分野:
言葉:
Amazon.co.jp のロゴ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-23 05:42:23

見事なまでの完敗

テーマ:観戦(武蔵野)


2016年7月16日土曜日
第18回JFL2ndステージ第5節
東京武蔵野シティFC vs ソニー仙台
味の素フィールド西が丘
18時キックオフ



160716西が丘南外


職場から自転車で直行のため、キックオフに当然間に合わず、



160716すでに前半途中


すでにゲームは、前半途中でした。
南側から北ゴールに攻めるのが武蔵野。この時は連続してコーナーキックを蹴っていたので、武蔵野が押しているように見えたのですが。


160716給水タイム?


途中、珍しい光景も見られました。給水タイムでしょうか。

前半は、1-0で折り返し。このまま行けばいいのですが。相手の動きが全体的に良いので、少し不安な面もあったのですが。


160716後半開始


後半開始時は、ソニー仙台のゴールの裏で見ていたので、武蔵野のゴールシーンを間近で見られることを期待していたのですが。

その期待は、完璧に裏切られました。
後半早々、警告二枚で退場者を出したとはいえ、あまりにも一方的な展開。武蔵野がゴールに迫るシーンはほとんど無し。

一点目は、こちら側から(つまり、ソニー仙台側から見て)右サイドを見事に崩され、見事なセンタリングからゴール前できれいに合わされヘディングシュート。しかも決めたのは交代したばかりの選手。

二点目は、左側のコーナーキックから、これまたゴール前でみごとに合わされヘディングシュート。

三点目は、サイドからまたまたヘディングできれいにあわされそうになったところを後ろから倒してしまいPK献上、これを決められてしまった。

いくら退場者を出したとはいえ、これほど一方的な展開になるとは。
完敗です。


次に西が丘で開催するゲームは、私は観戦することができるので、それまでには何とか立て直してほしいです。

その前に、明日の八戸戦か。アウェーだし。強いし。でも何とかしないと。





160716看板が変わった


武蔵野FCも、この看板のように、変わることができるだろうか。


フットボール批評issue10/カンゼン
¥1,242
Amazon.co.jp
(100年後、武蔵野はビッグクラブになっているだろうか。それとも、10年後に、いや、そんなことはない)


<文中敬称略>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-16 22:14:58

武蔵野からJリーグへ

テーマ:観戦(武蔵野)


今日、仕事を終えると同時に、職場から直接、自転車で西が丘へ行ってきました。


東京武蔵野シティFC vs ソニー仙台


結果は、、、思い出したくない。




160716武蔵野から




本当に、Jリーグ入りなんて、できるんだろうか。


争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール/集英社インターナショナル
¥1,620
Amazon.co.jp


こういう本を読むと、Jリーグがすべてじゃない、ような気もするし。


サッカー批評(55) (双葉社スーパームック)/双葉社
¥1,008
Amazon.co.jp


この時は、クラブ関係者自ら「Jリーグがすべてじゃない」と語り、雑誌には「第三の路」なんて書かれていたし。



フットボール批評issue10/カンゼン
¥1,242
Amazon.co.jp


この時は、私を狂喜させるようなことをクラブ関係者が述べているのだが。
数十年後、どうなっているのやら。



ゲームの内容など、今日の詳細については、もう遅いし、明日も仕事なので、後日また改めて書かせていただきます。

おやすみなさい。


<文中敬称略>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-12 00:49:42

あまりの低投票率に

テーマ:日記


先の日曜日に投開票が行われた参議院選挙。

私は、当日は仕事のため、事前に期日前投票を済ませていました。

今、いろんな選挙関連のニュースを見て感じるのですが、結果云々以前に、国民の半分しか投票していないなんて、これがはたして選挙と言えるのかな、その選挙自体に正当性があるのかな、などと考えてしまいます。

先の総選挙でも感じたのですが、地域や個々人の諸事情によって、こんなにも結果が違うのか、と思い知らされました。

サッカー本って、本当にいろんな本があって、人権について人生について深く考えさせられる内容の凄い本もあるんです。

先々週、昼休みに読んでいた

争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール/集英社インターナショナル
¥1,620
Amazon.co.jp

