映画とウサギと音楽のおいしい関係

ひとりで観たい映画もある。 
でも 誰かと一緒に観たい映画もある。
相棒ウサギとrhasaのおいしい毎日がいっぱい♪


テーマ:
先週、やっと観れたのだ
周囲のミュージシャンたちが、熱くこの作品について語り

『まずは 観てからや!』

と盛り上がっているのを観て 正直悩んだ
酷評されてる作品の場合は 思ったよりも楽しめるケースが多いけど
絶賛されてる作品を そのテンション以上で観られることは…多くない

でも…
たのしかった☆

なによりも爆音でRockを そしてLIVEを観たくなった(*´∇`*)
もちろん カッコいいの限定(笑)

出演者目当てで観る人も多いのかもしれないけど
きっかけは役者さんでいいから
もし BECKでカッコいい音にも出逢えたのなら
ぜひ ホントのナマのRockにも触れに行って
LIVEも観てみて欲しいなぁ~


さて…
1つだけ 絶賛してたミュージシャンと意見が合わないところがある

『人の心を動かすのは、熱い音楽と水着♡』

の… 水着…
そこだけは 同意できないな(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ウチにDVDが来たのはリリース直後だったのに、観れてなかった…うちの1本。

rhasaは、オシャレ男してるヒューよりも
ローガンのようなワイルドなヒューが好き♪( ´▽`)

X-MENは全て観てたけど、
序盤の戦闘シーンは全シリーズの中でもかなり好きかもしれない(笑)

やはりギャップのあるキャラクターが好きみたい。
2枚目なのに、中身3枚目とか( ̄▽ ̄)

ローガンの全シリーズ通しての『悲哀』の原点が描かれた作品。
お馴染みの彼とか、彼とかも出てるので、そちらも楽しめる。

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
『最高の演奏をするために
音楽と向き合って
もっと最高の演奏をして
またもっと最高の演奏をするために
音楽と向き合う

きっとこの繰り返しを続けて行くんだろうな』

きっと ここ数日のrhasaのつまらないモヤモヤの
その答えは ここに集約されている
…そんな気がする

小さい頃からよく見ていた
一人でもがいていたrhasaパパも
絵と正面から向き合って
同じように 最高を目指して
たたかいと成果をくり返してたんだろう…

きっと rhasaの周りの
ステキなミュージシャンたちも
一緒なんだよね

それを知っても やっぱり…
千秋くんじゃないけど 思ってしまう

もっと色んな人に聴いてもらいたい!
そして 本人にも楽しんで欲しい
って…

LIVEの後で メンバーに
『ごめんね』
って言われ(せ)ちゃうのは
…本意じゃない…
んだけど…な…

rhasaは
いっつも楽しんでLIVEを観てるよ~
たまに泣いてたりもするけど…

だから もう謝ったりしないで欲しいのだ
謝らせちゃってるのなら
ごめん…

って… 映画の感想じゃ…ないね(笑)


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
観たのは ちょうど1ヶ月前(笑)

トレーラを見た時から ずっと気になってた作品

豪華キャストもそうだけど
フェリーニの『8と1/2』がどう取り入れられてるのか
が気になってたのだ
多分 rhasaパバも数年前なら観たがったろうなぁ~

残念だったのは イタリア語が『サンドイッチのパセリ』並に彩り扱いされてたこと…汗

それと… ペネロペ…

あそこまで…しなくても… いいんじゃないかなぁ~
とrhasaは少し思ってしまったのだ

でも 作品としては好き

カラーとモノクロ
色と音楽
それに裏打ちされた それぞれの感情!!

でも 音楽のようには
なかなか生きられないのだ…汗
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供のころ…

『神は自分に似せて人を創った』

に 凄く違和感を感じていた
でも 彼らの存在を知った時に

なるほどねぇ~

と思ったのだ
それが オリンポスの神々(笑)
恐妻家の全能の神 ゼウス
好きになったからって ペルセウスを監禁して嫁にしちゃったハデス
そんな娘を恋しく思い 母が冥界に行ってる間引きこもり
世界に冬をもたらすデメテル
などなど…

こんなに好き放題 なんでもありの神様がいるなんて

そんなギリシャ神話絡みのファンタジー作品が この

パーシージャクソンとオリンポスの神々

ハリーポッターのコロンバス監督らしい映像美キラキラ
わかりやすいストーリー展開

けど… なぜに神々はみな巨人だったんだろう…汗
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本では rhasaの小さな頃から未だに
クリスマスっていうのは 

