【原作】 ウィリアム・シェイクスピア


【脚色】 宮藤官九郎


【演出】 いのうえひでのり


【出演】 内野聖陽 松たか子 森山未來 北村有起哉

橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 上條恒彦 他


【ストーリー】 (DiPPS PLANET より)
時は2206年。
繰り返される戦争によって世界はリセットされ、

瓦礫の荒野と化していた。 そこには、未来を占う魔女が3人・・・

日々戦いは繰り返され、

絶大な勢力を誇るレスポール王率いるESP軍が
将軍ランダムスター(マクベス)指揮の下、

他の軍を次々と征していた。
そこへ3人の魔女が現れ

「ランダムスターこそが未来の国王である」

との予言を告げ、1枚のCDを渡す。

1980年代に活躍したヘビメタバンド「メタル マクベス」の伝説のCD。
歌詞に込められた意味が殺人予告となっており、

「メタル マクベス」バンドの人間模様が

ランダムスターの国王となる道に繋がる予言となっていた。

やがて夫が国王となる予言を知ったランダムスター夫人は、
予言を現実のものとするべく夫をそそのかし、
レスポール王の息子レスポールJr.を犯人に仕立て、

王を殺すという計画殺人を企てる。

躊躇うランダムスターをけしかける夫人。 そして作戦は成功し、

犯人に仕立て上げられたレスポールJr.は城から逃げ出した。
王を永遠の眠りに導いたことで罪の意識に苛まれ、

自分達の永遠の眠りが奪われてしまったランダムスター夫妻。
それでも王となる野心に向かって突き進んでいく・・・

シェイクスピア四大悲劇の一つ「マクベス」を未来に置き換えて、
ロックな悲劇「メタル マクベス」が現代に誕生する。






劇団☆新感線 + 宮藤官九郎◆


シェイクスピアも新感線も初体験。

大爆笑の中にも涙を流したり、考えさせられたり。


良い舞台だった。



AD

コメント(5)