この本を、選挙結果を眺めながら、ふと思い出しました。

一人でも多くの国民が、少しでも人権について考えることが増えたら、少なくとも半分しか投票しない選挙なんてことはないと思うのですが。



<文中敬称略>



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-29 05:33:15

人生は可能性に満ちている

テーマ:サッカー


先日、金曜日の午前中に放送している、J-WAVE『JK RADIO TOKYO UNITED』の中のサッカー・コーナー『WORDS FROM THE FIELD 』で、奇跡の初優勝を遂げたイングランドのレスター・シティの監督、クラウディオ・ラニエリについて語られていました。


しかしながら、以前、読んだことのあるサッカー本、


監督力―サッカー名将の条件/西部 謙司
¥1,512
Amazon.co.jp


この本の第6章とは、少し趣きが違うような気がしました。

ラジオでは、チェルシー時代の監督の采配が不評だったみたいなことが語られていましたが、この本では、じつはこれまでも苦労人で、チェルシーに来てからも、突然オーナーが代わって、いろいろと苦労が絶えなかったとか。サポーターには支持されていたそうなのですが。

見る角度によって印象は変わるものなのか、それとも論評の対象が違ったのか(ラジオでは、主な内容はもちろん、レスター初優勝に関することでしたから)。

それにしても、もしラジオの内容が本当なら、すごいことです。日本だったら定年間際の年齢にあたる男性が、自分のこれまでのやり方を変えてまで勝利に向かって邁進するとは。

人は、いつでも変われる、やり直せる、そんな感じがしました。


~~~引用始め~~~

「私は、今の仕事が好きだし、このチームを率いることができてとてもハッピーだ。自分の情熱を チームに注ぐことができる。こんなに幸せなことはない。そして、私は こう思う。人生は可能性に満ちている。」

~~~引用終わり~~~


<文中敬称略>

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-05-26 07:21:04

たった今、J-WAVEで町田ゼルビアが

テーマ:日記



たった今、J-WAVE で、町田ゼルビアが紹介されている。



出勤直前なのに、オレは何を書いているんだ。


FC町田ゼルビアの美学―Jリーグ昇格を勝ち取った市民クラブの挑戦/佐藤 拓也
¥1,296
Amazon.co.jp



武蔵野FCも、いつかこういう日がくるのだろうか。

(ユースチームは先日勝ったんだけどね)

<文中敬称略>


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-24 21:52:45

あの超有名人がテレビNGだったとは!

テーマ:サッカー







昨日の昼休みに

ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏 (角川SSC新書)/KADOKAWA / 角川マガジンズ
¥価格不明
Amazon.co.jp




を読んでいたら、驚愕の記述が目に飛び込んできた。


~~~~引用始め~~~~


 20年前の1994年、カズのセリエAへの挑戦となったジェノア移籍をきっかけにして、フジテレビ系で海外サッカー番組『セリエAダイジェスト』が始まった。司会は、当時のJ-WAVEの人気DJジョン・カビラ氏にお願いした。テレビには出ないというポリシーを持つ彼を約2年間かけて口説き落としての起用だった。理由は、海外サッカーを紹介する番組なので、外国人プレーヤーなり監督、あるいは関係者が多数登場するからだ。彼は、バイリンガル、しかもハイレベルな英語の使い手であった。加えてラジオで鍛えた心地よい声音と迫力ある声量と、これ以上のパーソナリティはいないと思い、ラブコールしたのだ。


~~~~引用終わり~~~~


あの、ジョン・カビラが、ミスターむむっ!の川平慈英のお兄さんが、テレビ出演NGだったとは!


日本の、いや世界の、秘められた歴史を発掘したような心境になりました。
(いや、おおげさすぎますね)


ただし、最後に、一つだけ。
『当時の人気DJ』と本の中にありますが、この著者は、わかってない!
今もJ-WAVEで看板番組のMCやってますよ!
今も人気DJですよ!
毎週、絶叫してますよ!
金曜午前の、JK RADIO TOKYO UNITED を聞いていないのか、この本の著者は。サッカー情報もいっぱいあるし。

ちなみに、JKとは、女子なんとかの略じゃありませんからね。
もちろん、



<文中敬称略>


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-06 21:46:09

自分で仕事をつくるのか

テーマ:サッカー




今週の昼休み、

頑張る時はいつも今 ドイツ・ブンデスリーガ「日本人フロント」の挑戦/双葉社
¥1,404
Amazon.co.jp



を読んでいました。


これまで、サッカーにまつわる職業について書かれた本を、何冊も読んできましたが、それらとは、おそらく一線を画すかもしれない本だと思います。

いや、これまでサッカーにまつわる職業について取り上げた本にしても、何もないところからそういう分野の仕事をゼロから作ってきた事例も挙げられているから、必ずしも一線を画すとは言い切れない部分もあるかもしれないが。


