久々に料理をしました。といってもカレー作っただけなのですが、なんとなく検索してみたらこんなページが。
「webカレー部」
レシピを見てびっくり。みんなイロイロ入れるんですね~。
そういえば、中学校のとき、林間学校でカレーの具についていろいろ揉めた記憶があります。カレーも家庭の味なんでしょうか(笑)
ちなみに、今日はチキンナスカレー。隠し味にはチョコレートとりんご♪ ナスは食べる直前に軽く炒めて入れるとサクサクしておいしかったです♪

しかし、いい加減えぇ歳してるんやし、カレー以外に作れるものも増やさないとな、と最近「590 家政学」コーナーが気になって仕方がありません。
そんなわたしが見つけたのが『調理以前の料理の常識』という本。
調理器具のことから食材の切り方、そして基本的で一般的な料理の調理法(卵焼きとか)なども乗っています。
著者: 渡辺 香春子
タイトル: 調理以前の料理の常識
レシピなんかで「塩少々」なんて言われても料理したことのない人間にはわかりません。
「○○切り」って言われたってどう切るのかわからないんだってばっ!
ふふふ、何を隠そう、先日マーボーナスを作ったときには「短冊切りって、どう切るんだった…?」と真剣に2~3分悩みましたわよ、ワタクシ(爆)
な、情けな……っ(--;;
家に主婦がいると仕事から帰ると食事できあがってるんですよネ。お弁当くらいしか作らないので(しかも晩のおかずつめるだけ)、卵焼きくらいしかまともに作る機会ないんですよネ……(言い訳)
お菓子は作るんだけどなぁぁぁ。

そんな「料理ってどうやってするの?」みたいな人にオススメです。
ただ、この本は入門書ではありますが、料理の解説本という趣が強いです。単純にレシピを知りたい方にはあまりオススメできません。
カラー写真で手順が載っている本がいい、という方も多いと思いますし。
わたしが密かに欲しいな~と思っているのはこの本。でも厚くて重いのでちょっと考え中。値段もちょっと重いです(笑)

著者: NHK出版
タイトル: 決定版!家庭料理 みんなが知りたかった定番料理のすべて
AD