ガルボの成長

テーマ:
トイプードルの男の子
3歳
ガルボくん

{0E10ABD9-0C09-4E27-BF20-2947EB8E068A}

虐待を受けて過ごした2年で
自分を守る為に


噛み付く事

唸る事

吠え叫ぶ事

を覚えました


我が家に迎えて
半年が過ぎました

数えきれないほど
噛まれました

本気で噛みます

唇まで噛まれました

でも

{F14F4645-17C6-4996-9570-5744AF136526}
ガルボは本当は甘えん坊で

キュッキュッとなるおもちゃが
大好きで

ぬいぐるみが大好きで

抱っこされる事が何より大好きな

元気な男の子なんです

{48C76AD0-A16C-4871-88F1-2AD6401C97E4}
誰にも取られない様に

お気に入りのおもちゃや

ぬいぐるみ

毛布を

自分の周りに集めて寝ます


{539C4CF7-C2A3-4527-A430-B28071C1BDD5}
フリーの時は

1人でおもちゃを投げては
拾いに行って
また投げる

この繰り返しで取れないところに入ると
壁をガリガリ引っ掻いて
私を呼びます


本当に普通の誰に可愛がられても
おかしくないプードルの男の子です


虐待さえされていなければ
お利口だったと思います



この半年で本当に変わりました



昨日のお風呂の事


ロイズが気持ち良さそうに入って
いるのにヤキモチを焼いたのか


自分からお風呂にきました


ガルも入るの?と聞くと


さっさと入ってきました

いつもは軍手にシャンプーを付けて
洗っていましたが

急だったので
そのまま素手で洗う事に‥
噛まれる覚悟で洗い始めると


気持ち良さそうに
じっとしてくれていました


全く唸りません



全く噛みません



こんなにお利口になって


思わず涙




いつか
本当の家族に迎えてもらえるまで



もっともっと



成長できるよ



一緒に頑張ろうね



AD

お散歩のマナー

テーマ:
毎日の日課となっている
ワンコ達のお散歩

{C1F19076-B643-4593-A55C-897822CFB083}

保護犬の大きさや
年齢によって
コースを変えます


ガルボは元気いっぱい走りたい
ので1時間コース


頭数によっては4回に分けて
行く時もあります


いつも沢山のワンコ達にすれ違います


皆さんちゃんとマナー袋を持って
お散歩してみえます


ですが


中には



マナーを守れない飼主様も
多々いらっしゃる様で‥


{D1D3038C-3449-4DCA-AD71-B69F6CB95C0C}
お食事をされていたら
ごめんなさい
m(_ _)m

{8C922F53-E0BF-4E41-9A10-8075768D76B8}
あちら

{75D2B3F4-3D5B-4A5D-9775-3A1E2A7DEFD0}
こちらに
散乱する💩くん

{366FBA55-902C-441A-B6D2-85963EDEEBC4}
ガルボは💩ハンター


見つけると
ストップ‼️


必ず教えてくれます

{DE1CBF92-8DA1-4863-8701-B5B09F2D67CC}
そして

その飼主様達の忘れ物を
拾って帰る日々‥

この通り毎日ドッサリ‥


1回目のガルボのお散歩で
拾って帰るので
次の子達の時には
有りません






次の日またドッサリの忘れ物が‥


毎日この繰り返しです


お散歩でのマナー


きちんと守りませんか?



AD

オージ訓練士のモデル犬卒業

テーマ:
ゴールデンレトリーバーの
オージくん

元繁殖引退犬でした

廃業するからと
お水もご飯ももらっていなかった
(クリックして見て下さい)
筋肉も少なく
歩くのもやっとだったオージくん

それが今では

{7751D498-A350-4801-A8EF-03E9BE48851A}
動物訓練士の学校のモデル犬
として
毎日学校に通っていました
(写真中)

{6F3EC56E-8CD5-4DC7-8221-82FF0097A7D9}
とてもお利口と評判です
 
{4D861234-1CD2-419F-8726-9F266A1431C7}

そして
とても優しいオージ


昨年末は先生のおすすめで
競技会にも 参加


初めてなので里親様は
0点でも
褒めてあげようと思っていたそうです

ところが

高得点で上位に入りました


オージ頑張ったね
おめでとう〜〜〜


沢山の愛情は
いろんな可能性を引き出してもらえます



そして先日


{386F38AC-96F7-4374-ADF7-E5AD09C2AF71}

オージくんも学校を卒業しました


担当の生徒さんも泣いていたそうです



私まで嬉し泣き



本当に立派になりました



オージを保護した当時
私の所属していたシェルターでは

体力も筋肉も無く寝てばかりのオージを
『おっさん』と呼び
(これも知りませんでした)

外に繋いで
クレートを置いて放置


それを知らされたのは
解散する時‥


私にはずっと
サンルームに入れていると‥


何故?


保護活動者の人達が
レスキューしてきた子に
こんな事ができるのか‥


それをきっかけに私は
個人で活動する事を決めました


無理して沢山保護しても
二次被害に合わせてしまうだけです


一頭一頭
ちゃんとお世話の出来る範囲で
保護しなければ
意味のない保護になってしまいます



オージくんは
私に保護活動の大切な事
を学ばせてくれました



里親様からのたくさんの愛情で
これからもっともっと
立派に成長してくれると思います



里親様
  これからも宜しくお願い致します













AD