しかし、ですね。
異国の地で、自分にしかできない仕事を、役職を、自分でゼロ、いやマイナスとも受け取れる状況から作り上げていくなんて。

読後も、いろいろな思いが頭の中を駆け巡っております。


<文中敬称略>



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-04-30 21:32:11

復活?南北多摩合戦、武蔵野FC対町田ゼルビア

テーマ:観戦(武蔵野)



今日は久しぶりの休日だというのに、朝から用事で他に何もできず、出先から


160430知らない道

今まで通ったことのない道を自転車で激走したものの、道に迷い、横河グラウンドに到着した時は、もうゲームは始まっていました。

私が今日、観たゲームは、

東京武蔵野シティFC vs FC町田ゼルビア

えええ!
むむ!

なんて驚くのは、
いや、本当は、驚いてみたいんですが。
じつは、トップチームのゲームではなくて、U-15のリーグ戦の一つ。

横河グラウンドには、


160430武蔵野の誇り

こんな、思わず歓喜の雄叫びを挙げたくなるような横断幕が掲げられていました。

しかし、一方で、驚くべきことに、ここは武蔵野なのに、


160430MEF

MACHIDA ENJOY FOOTBALLと書かれた横断幕が。

さらに、その両側にも、何か掲げられていましたが、それも町田ゼルビア由来のものなのでしょうか。
さらにさらに、観戦中、町田ゼルビアの大きな旗を振っているサポーター、いわゆるゼルビスタの姿も。

それにしても、今日観戦に訪れて、改めて感じたのは、武蔵野FCって、下部組織は超一流なんですね。プレーぶりを間近に見て、そう思いました。
観戦中の武蔵野サッカー少年たちが「なんか入りそうな気がする」とつぶやいていたら、本当にコーナーキックからヘディングシュートが見事に決まっているし。
今、私は、下部組織なんて言いましたが、下部も上部もないですね。本当に久しぶりに中学生年代のゲームを観て、いろいろ考えさせることがありました。


フットボール批評issue10/著者不明
¥1,242
Amazon.co.jp

この雑誌の、武蔵野FC理事長インタビューをまたまた思い出しちゃいました。





160430武蔵野チラシ
(グラウンド入口には、チラシが置いてありました。当日、私は仕事で行けませんが、勝ってほしいです)


<文中敬称略>



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-26 18:42:15

武蔵野もこういう時代が来るのだろうか

テーマ:日記



今日は休日なので、


150211コピス吉祥寺


ジュンク堂吉祥寺店で、本を買いました。
(サッカー本ではないのですが)


その時、別の階の、サッカー本売り場にも行ったのですが、

FC町田ゼルビアの美学―Jリーグ昇格を勝ち取った市民クラブの挑戦/佐藤 拓也
¥1,296
Amazon.co.jp

こんな本や、




松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン/宇都宮徹壱
¥1,728
Amazon.co.jp

勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ/元川 悦子
¥1,620
Amazon.co.jp

こんな本たちが並んでいました。



かつて、横河武蔵野FCと同じリーグで戦っていた(そして、その対戦も私は観戦していますが)FC町田ゼルビアや松本山雅FCが、今や、こうやって、単行本が刊行されるくらいのクラブに成長している。


東京武蔵野シティFCについても、かつて私がメルマガでも取り上げた

トーキョーワッショイ!―FC東京99‐04REPLAY (サッカー批評叢書)/後藤 勝
¥1,646
Amazon.co.jp


この本のように、いつの日か、武蔵野FC本が出る日が来るのでしょうか。

いや、来てほしい。



組織(チーム)で生き残る選手 消える選手(祥伝社新書)/祥伝社
¥842
Amazon.co.jp

<文中敬称略>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-23 21:47:53

久しぶりに発行しました

テーマ:ブログ



大変申し訳ありません。

およそ、四か月ぶりに、配信しました。


メルマガ『サッカーを読む(フットボール書評)』第191号を。


FCバルセロナ (ちくま新書)/筑摩書房
¥799
Amazon.co.jp







内容としては、最近、ブログに書いていたことの延長です。

メルマガで書いたとおり、これからも、自問自答してきます。

<文中敬称略>



P.S.ブログを書き終えた後、なんかおかしい内容(悶々ととか、自問自答とか、なんか変ですよね?)だなと思ったのですが、まあ、いいか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。