Suzuki Goose

テーマ:

hamalogさんに呼応しましょう。


実は大学卒業の時、この会社に内定を頂いていました。

hamalogに書いてあるGooseという思い切ったモデルを、当時発表したばかりで、

その姿勢に感銘を受けたのが、応募した大きな理由だと記憶しています。

(結局内定はお断りすることになりましたが。人事担当の方、すみませんでした。)


タイトル未設定


当時の僕はシングルバイクしか頭になく、どのメーカーがピュアスポーツシングルを

発売してくれるのかと首をながーくしていたものです。


ヤマハにSRXという名車がすでにありましたが、スポーツバイクではあるものの、

ピュアスポーツとは根本的にコンセプトを異にするものでした。

またホンダにも、今も所有しているGBがありましたが、SRの二番煎じという格好で、

ハイメカエンジンはともかく、スポーツバイクとは程遠いものでした。


そこにGooseの登場です。

フルカウルのスタイリングとはいかなかったものの、

随所にシングルマニアを喜ばせるツボを持っていました。


350という排気量は、マンクスなどヴィンテージレーサーのそれをなぞったものですし、

「グース」とはそのマンクスの由来であるマン島の、グースネックコーナーに由来しています。

当時Gooseの広告では、このコーナーの写真が使われていました。


このようにバイクレースの歴史を引用しつつ、一方で倒立フォークやサイレンサー別体の

マフラーなどの当時のトレンドも盛り込んだ、シングルとしてはエポックなモデルでした。


ただし、一点だけ僕が気に入らなかったのは、バイクのフォルムでした。

これは主観の問題ではありますが、当時クラブマン等の雑誌で、

外装をかっこよくしよう的な企画があったので、やはり評価は低かったのだと思います。


テールカウルがほんの少しだけ細かったら、素直に就職してたかもしれない。w


でも、ユーザー視点を持ったホントに良いメーカーだと思います。

最近のDRZモタなんて、その代表例ですよね。




AD