 恋人と過ごす日

っていうイメージが凄く強く
そして クリスマスから新年っていうのは
別物として切り離され その間は

年の瀬

の繁忙期と見なされ 誰も彼もが忙しく走り回り掃除に明け暮れ
そして いざ新年を迎えるって時には

 実家に帰るんだ♪

という人が多い気がする

アメリカとかだったら 
早くもホリディシーズンに突入しちゃってるって言うのに…
まぁ そう呼んでいるだけで
やっぱり バタバタといわゆる年の瀬モードも健在だったりするんだけど(;^_^A

それでも スペシャルな季節を満喫しちゃってる感は
すごく強い

なんか前説がすごく長くなっちゃったけど
rhasaが昨年劇場でこの

  ホリディ

ホリデイ

¥2,812
Amazon.co.jp

を観たときに感じたのは 凄くそこだったのだ

ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダ(キャメロンディアス)
彼女は恋人に浮気され 彼を家からとうとう追い出した

一方 ロンドンの新聞社に勤めるアイリス(ケイトウィンスレットは 
自分の目の前で(しかも職場!!)元恋人に別の女性との婚約を発表され失意のどん底

傷心の2人はインターネットの
「ホーム・エクスチェンジ」(お家交換)
サイトで出会い お互いの家を交換し
相手の家具や車を自由に使えるという休暇を過ごすことにした
国も家もまったく違う環境で 2週間のクリスマス休暇に入った2人…
やがて ロスのアイリスは作曲家のマイルズと
ロンドンのアマンダはアイリスの兄グラハムと出逢い…


劇中に出てくるアイリス)の家は
まるで 真っ白なクリスマスケーキの上に
ちょこんと乗せられたお家のように 小さくてかわいい♪

そして 女社長アマンダの家は
いわゆる白亜の豪邸
そう クリスマスには予約いっぱいの
洒落たレストランのよう☆

でも どちらを好む人も
本当に欲しいホリディの最大のポイントは一緒だったのだ
それは

 たいせつな誰か

今年のクリスマスを誰と過ごそうかって
思い悩んでいる友人がrhasaにもいるけれど
できれば 間に合わせの「誰か」とぢゃあなくって
その関係性は何であれ ぜひぜひ

 たいせつな誰か

と一緒に ステキな

ホリディ シーズン

を過ごして欲しいと思うのだ
この映画のように♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
映画ぢゃあないけど…(;^_^A
TVで観て ビデオを借りて観て
しまいには DVDボックスを買い 
Tに脚本の単行本までプレゼントして貰っちゃった程 
大好きなのだo(^^o)(o^^)o

小さな頃から
日曜日の夕方には 笑点がついていたrhasa家
そして rhasa祖母の家では
まぁ おばーちゃまが噺家さんにお呼びして
毛氈とかで隠したコタツの上とかに座って頂いて
お友達と一緒に お話を聴くっていう会が
不定期で開かれてたりもしてたから
落語っていうのは そんなに遠距離に感じないのだ

そんなrhasaだけど
このドラマは センセーショナルだったのだっ!!
なにがって?

そりゃぁ~もう
設定から 環境から 解釈から……(笑)

だって フツー
落語って言ったら
着物を着た あまりお若くない男性が 扇子と手拭を使って
お話をするっていうイメージだと思うのだ

そこに
爽やか二枚目さんや 
強面のアニキなイメージは…
申し訳ないけれど rhasaにはなかった…
しかも そんな彼らの実体験を 古典落語に絡めちゃうなんてっ!!!
古典落語が凄いのか
脚本を書いた宮藤氏が凄いのか
はたまた 彼の脚本を演じた役者さんたちが凄いのか…
そのコラボ加減が凄いのか…

笑えるのに スリリングで
スリリングなのに 暖かくて
暖かいのに 切なくて…
どれだけ笑って
何度 泣かされた事か…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
Tから 

  この回は 一緒に観るのやだっ!
  大泣きしちゃって その後こっちまで哀しくなるから…


って視聴制限までかけられちゃってる程(笑)

でも それだけ楽しくて切ないお話なのだo(^-^)o
この作品で

 落語イコール古典(授業とかの…)

なイメージが もっともっと払拭されるといいな♪


タイガー&ドラゴン DVD-BOX

¥18,810
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
コナン


10周年にして 初!
業界内試写会で 本社の試写室で観たことはあったものの
初めて 劇場で観て来たのだo(^-^)o
それも 公開直後♪
…っていっても スタッフさんから貰ったチケットでだけど(^^;

もっと チビっコいっぱいのイメージだったんだけど
入ってみてビックリ!
会場のほとんどは中高生以上の女のコのグループや
社会人カップルだったりしたのだ!
そうだったのかぁ~~~

んで もっとびっくりしたのは
毎回恒例の さむ~いクイズのコーナー
その時の反応は
少年探偵団よろしく 会場の小学生も一緒に

 やれやれ…

なコメントを個々に口にしてたのだ(笑)

10周年記念の今作は
Tに言わせても

 気を抜いてるヒマがない作品だよね~

な出来上がりなのだo(^-^)o
ただ… 

 えぇ~~~~オールキャストなのに黒の組織
 あそこにしか出てこないのかぁ~~~~~っ!!

