投稿写真

次のCDジャケット用の絵、できた。

善い子は眠る丑三つ時に。

開かれた格子。闇に浮かぶ月光と蛍光。

セーフティーゾーンでじっとはしていられない、好奇心の奴隷。心躍る真夜中の探検。

そこはいつも蚊帳の外。誰も見てない。誰も知らない。誰も気づかない。

ただ凝らす目だけが。吸血と引きかえに吸収する宇宙のプログラム。それは解明した古文書の一篇のように光り。

覚醒する麒麟児。この巨大な謎の生命体の、脈打つ大動脈から。逆に血ぃ吸うたろか、てな感じで。

親の寝る間に入れ変えた血液型は何型か。アルファベットでは表せまい。して自己診断書は放り投げられ。降参とばかりに大の字。

脳内に千の橋が架かりはじめて。畳の上で、無限の夢を巡らすのだろう。枕の下に隠した猥褻物に引き摺られながら。


そんなわけで、次のCD『蚊帳の外から』。がんばって作るっす!


AD
投稿写真

今年もCD作るんですが。ちゃちゃっとCDジャケット用の絵を描く。

思いつきで『蚊帳の外から』というタイトルだけあるので、そーゆーのを描く。藤城清治の影絵っぽい感じになりそうな。


AD
投稿写真

中目黒ネコもお花見。誰が乗せたのか桜冠。

温かくなって、花が舞ってるこのシーズン終わりが一番気持ちいいすねー。


AD
投稿写真

雨の日でも、大勢の人。傘をさして目の前を通ってゆく。

絵をやるようになってから、色についてよく考えるようになったので。独特な色の傘を見ると、目で追ってしまう。

いろんな配色、いろんな柄があるなーと思いながら。それを手に取った人を観察して、思考や環境をなぞる。

おれなんかはビニール傘で済ませちゃう無粋な方なんだが。

ここは雨を楽しむ人がたくさんいて、うつくしい。