長野県の諏訪大社で6年に1度の「御柱(おんばしら)祭」が2日、幕を開けた。1カ月の期間をかけ、氏子らが重さ10トンを超えるモミの木を人力だけで、山から約20キロ離れた上社(茅野市、諏訪市)と下社(下諏訪町)にある4カ所の社殿まで運ぶ。期間中は100万人以上の人出が見込まれている。
 運び出される巨木は1本が直径約1メートル、長さ約17メートル。2日からは巨木を山から町中に運びだす「山出し」が始まった。 

<警察庁長官狙撃>延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
北九州市議選偽投票、被告の元候補に実刑判決(読売新聞)
相次ぐ赤ちゃん事故 「カンガルーケア」実施に慎重さ求める動き(産経新聞)
拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
<殺人>アパートで68歳男性死亡 青森・十和田(毎日新聞)
AD