映画とウサギと音楽のおいしい関係

ひとりで観たい映画もある。 
でも 誰かと一緒に観たい映画もある。
相棒ウサギとrhasaのおいしい毎日がいっぱい♪


テーマ:
rhasaが日頃乗っている 黄色い電車は
その終点が 避暑地なので 
季節ごとに花が咲き乱れたりする

だから 駅貼り広告には

 咲きはじめました!

と その花の写真のポスターが貼られ

少し時が経つと…

 もうすぐ満開です!

という 満開の写真のポスターに張り替えられ
そして…
またまた少し経つと…
 
 見頃過ぎました…

と 満開の写真に 
チケットの『SOLD OUT!』よろしく
斜めにステッカーが貼られるのだ…

そのステッカーが貼られたのを見つけた瞬間って
すっごく切ない…
もともと行く予定なんて立いクセに

 うぅ~~~~ 終わっちゃったかぁ~~~(T_T)

な気分にさせられるのだ

 残念でしたぁ~ もう終わっちゃったよ~

って声が聞こえてきそうなのだ(T_T)
だったら 剥がしてくれたらいいのに…
って思ってしまうのだ

今は 
某紫色の花が咲き乱れるポスターが貼られてる
rhasaは 見頃のうちに
観に行けるのだろうか…
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
大好きなオムレツ屋さんに行ったのだ
それも おひとりサマで(^^;

そこで隣に座った人は
すごく楽しい人だったのだ♪

ついたて越しに座ってるその人は
おひとりサマのハズなのに
時々

  えっへっへ…

と笑ってるのだ…
本でも読んでるのかなぁ~
もしかして 『言いまつがい』?

rhasaにも その人にも
お食事が来て 食べ始めてからも
彼は 時々

 えっえっえ…

へ? 今度は泣いてる?
そう その声はまるで嗚咽だったのだ…(^^;
笑ったり泣いたり 忙しい人だなぁ~
そう思いつつも
やはり気になるrhasa…

スプーンを置くたびに聞こえる

 えっえっえ…

なぁんだぁ~?

そぉ~~~っと 横をうかがい見ると…
なんとっ!!!!!
その実態は!

 咳払い

だったのだ(^^;
えっへん! でも
おっほ~んっ! でも 
んっんっんっ! でもなく
えっえっえ………

まぁ くしゃみの音が
わっしょいっ!
って聞こえる友達もいるし
rhasaの咳だって 周りには
けふけふ…
って聞こえるらしいし…(^^;
いろんなのがあるのは 
わかってるつもりだったけど…
ちょっと新鮮だったのだ♪

なんか ちょっと可愛いのだ♪
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
rhasaの住む街には 踏切が多い
そして それは 夕方の開かず時間に起きたのだ…

隣駅まで 線路の横を歩いてお買い物に出掛けたのだ
だって そうすると4車線道路だって
踏切のおかげで ラックラク渡れちゃうのだ♪

大通りの脇道にあたる通りにさしかかった時
踏切が ようやくその腕をあげようとしていた
並んでいた車列が 進み始めた
最後尾は パンダカー
そのパンダカーが踏切に入ったときだった

加速しすぎ気味の原付が
パンダカーの背後で 左折したのだ

 ありゃありゃ…(^^;
 スピード出過ぎちゃう?


そう思って後ろ姿を見送ってると…
rhasaの目の前で ありえないコトが起きたのだ…

車体の半分以上が踏切の中にいたはずの
パンダカー
それが 思いっきりバックを始め
パトライトを点灯したかと思ったら
がーっ! っと原付を追っかけていったのだ(^^;

rhasa 唖然…
勢いよくバック&方向転換するパンダカーは
rhasaの真ん前まで 近付いてきてたのだ(T_T)

違反原付の為に 
危うくrhasaが轢かれるとこだった…

原付のお兄さんは 小道に逃げ込んだモノの
ばっちり背後を取られ
2人のお巡りさんに 

 めっ!

ってされてた
その光景を見ながら
rhasaは
パンダカーの2人に めっ!って
思ってたのだった…

これは 後方不注意にはならないの?
数秒前にパトライト回してたら
こっちの過失にされちゃうのかなぁ~(^^;
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

セラーズ


一体いつの話だよぉ~!
って言われそうなのだ(^^;

そう 劇場に行ったのは随分と前の話なのだ
2月の初めとか その辺…
ぢゃあ なんで今まで書かなかったのか?
…書けなかったのだ(^^;

1月に書いた記事にも書いてたように
rhasaは ピーター・セラーズが好きだ
そんな彼の伝記的作品というコトで
期待過剰…だったのかもしれない

…こう書くと 語弊がある…

作品に満足できなかった
ぢゃなくって
邦題と作品の本質に…
ちと<温度差がありすぎだったのだ(^^;