ってなツッコミどころもあったんだけど
それは 欲張りなのかもしれないのだ(^^;
遊園地が舞台の1つの今回
2時間のジェットコースターに乗ってる気分にもなれちゃうのだ♪
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

アントン

この作品との出逢いは
某レンタル店の棚だった
rhasaパパに送ってあげる作品を選んでいる時
ふと目に留まったのだ
んで 内容も知らないままプレゼント(笑)

結果 rhasaパパは大満足♪
すっかり点子ちゃんのファンになってしまったのだ♪
にもかかわらず…
rhasaは この冬まで観たことがなかったのだ(^^;

なんでもこの作品
『ふたりのロッテ』で有名(らしい)な
ドイツの世界的な児童文学者
エーリッヒ・ケストナーという方の
初期の名作…なのだそう
小さい頃に
殆ど児童文学ってのを読まなかったrhasaは
どちらも読んだことがない…
(小学校の頃から 
 推理小説とか古典とかに夢中だったrhasa…)

 点子ちゃんの家はお金持ち
 だけど パパとママは忙しくて全然かまってくれない
 そんな点子ちゃんの親友は
 病気のお母さんに代わって
 アイスクリーム屋さんで働いているアントン

 点子ちゃんはお金に困っているアントンを助けるために
 名案を思いつくのだが…


ピュア
そんな言葉がピッタリな登場人物満載の作品♪
前半 いわゆるイヤな大人に見えてしまっている
点子ちゃんの両親も

 いっぱい×2

ゆえの言動だったことも判明♪
こんなにいい人ばかりの世界なら
争いごとなんて起きないよなぁ~
とか思いつつ
でも キライぢゃなかったりするのだ

何よりも 点子ちゃんのキュートさ♪
rhasaパパが ファンになっちゃうのも 納得!
名作アニーの主演の女の子のような
天真爛漫さと 痛いまでのまっすぐさ
そんな点子ちゃんの歌う

  キャンディの歌

その歌詞がサイコーなのだ!
レモンキャンディーが舐めたくなる映画は
ハリーポッターに続いて2本目なのだo(^-^)o
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

あらし

昨日から劇場公開が始まったこの作品
1日に参加した試写会には
原作者のきむら ゆういちさん
監督の杉井ギサブローさん
そして 声優として参加の
TBSアナウンサー小林麻耶さんが
舞台挨拶で参加♪

もうね~~~~~
rhasaはねぇ~~~~
杉井ギサブローさんに感動っ!
rhasaにとっての 杉井監督は

  タッチの監督

さんという印象なのだo(^-^)o
オープニング/エンディングで
名前だけを見続けていた人が 目の前で動いてるのだ!
すっごく嬉しかったのだ♪

そんな別のイミでの感動から幕を開けたこの作品
こんなコトを言ってしまうと
怒られちゃうかもしれないけど…
始まりの風景のシーンは
某○崎作品のような 壮大さがあって
空とか 雲とか…
その大きさに rhasaは単純に感動してしまったのだ

上映前に作者のきむらさんが

  恋愛ものだよね~
 って人に言われて 初めて自分でも
 「あぁ そうかもなぁ~」って自覚したんだけど
 それで
 「あらしのよるに恋愛論」
 っていうのを書いちゃいました(^^;


って言ってたんだけど
最後まで観終わって思ったのは
恋愛レベルぢゃなくって

  

それも

 無償の愛

が全編通して描かれちゃってるのだ!
それも 奇跡みたいな

相思相愛で 
互いが ただただ相手の事を想っていて
それぞれ 自分の中の優先順位の1位が
揺るぐことなく相手

っていう 理想的な
完璧な相思相愛
……作品中に描かれているのは

  友情

なんだけど
を通り越して
なのだ
そう

  友愛

のお話なのだ
それなのに 観ているとオオカミくんとヤギくんが

 恋人同士

に見えてきちゃうから不思議なのだ(^^;
(後半なんて 寄り添って生きてる夫婦にも)
それは きむらさん曰くの

 成宮くんのね 笑い方
 「フフっ♪」とか笑われちゃうとね~
 ドキっとしちゃうんですよぉ~
 色っぽいというか 色気があるっていうか…


な成宮マジックのせいだけぢゃあないと思うのだ

ぜひぜひ
大好きな人と並んで観てほしいのだ♪



ただ… 欲を言うなら…
セリフと音楽の音量バランスが…(T_T)
音楽が ド~~~ンって流れてると
セリフが モゴモゴしか聞こえなくなっちゃったのは

ものすっごく残念なのだ(T_T)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。