半導体製造装置メーカー「エフオーアイ」が昨年11月、東証マザーズに上場した際、売上高を過大計上していた疑いが強まったとして、証券取引等監視委員会は12日、金融商品取引法違反(有価証券届出書の虚偽記載)容疑で、神奈川県相模原市中央区の同社本社の強制調査に入った。今後、容疑が固まれば、関与した社員らを捜査当局に告発する。

 同社の連結売上高は、平成20年3月期の約94億円から、21年3月期には約118億円へと約25%も増加。今年3月期は、前期比約10%増に当たる約130億円の見通しを公表している。

 市場関係者によると、同社は架空の売上金を計上するなどの手口で、売上総額の大半を粉飾していた疑いが持たれているという。証取委は、上場の経緯や動機を含め、関係者から事情を聴いている。

 民間調査会社によると、同社は6年10月設立で、資本金約95億円。

<核軍縮>田上長崎市長ら参加 NYで非核兵器地帯創設会議(毎日新聞)
<絵本>「本の過疎地」に寄贈訴え 福島・飯舘(毎日新聞)
350万円の詐欺容疑などで弘道会系組幹部ら逮捕(産経新聞)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
神奈川県副知事に黒川氏(時事通信)
AD