マイブック

テーマ:
年の瀬も近づいて参りました。
今日が仕事納めでしたが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
予想を裏切って、年内もう一度更新です。
非常に珍しいことに、予告通りの『マイブック』の紹介。

新潮文庫の1つで、中身は空です。
いや、ホントに空っぽ。ただ日付が入っているだけ。
いわば日記帳の一種ですね。
最近は角川などでも同様のものがでているので、本屋好きの方ならご存じでは?
「新刊か?」と思い手に取ると中身は真っ白という罠(笑)

私はこのノートに読んだ本を記入しています。
今年読んだのは200冊強、かな?(マンガは除く)

2000年から買っているので今年で6冊。来年のは表紙のにゃんこのかわいさに負けて角川に浮気しちゃいましたケド(^^;
だって~、アランジアロンゾが書いてるんだもの~~!!!←2005年マイブーム大賞ノミネート作家(笑)

マイブック―2006年の記録

何が面白いって、表紙を空けてびっくり、表題紙のタイトルの下には「    著」と。
そう、自分の名前を書く欄があるのです!
始めて見たとき、とてつもない衝撃を受け、その場で買いました。
でも一番の衝撃だったのは巻末に「本書の使い方」があったこと。
使い方がないとわからないのか…?
新潮さん、ときどき面白いことしでかしてくれます。

ちなみに、奥付にもカバーを外せば背にも、著者名に自分の名を書き記すことができます。

文庫の1ページが1日分。
このサイズの広さがあると何を書くにも十分。
私は横書き派なので上半分を日記(主に愚痴(笑))、下半分を読んだ本、というような感じにしたり、福袋やバーゲンの戦利品書いたり、ブログには書けないようなことを書くことが多いです。
一番多いのは母とケンカした話ですけどネ……。

もうすぐ年が明けます。
新年になると「今年こそは日記を書くぞ!」と思われる方も多いのでは?
そんな方にオススメです。400円程度と日記帳買うより安いですしね(笑)

◆こっちは角川「マイメモリー」
memo2006 マイメモリー文庫


それではみなさま、寒いですがどうぞお体を大切に。
よいお年を♪
AD