産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の調査など各種世論調査で、菅直人新首相に「期待する」とした支持率が上昇したことについて、選対委員長就任が決まった安住淳氏は7日午前、「菅氏に対する期待値が非常に大きいのは予想以上で、非常にうれしい。国民のみなさんに感謝、感謝だ」と述べた。夏の参院選に向け、「これを1カ月維持して票につなげていくのはこれからだ」と表情を引き締めた。

 官房長官に就任する仙谷由人国家戦略担当相は、菅政権に「期待する」との回答が57・3%にのぼったことについて、「もう少し欲しいね」と語った。再任が決まっている別の閣僚は「5割は超えてほしいと思っていたのでまずまずの滑り出しだ」と安堵(あんど)の表情を見せた。

【関連記事】
菅新首相に期待57%、比例投票先は民主34%に急伸
党内仕分けで「返り血」浴びる覚悟はあるか
菅政権誕生も「小沢一郎はまだ終わらない」
民主党新執行部、午後決定へ 政調会長に玄葉氏
経済再生急務の菅新首相 弱点は財界人脈
「はやぶさ」帰還へ

今、鯨岡兵輔という政治家がいたなら…(産経新聞)
<口蹄疫>長崎・五島市の鉄人レース中止(毎日新聞)
牛丼とジーンズの価格、いくらが妥当か(Business Media 誠)
警官また児童買春 容疑の交機隊員を近く立件へ(産経新聞)
<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
AD