映画とウサギと音楽のおいしい関係

ひとりで観たい映画もある。 
でも 誰かと一緒に観たい映画もある。
相棒ウサギとrhasaのおいしい毎日がいっぱい♪


テーマ:
1冊目が出た頃から 楽しんで読んでいるこの本

日本語学校の凪子センセと 通っている学生たちの
マジメだからこそ 笑えるエピソードがテンコ盛りなのだ
…英語圏でもあるのかなぁ~?
『日本人の知らないおかしな英語』
なんて本(笑)
それは…イタすぎて 笑えない…あせる

さて
第2弾を待ちきれず電車の中で読んで
笑いを堪えるのに 危うく窒息しかけたrhasaだけど

そんなとき ツ○ッ○ーでこんなエピソードがつぶやかれてたのだ

「外国人に
 『あなたの日本語ヘンですね』
って言われた…汗

きちんとした日本語をちょっとずつ勉強している人たちからしたら
rhasaたちの惰性で使われている日本語は たしかに不可思議だろうなぁ~
と思う

けど なかなかどうして…
『きちんとした日本語』は 日本人にだって
難しいのだ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日から 映画「天使と悪魔」が公開

もちろん rhasaも観に行く予定

けど 初めてこの人(ダン・ブラウン氏)の作品を読んだ時の

びっくり

は 今も忘れられないのだ
読み終わると同時に数日は図書館通い(笑)
仕舞いには rhasaパバの書斎で画集や写真集をめくる日々

映画の前に 再読中のrhasa
書斎が無くなったから 図書館通いが長引きそうなのだ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

nodame

春、軽度の脳梗塞で入院したrhasaパパ
検査を重ねた結果 その原因は…

   右頚動脈狭窄 

らしいことがわかった
簡単に言ってしまえば…
 
 右側の頚動脈が約9割詰まってた

…のだ(^^;

そりゃ~ 弊害出てもおかしくないのだ…

そんなこんなで 今回は 
その頚動脈に

 ステント

っていう名前のパイプを入れる手術だったのだ

やっと落ち着いてきて
ベッドの上でヒマを持て余したrhasaパパが
今 毎日愛読してるのが コレ

  のだめカンタビーレ

なのだ♪

 画家になっていなければ 指揮者になりたかった…

そんなrhasaパパには 
かなりツボな話だったらしい(笑)
まぁ rhasaパパの行ってた大学は
絵も音楽も同じ敷地だったし…
自分自身の学生時代も思い出しちゃってるのかもしれないのだ

ともあれ この本のおかげで
毎日看護士さんたちとの話も 盛り上がってるみたいなのだ♪

rhasaパパが指揮者になってたら…
(あんな2枚目ぢゃないけど…)
rhasaは 今こうしてブログを打つ以前に
きっと存在してなかったんだろうなぁ~(^^;
夢で終わってて よかったってコトにしておこう(笑) 
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

最新刊が 出たのだ♪

rhasaとTが ここ最近はまってるマンガの1つ

  DEATH NOTE

死神が持っている『DEATH NOTE』
コレに名前を書かれた人は 死んでしまう…
2冊のDEATH NOTEと 取り巻く人たち

ますます話が入りくんできていて
なかなか楽しい♪

思いっきりフィクションだから 楽しいのだ♪
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

言いまつがい

いまさらながら… 文庫化されたのを機に読んだのだ
糸井重里氏監修の 言いまつがい
なんでもこの本 昨年単行本で発売されていた…らしい(^^;
知らなかった(^^;…

監修者である 糸井重里氏のHP「ほぼ日刊イトイ新聞
に届いた「言いまつがい」ネタを
厳選&大編集したのが この本なのだ
言いまつがいって?
rhasaも書店で そう思ったのだ(^^;

 言い間違いや やり間違い 勘違い

のコトだそうだ
間違いではなく まつがい

たとえば…

 きのう わたしのだんなが
 「あいつは 部長の二の腕だからな」と言ってました


とか
 彼氏は 携帯が繋がらなかったときに
 ごめん エンガイだったよと…



 入院案内をされてる時 看護士さんが
 看護士は サンキンコウタイで勤務してますので
 と言われた… 三交代ですよね?


