26日午前7時半ごろ、大阪府大東市住道のJR片町線住道駅で、停車中の西明石発京田辺行き普通電車がドアを開閉する機器に異常信号を示したため、JR西日本は運転を取りやめた。乗客約600人にけがはなかった。JR西日本が原因を調べている。

 このトラブルで上下計9本が運休、14本が最大14分遅れ、約1万7千人に影響した。

【関連記事】
JR西の社員が変死 脱線事故追悼慰霊式の会場
JR脱線事故5年 兵庫県尼崎市で追悼慰霊式
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から
高架下でトラック立ち往生 大阪環状線、ダイヤ乱れ5万7千人に影響
無法「撮り鉄」撮られてた!大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<久喜市議選>みんなの党公認候補がトップ当選(毎日新聞)
向精神薬、生活保護者に入手させネット転売(読売新聞)
<雑記帳>24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
都市再生機構の規模縮減…事業仕分け2日目(読売新聞)
匿名ブロガーの性別・年代を判別 企業向けに分析サービス(産経新聞)
AD