今年は風邪を2回ひきました。
2回です。
しかも今年。
まだ3月中旬なのに。
なんか集中力ないなぁ、と思って仕事帰りに病院行ったら39度近くありました。
鼻が詰まってるからだと思ってました……。

おまけにパソまで伝染病に。
ルーターが逝ったのが悪かったんですね。
直につなごうと無茶させたら起動しなくなってしまいました。
仕方なく再インストール。
バックアップなんてとっている暇がなくて。

ああ、惜しいことしたなぁ、書きかけの記事いっぱいためてたのになぁ。
本関係じゃないものばっかりですが(爆)
ここを閉じて新しく作り直そう! とたくらんでいたのに、その記事全部ぶっとびました。
悪いことは考えるなっつぅことでしょうか。

さて、もう今年の4分の1になろうかとしているのに今年初の記事です。
そんな記念すべき今年の1冊目はその名も『関西図書館マップ』。

ついに関西の図書館を紹介した本が! とドキドキしたものです。
公共図書館だけでなく、大学図書館まで網羅していると紹介されており、超期待です。
ところがある日、本を回収するというお知らせが。
「発見しました! これがウワサの例のアレですっ!!」
思わず見計らいで見つけた本をみんなでまわし読みしちゃいました(笑)職員さんはさすがに図書館通いが好きなようで、地元の図書館などに対して厳しいツッコミをしていました。
私がいま働いている館も前の館も微妙に誤解を受けそうな書き方がされています。地元の図書館もなんか違う。

出版元のHPで発見しました。
http://www.sogensha.co.jp/page03/a_a/oshirase.html
『一部に誤りが』とありますが、ぱっと見た感じ、とても一部とは言えない内容の様子。
府立に市町村図書館から相談がたくさんあったようで、出版社に問い合わせたところ、筆者は掲載している全部の図書館にデータの確認をしていないらしい、という答えが返ってきたそうです。

え~、なんじゃそりゃあ!?
それならインターネットで自分で調べたほうがいいじゃん! 1260円も出して間違った情報だなんて!
回収になるくらいだからよほど問い合わせが多かったということなんでしょうね。

そういわれてみれば、ぱらぱらとめくっただけですが、見るページ、見る記事ほとんどに「~~だろう」という表現が見られました。
それって、逃げ口上なのか、それとも筆者の書き癖なのか。

実際の図書館を知っているからこそツッコミがいれられるんだし、間違いも指摘できます。でも知らない人は?
貸出冊数など一番基本的な部分が間違っている館もあるそうです。
この本の間違った情報を信じてやってきた人は筆者じゃなくてカウンターのバイトさんに噛み付くんだろうなぁ…。

最近はインターネットで簡単に情報が手に入るため、それをまとめて本にしちゃったりすることもあるそうですね。
一昔前だったら事前に掲載許可を求めてきていたのに、いまでは気づいたら新聞に載っていたりすることもあるようで。
それが正しい情報ならいいです。でも、さも「実際に見てきました!」という感じで誤った情報を掲載されると図書館を利用する人間にとっても、図書館を運営する人間にとっても、不利益が生じます。

インターネットで手軽に情報収集できる世の中になったとはいえ、まだ情報ソースとしてインターネットよりも図書のほうがより確実なものだとされています。
その図書で間違ったことを書かれると職業柄とても困るんですケド。
ネットも図書も信頼できないとなったら何を信じて情報提供すればいいんだか。

誰でも手軽に情報提供できる世の中になりました。
しかし、何を信じればいいのか、何を基準にすればいいのかよくわからない世の中にもなったように思います。

こんな風に記事を書いていますが、私だって「実際に調べてないらしい」っていうのは又聞き(しかも間に何人入っていることやら)ですからね。
本当はちゃんと調べていらっしゃるのかもしれません。手元に現物がないので注意書きがあるのかどうかもわかりません。
ですから、この記事が間違っている可能性だってあるわけです。
悪気があろうとなかろうとこの記事を発信した瞬間、世界に噂が広まることになる。
回収されたのは事実ですが、筆者にとっては不都合な記事であろうことは間違いでしょう。
しかし、事実の有無はどうであれ、判断するのは読み手なのです。

全部は飲み込めない、でも嘘とも言えない。そんな情報をどう処理すればいいんでしょう。
個人としてなら私だけの問題ですみます。しかし、司書として情報提供する際、どうすればいいのか。
今一度じっくり考えてみなくてはいけない問題だと思いました。
書かないと忘れる。というわけで、記事にしてみた次第です。
パソコンの変換機能がまだ私色に染まっていないので、慣らしっていうのが本音なんですが(爆)

そういえば何年か前に流行ったなぁ「自己責任」。
いまテレビでダイエットについてやっているんですが、こういう情報も何を信じていいのかわからない代表例かもしれませんね(笑)

誰か実際に買った人いないかなぁ。
まだ回収されていない本屋があったらちょっと買ってみたい。
全部まわってツッコミ入れてみたぁぁぁい(爆)
いや、筆者には大変失礼かもしれませんが、こんなオイシイ図書館ネタそうそう転がってないですよ!?
大阪人としてツッコミいれて楽しみたいですよ、個人的に。
あくまで個人的にこっそりと、己の笑いという満足感のためだけに!(笑)
アレです、大阪人流の愛情表現ってヤツですな(笑)

見習い司書もあと1年。
そろそろ進路について真剣に考えないといけない時期なんですが、図書館ネタだけは一生困らないような気がする気がします。
やっぱ図書館本当に好きなんだなぁ、自分(苦笑)
もう一度図書館学勉強しなおしたいなぁぁ。

それではみなさま。またの更新でお会いできるといいですね~♪
AD