とか…
そんなエピソードが なんと700!!!

あまりに爆笑し続ける rhasaに
Tどころか アンリまで怪訝そうだったのだ(^^ゞ

きっと イライラしてる時とか哀しい時に読むと
ちょっとハッピーになれるのだo(^-^)o
でも…… 笑いのストライクゾーンが広い人は
家以外では 読まない方がいいのだ(^^;
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
rhasaの大好きな絵本だ
絵本なのに 新潮文庫から出ている(^^;


 まずはなをくっつけ それからお尻の匂いを嗅ぐ―
 これが正式な犬のあいさつ
 だれに対しても礼儀正しくね
 犬はなかなか家族を選べないけど
 選ばれたらそれを誇りに思って 家族を愛そう
 呼ばれたら顔を向けるきくばりも忘れないで
 いちど犬になってみたいと思っている人や
 もう犬になっちゃった人のために
 ポチが教えてくれる
 ちゃんとした犬になるための絵本教科書

って書いてあるけど
コレを読むと 
「ペット」って呼ばれて
家族の一員になってる動物みんなに
共通してる部分って多いんだなぁ~
って思うのだ

例えば ウチのチビらーズ♪
彼らは rhasaが帰るとケージにしがみついて
歓待してくれるo(^o^)o
お皿にゴハンがいっぱい残ってても だ♪

普段も 名前を呼ぶと振り返ってくれるo(^o^)o
… いや…これが「きくばり」だったとは…
それは知らなかったけど(^^;

そして ウチのアンリは
ポチが「なかなかむずかしい」と書いてたコトを
さらっとやっちゃってるのだ…

そう
rhasaが アンリを選んだんぢゃない…(^^;
アンリに rhasaが選んで貰ったのだ………

3羽生まれた子ウサギから 
1羽貰えることになって
rhasaは その人の家に遊びに行った
すると 玄関に出迎えてくれたのは
チワワと グレーの子パンダウサギだったのだ
右足にまとわりつくチワワくん
そして 左足にまとわりついて離れなかったのが
アンリだった

 今まで人見知りで 
 誰かが来ると ケージの奥から出てこなかったのに…
 私だってまともに触らせて貰えないんだから(笑)

と 彼女は笑った
rhasaは 他の2羽に触れることさえ出来ずに
アンリと一緒に住むことを決めたのだ♪

話が逸れた(^^;
この本を読むと 犬になるのも「なかなかむずかしい」
と思うのだ

それならrhasaは やっぱりネコになりたいと思うのだ

日だまりで お昼寝♪
こたつで お昼寝♪
お布団でも お昼寝♪

ちょっとうらやましいのだ♪
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
「元気になれる100の言葉」とか
そういったシリーズの別バージョン…らしい(^^;
rhasaは あんまりこの手の本を読まないので
詳しいことは知らないのだ…

そんな無縁だった本を 束でもらった…
「LOVE VERSION」を含む5冊♪
…というのも ここ1週間ちょっと
rhasaったら 柄にもなくブルーだったのだ(^^;

んで 見かねた(らしい…)友だちが

 気休めくらいには なるかもよぉ~?

ってくれたのだ♪
本より その心遣いのほうが嬉しい♪

そんなこんなでページを繰っていくと…

出てくる! 出てくるっ!

 あのドラマ あの曲 あの本!!!

不思議なモノで たった1行のフレーズでも
画面や メロディーが自動再生される…
しかも!!
rhasaの好みにかかわらず 知ってるモノは全部!!
すごいね~
しみこんぢゃってるんだね~

そんなコトに感心してたら
いつのまにか いつものrhasa(笑)

これを期に 読み返したくなった本とか
聴きたくなった曲もあって
なかなか楽しんぢゃったのだo(^-^)o

……あれ?
読み方 間違ってる?
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:




洋画を劇場に観に行く度に 思う



 もっと字幕を気にしないで

 観られたらいいのにっ!!




