REX5期 大阪の 谷井隆夫です。 2010年の韓国視察の記事を引き続き掲載します。 視察した学校について、旧友の金庚壽 韓国外務省の経済局長に解説をお願いしました。

 
金さんに 夜のソウルを案内していただきました

これまで言ったことの結果として、平準化政策と並行して、英才教育校や特性化学校の指定などの教育政策があります。バランスが難しい上、批判も多い中で前進しています。以上を踏まえて、今回視察された各校についての私なりの感想をお話します。

 
 
韓国外務省の近くで金さんと食事をしました

1 ソウル科学英才学校

  親の気持ちとしては「自分の子どもを是非この学校に入学させたい。しかし、自分の子どもが行けずに他人の子どもが行くのは不満だ」というのが率直なところでしょう。まあ、親と言うのは身勝手なものですから。環境の充実した学校に英才を集めているために、有名大学への進学が極めて有利なのです。この学校の存在に賛成か反対かをソウル市民に聞けば、賛否半々になるのではないでしょうか。

 しかし、国の将来を考えたときに、サイエンスの分野をリードする人材が必要だということは多くの国民が理解することなのです。

2 大元外国語高校

 早くから進学校として知られた私立学校です。韓国の母親は、いい学校の近くに引っ越そうとする傾向があるので、学校周辺の賃貸住宅の家賃は飛びぬけて高いことで有名です。私のような庶民派の人間にはピンとこない学校です。

 私の勤務する韓国外交部には、この学校の卒業生がたくさんいます。私の場合、外交官になったときには韓国語と英語しかできませんでしたが、ベルギー勤務の際にオランダ語を、日本勤務の際に日本語を身につけました。そうやって仕事をしながら語学を伸ばしていくことがかつては一般的だったのです。しかし、大元の卒業生は、勤務した時点で3ヶ国語を十分使うことができます。庶民感覚からはずれている学校ですが、即戦力の人材を出していることは間違いありません。

3 中谷小学校

 中谷地区は歴史的に貧しい地域です。ここに立派な小学校をつくったの、格差解消を目指した政策によります。ただ、ほとんどの小学校はもっと庶民的な学校ですよ。

 
橋下徹前知事と教育委員会の主たるメンバー

この韓国視察では、橋下知事がご一緒ということもあって、大変効率よく多くのものを見聞することができました。その結論は「日本は日本の変化の方向を自ら見出していかねばならない」ということです。橋下知事とその後の維新の会政権は、それを政治主導で行おうとしますし、私たちは現場からの声をあげて変革を進めなければなりません。
また私は個人的に大変信頼のできる金局長を友人にもっていたため、見聞したことをその場で解説していただくことができました。「完璧ではないにしても、韓国はスピード感のある教育改革を進めており、その成果もあがっている。また国民は概ねそれを支持している」というご意見でした。私たちは何を考えるべきでしょうか?
 

AD

コメント(14)