原題は 

 THE LIFE AND DEATH OF
PETTER SELLERS


なのだ
つまり 『ピーター・セラーズの生と死
で 実際の映画は…
むしろ『ライフ・イズ・トラジェディー』(T_T)

思ったのは
顔で笑って心では泣いてた人生なんだなぁ~
だったのだ(T_T)

多分彼は 凄く繊細で優しい人だったんだと思う
そして あるイミ凄く臆病な人
だから 仮面を外すのがヘタっぴだったのだ
その結果 母の言葉と期待に過剰に反応し
捌け口を数多の女性に求め
素顔を見せられる相手の前では 
自分の感情を制御できなくなってしまう…

これが 観る人によっては
完璧なマザコンで 女好きで
癇癪持ち

と映ったりもするらしい…
rhasaは ひいき目に観てるのかも(^^;

彼の出演作品『パーティー』の
最初数十分でrhasaとTが感じた
あのなんともいえないやりきれない気分

認めて欲しくて 頑張るんだけど
他の人が どんなに認めてくれても 
彼が「認めて欲しい」と思った相手には 認めて貰えず
彼は もっともっと頑張る
ただ その人に誉めて欲しくて
喜んで欲しくて…

世界中の人が 笑っても
たった1人の人が 誉めてくれなかったなら
彼にとっては 空しさにしか繋がらない…


そして 彼の心は疲労困憊していくのだ…
数多くの女性も 出演作のシリーズ化も
彼の心を癒してはくれなかったのだ…

そして 思う
それだけ 悩んだりした彼が紡ぎ出した
セリフだったり しぐさだから
飄々としたコメディーが数々生まれたんだなぁ~
って

もしかしたら
チャップリンもピーターも
日々の生活では 辛苦も味わっていたからこそ
人を笑わせることが出来たのかもしれない…

せめて今は
空の上で 計算することなく
てらうことなく
ただ幸せに彼が笑えていたらいいな


そう思うのだ


そうそう この作品
なんの前触れもなく 
彼の出演作の各キャラに扮して
ピーター(ジェフェリー)が内面を話したりしてくるのだ
そりゃ~もう

 いつの話かは わかるよね?

ってな風に(笑)
まるで イントロどん! 
なテンポ感で(^^;

彼の代表作の多くを知らないで観ちゃうと

 なんのこっちゃ? 
 もしかして 素で多重人格者?


としか見えないかも(^^;

 
そんな切ない作品なのだ

でもっ!!

ジェフェリー・ラッシュの演じるピーターは
親戚だったりする?
ってくらいにそっくりで
うれしかったり 
なつかったりな気分にさせてくれるし

シャーリーズとのラブラブな頃のシーンとか
鮮やかで 華やかで すっごくステキなのだo(^-^)o
シャーリーズもめっちゃかわいいし♪

そして 全編通して音楽のセンスが秀逸!
ライフ・イズ・トラジェディ
として 自分の人生に翻弄された
1人の男の話として観る方がいいのかも(^^;

6月24日には DVDが出るのだ
今度は 近くに彼の作品を山積みにして
オリジナルと ジェフェリー版を見比べながら
楽しく観ようかな♪ 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ファム・ファタール


ブライアン・デ・パルマ監督作品
スネーク・アイズだったり
ミッションインポッシブルだったりの
ブライアン・デ・パルマ監督
でも… rhasaはどうしても…
彼の名前を聞くと rhasaのアタマの中には…
プリマハムのロゴが浮かんぢゃうのだ(T_T)

そんなデパルマ監督
モデルのレベッカ・ローミン=ステイモス
アントニオ・バンデラス主演の
サスペンス作品

 ファム・ファタール

フランス語で 「運命の人(女性)」というイミ
日本で言うところの
「赤い糸の人」というイミもあったりする
でも この作品タイトルのソレは
むしろ 運命と闘う人だ

最初劇場で予告を観た時は
スリリングでセクチーなサスペンスだと思ってたrhasa
と言うのも
予告では キレイなおねえさん同士の
セクチーなシーンとかが多かったから(^^;

それに 「名作」と言われるサスペンスには

  キレイなおねえさん

が必須アイテムだとrhasaは思うのだ
キレイで謎めいたキャラが より観客を困惑させる…
そんな展開はキライぢゃない

 カンヌ映画祭で 1000万ドルの宝石を強奪したロールは
 仲間を裏切って逃走
 追われる身の彼女は 老夫婦にリリーという女性を間違えられ
 危機一髪のところを助けられる
 そこで彼女はリリーになりすまし 
 追手から身を隠そうとするのだが…


全く別ジャンルの映画で
グウィネス・パルトロ主演の『スライディング・ドア
という作品がある

誤解されたくないんだけど
「ファムファタール」を最後まで観終わった時
rhasaのアタマの中には
グウィネス・パルトロ主演の『スライディング・ドア
のエンディングが浮かんでいた