そして そう思ってるときに通りかかって

衝動買いしたのが この本



 『映画の英語がわかる本』



独学で英語を取得した著者による

独学で



 話せて

 聴けて

 書ける



英語を身につける 『成功の黄金律』が書かれた本



これまで rhasaは

初めて聴く歌の歌詞のように

映画の英語を聞いていたのだ



つまり

聞き取れるトコと 聞き取れないトコがあって

それも 聞き取れないトコの方が多かったりして…

下手したら 名前とか単語しか聞こえなかったり(^^;

んでもって

字幕を使って つじつまを合わせちゃったり…



ぬぁ~んてコトをしてたのだ(笑)



著者の言葉を借りるなら



  基本となるのは、「英語で考える頭」作り

つまり 英語を使うときに決して日本語に訳さず

「音」←→「イメージ」に理解しようというもの

実はこの方法、日本語に訳しながら英語を理解するよりも

はるかにストレス知らずで 頭への定着度も高い

本書では「英語で考える頭」を作る13のトレーニングを紹介

1年後には あなたも「字幕いらず」に!



だそうなのだ!

今から始めたら 来年のお正月映画は

字幕を気にしないで観れちゃうかも?



試してみる価値は アリだとrhasaは思うのだo(^-^)o
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
メディアファクトリーから出版されている
小泉吉宏氏の 4コマエッセイ

rhasaがシリーズの全てを
枕元に置いてるほど 愛読してる本の第1巻だ

多分 ちびギャラとかが好きな人だったら
ツボにはまるんぢゃないかなぁ~(^^ゞ

主人公は ブッタくん
素朴な疑問を抱く いろんなイミで純粋なブタくんだ

特別なことは なぁ~んにも書いてない
どれも 

 そうだね~

な エピソードだ
でも だからこそドキッとさせられるのだ

なんで?
どうして?

そういう気持ちが沸いた時には
めくってみて欲しいのだo(^-^)o

そうそう
恋に関しての

なんで?
どうして?

の気持ちの時は

 愛のシッタカブッタ

をめくってみて欲しいのだo(^-^)o

rhasaは この本をめくると

 そ~だよね~~~~~

と サワサワしてたものがスーッとしていくのだ♪
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
いきなりなんなんだ?

そう思われたかもしれないけど
藤臣柊子女史の 本のタイトルだ
光文社から出ている

rhasaは 偶然昨日書店で出会い
帯に惹かれて(笑) 買ったのだ

 「ゆるめる事も大事だよ」

ホント そうだと思う
rhasaみたく ゆるみっぱなしもどうかと思うけど(^^;

この本は 

 うつ病
 不安神経症
 過食
 拒食
 依存症

といった ふとしたことから心の病いにかかった
「普通の人々」のことを描いている
rhasaも 自律神経失調症になったことがある
その時は 軽いパニック症に似た症状も体験したし
そうぢゃなかったとしても 
いつ自分がそういう症状に悩むか わからない…

新書とかだったら 構えちゃったと思うけど
彼女の本は コミックエッセイだ
ページも進めやすい♪

ちなみに この本
本編に入る前に
いきなり作者が カミングアウトしている

 私も そうだ


でも その一言があったからこそ
読み進められた気がする

もし 

 私の心はめちゃめちゃ元気なんだけど
 こ~んな風に病んでる人もいるのよぉ~

ってノリで書かれてたなら…
買ってなかったな(笑)
 
各人のお話をコミックで描き
それに対する 作者のコメントをエッセイで載せている
時として そのコメントは辛辣だったりもする
でも それは
時として 彼女自身に対しての発言のようにも見えるのだ

どのエピソードより コメントより
タイトルが秀逸!

 みんな元気に病んでいる。

ホント そうなのかもしれない
○○症ぢゃなくっても
いつもニコニコしてる人でも
見えないところで ココロは

 もうムリ! もう頑張れないって!
 ってか ホント勘弁して!

って 訴えてるのかもしれないのだ(^^;
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。