アルノ 散歩デビュー

テーマ:

ワクチン2回目も先週に済ませ、いよいよ散歩デビュー。

事前にリードを付けてみると、やはりというか引っ張られるのが嫌で頑として動かない。

周辺は交通量も多いので、とりあえず富小路のNEST さんまでケージにて移動。


こちらは京都ならではの町屋ドッグカフェ。

とても落ち着いた雰囲気で、可愛いペットグッズも品揃えされています。

で、ちょっと大きいけどこんなヤツを購入。

裾を折らないととダブダブだけど、しばらくこれでガマンしろ。



ちょっと60年代っぽい?


ん、なんか不満そーやな。


さて、お店を出た後は、市役所の広場へ。

おー、なんかワンちゃんいっぱいいるよ。

しかも、セレブな感じのばっかやし、連れてるオバちゃんも。

んで、ケージから出してみる。

案の定、地面を嗅ぎまくって何か見つけたらすぐ口に入れようと。

もう、しばらくはヒヤヒヤ。


リードにからまり転げるシーンもしばしば。


この写真だと、ブロークンっぽく見えるね。

そして恐る恐る、広場の中心へ向かってみると。

ノーリードの犬が寄ってくる寄ってくる。

アルノはというと、まだ自分が犬だという自覚が足りないらしく、積極的も消極的もとれない態度。

まあ、ビビッて吠えたり噛み付いたりしないだけマシか。


ちょびっと腰引けてますね。お前も相手のお尻嗅ぐのが礼儀らしいぞ。

どうやら市役所は散歩のコミュニティができあがってるようで、みなさんお知り合いのようでした。

まだパピーとして大目に見てくれるけど、ちゃんと躾ないとダメですね。

飼い主にもちと試練です。

そして帰りは、オヤツで釣りながら人の多い寺町通りを通ってみる。

こいつ、人間には愛想がとっても良いのと、まだ極チビなこともあって、

50メートルおきくらいに犬好きな通行人に話しかけられ、愛想をふりまく。

中には記念撮影される女性までいて、ちょっぴりうらやましかったり。w


驚いたのは声を掛けてくれる人の多くが、「ジャックラッセルテリアですよね?」って口にすること。

案外、有名な犬種なんですね。



そんなわけで短時間でしたが、アルノにとっては大きな冒険だったのでした。

今度はお昼にどっか行こうね。


自分の足で歩いた世界はどうでしたか? アルノくん。




AD