全く違うエンディングだし
ストーリー展開だって 全然違う
でも 軸にしているポイントが一緒だからなのか…
ファム・ファタールのエンディングで 
救いを感じてしまったのだ…

   映画のラストは こうであって欲しいよね♪

って
それは
このエンディングが理想的! っていうイミぢゃなくて
それだけ『スライディング・ドア』のエンディングが…
哀しくて 切ないからなのかもしれない…

いずれにせよ
どちらの映画も 最初っから
むちゃむちゃ伏線が貼られてるので
観る方は こまか~いトコまで
ガッツリ観ちゃって欲しいのだo(^-^)o

さて…実はこの映画 
「教授」こと坂本龍一さんが 音楽を担当
していたそうな(^^;
rhasaの中では ボレロなイメージだったんだけど(笑)
今度は 改めて音楽も気にして楽しもうかな♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
rhasaの家の近所の高校は 
なにげにスポーツが盛んな高校…らしい(^^;

都大会だかなんだかに出る
「部」の名前が沢山張り出されてるのを見たのだ
その中に

 重量挙げ部

という部をみつけた…
そうかぁ~
重量挙げって 専門の部があるんだ…
体操部とかなのかと思ってたrhasa(^^;

寡黙な部なイメージなのは rhasaだけかなぁ~
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

コンスタンティン

キアヌの顔は rhasaはキライぢゃない
むしろ ちょっと好き(笑)

そう
気付けばrhasaったら
キアヌの作品も その多くを劇場で観てるのだ(^^;
主演ぢゃないのまで(笑)

で 今回のは主役
TVのCMとかで観てる時は

 あらら… またしてもマト○ック○みたいな
 CGバリバリ 現実ぢゃない世界へいらっしゃい系?


と思ってたrhasa(^^;
でも Sさんの一言で気分が変わったのだ

 2分間だけ自殺してたから 天国に行けないんだよぉ~

なんだぁ~? それ…
2分間だけの自殺って…
三途の川を渡らずに帰ってきたってコト?
(って あるのか? キリスト教徒にも『川』が(^^;) 
けど…それって フツー自殺未遂って言うよねぇ~?

そんなささやかな好奇心から 劇場に2日連続で劇場へ(^^;

なんでなんだろう?
去年観た『エクソシスト・ビギニング』も
コンスタンティン』も物語の始まりは意外なところ
「移民が持っていったんだ」
というコトにしてるんだと思うけど…
ちょっと不思議

「なんで『エクソシスト』と
コンスタンティン』が並ぶの?」
それは どちらも「エクソシスト」と呼ばれる人のお話だから(笑)

今日 この映画を観て
「ほほぉ~」と思ったエピソードがあった
それは 「霊感」にまつわるエピソード

ヒロインのアンジェラが
親にも妹にもウソをついたの
何にも見えない って
妹には「本当は見えるよね?」って言われたけど
それでも 私は見えないって言ったの

とキアヌ扮するコンスタンティンに言うシーン
そして…
「見える」と言った妹は 病院に行き
「見えない」と言った姉は 普通に暮らし…

実はrhasa 
「見えない」人だ
いや… それだと語弊がある…
「感じる」けど 実態は「見えない」っていう(^^;
昔は 「聞こえる」もあったけど
それも もうない

アンジェラたちと大きく違ったのは
rhasaのパパ&ママの反応

rhasaパパは 宿泊先のホテルで 
見知らぬ花嫁さんに夜中に相談されたり
高速道路で 同乗されちゃったりする人だし

rhasaママは rhasaママで…
今思うと きっと彼女はrhasaと同タイプか
もしくは 「見える」人だったのかもしれない
小さな頃 夜中にヘンな気配で泣きながら起きると
「大丈夫よぉ~ rhasaママに見えてないもん
見えたら 帰って貰うわ(笑)」
ってなコトを言う人だったのだ

って 話が脱線(^^;
この映画 「天国」と「地獄」
そして「天使」と「悪魔」のお話

ペルーだったかな?
1人の人間に 2人の守護の天使がいて
右の天使は善に 左の天使は悪に導くのだそうな
ある人は それを
「まるで『諸刃の剣』だね(笑)」
と笑った

そして 観終わってrhasaは改めて思った
やっぱり コワイのは
「天使」より「悪魔」より「人間」だなぁ~
って(^^;
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

050526



rhasaが ゴキゲンで帰ってきて

ぼくにプレゼントをくれたから

ぼくも今すっごくゴキゲンなんだ♪


なんだかわかる?

パンを わけてもらったんだ♪


ぼくは 嫌いなもののほうが少ないんだけど

パンは めちゃめちゃ好きなものの1つなんだ♪

うわぁ~~~い♪
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。