僕はそうだった)。

 

それは産後、何年かしてから、”家庭内パパ孤立”の一因にもなりうる。

 

また言われたことに対して無言だったり、無視したり、避けたりすることが多くなると、嫁はどんどん「この人には言ってもわからない」という先入観で固められることになるので、精神的な上下関係で言えば嫁から下に見られるようになっていってしまう。

 

この上下感、社会的に地位があるとか仕事で稼いでいるから、では絶対に払拭できないもので、むしろそれがなくなってしまったら自分に価値を感じてもらえなくなってしまう危険性もはらんでいる。

 

もし、「この人は言ってもわからない」と思われている(思っている)としたら、

その関係は間違いなく根腐れを起こしている。

 

 

 

でも、こういうリスクは、少しの歩み寄りで回避できるはず。

 

「思っていることは逐一、できるだけ丁寧に伝える」

「理由がわからなくても、”今そういう状態なんだ”ということを理解する」

「今、お互いがどうすればいいのかを話し合う」

「嫁のことが大好きだということ、感謝の思いをしこたま伝える(嘘はだめ)」

 

もし言い合いの喧嘩になったとしても、

伝えずに、聞かずに時がすぎることの方がよほど恐ろしい。

 

僕はキレっ早いので、すぐに「むううう、、、」となってしまうが、

とりあえずムッとしておいて、一人になって落ち着いてから、

また話をしにいくようにしている。

 

基本的には「そんなこと言ったってわかんねぇよ」と思ってしまうので、

まずは聞くモードにして、聞き流すことにした。

 

それと、何か(文句や要求を)言われた時にどうしたらいいのかわからないので、

どうすればいいのかを聞くようにした。

(ここで、言わなくてもわかってよと言われても、大人の対応がよし。)

 

でもね、すぐにはうまくできないんだよ、人だもの。

 

だから何度も何度も反省して、

何度も話し合って、その繰り返しでなんとか良きバランスになっていくもの。

 

パートナーとのバランスというのは、

日々の積み重ねでできてるので、

常に相手のことを諦めない、そのことが最も大切。

 

なので、結局はどっちが悪いとかではないってこと。

 

 

 

諦めないで、伝える。

 

 

それができているご夫婦やカップルは

妊娠や出産に関してつまらないトラブルにはなってない。

もしくは、妊娠出産を通してさらに日常が豊かになっているようにみえる。

 

さあ、これを読んでいる方はどうでしょう?

 

 

 

 

というわけで、このシリーズはおしまいです。

突然飛んだ内容におつきあいいただいてありがとうございました(汗)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。