アフィリエイトなら【A8.net】 お名前.com 現金がどんどん貯まるオンラインモール

 

第15回 アレルギーは皮膚から?お肌のバリア機能とアレルギー

  

 

 アレルギー。美容にも大敵で、悩まされている方も多いと思います。花粉、そば、ピーナッツなどアレルギーの要因は様々ですが、近年、アレルギーを抑える体内の免疫システムが、かなり明らかになってきたことで、アレルギーが治る可能性が出てきたようです。

 そこで、今回は、美容という観点から、最新アレルギー対策法について、お話します。

 

 

制御性T細胞(Tレグ)とは

 

 NHKのアレルギーについての番組で言っていましたが、アレルギー患者がほとんどないと言われているアーミッシュという民族について、血液を調べたところ、制御性T細胞(Tレグ)という免疫細胞が普通の人を35%上回っていたとのこと。

 

 このTレグは、人の免疫機能を調整する役割を持っていて、食事で入ってきた体に有害ではないタンパク質については、免疫細胞の攻撃を抑える仕事をしています。つまり、アレルゲンと言われる小麦、大豆、ピーナッツなどのアレルギーを引き起こす恐れのある食物でも、Tレグが正常に働いている限り、アレルギー症状を起こすことはないとのことです。

 

 逆に言えば、アレルギー症状がある人は、体内にTレグが少ないということです。(但し、体内の免疫システムは複雑で、Tレグだけが要因ではないとのことです。念のため・・・)

 

 そこで、Tレグを増やすための様々な治療法が開発されてきているのですが、やっかいなのは、Tレグは、万能ではないということ。つまり、そば専門のTレグ、ピーナッツ専門のTレグ、花粉専門のTレグというように、アレルギー物質ごとのTレグを増やす必要があるとのこと。また、3歳までが急速に増える期間とのことですので、もはや手遅れ・・・かも

 

 現時点では、決定的な治療法は開発されていませんが、かなり研究も進んでいるようですので、5年後、10年後には、アレルギーは治る病気になっているかもしれません。

 

 とは言え、美容を気にしている皆様方にとって、アレルギーは避けたいものですし、花粉症など既に症状のある方は、少しでも緩和したいと思われるのも人情です。

 そこで、医学的お話は専門の方に譲るとして、ここでは、スキンケアという観点から、アレルギー対策法をお話します。

 

 

アレルギーは皮膚から

 

 これもNHKの番組からの受け売りですが、赤ちゃんのころにピーナッツを食べていた子供は、ピーナッツを避けていた子供に比べて、ピーナッツアレルギーになる確率が極端に低かったとのこと。

 

 つまり、アレルギーになる前にピーナッツを食べていると、ピーナッツ用のTレグが生産されて、結果的にピーナッツに対するアレルギー反応が抑えられるらしいのです。な~んだ、そんなことで・・・という感じですが、これまでは、医学的にピーナッツは避けた方がいいと思われていたため、かなりの衝撃だったようです。

 

(筆者の独り言:米アレルギーになる日本人が増えてきたのも、食の欧米化でお米を食べなくなったのが原因なのかも・・・)

 

 ところが、この話には違う側面があって、赤ちゃんの時に、肌のかぶれ治療として、ピーナッツオイルやピーナッツオイル入りの軟膏を使っていた子供は、かなり高い確率で、ピーナッツアレルギーを発症しているとのこと。

 

 つまり、食べるとTレグは増えてアレルギーにならないのですが、皮膚につけるとアレルギーになるということのようです。どうやら、皮膚から侵入した異物は、人体の免疫システムの攻撃対象になりやすいようなのです。

 

 一般的に、人の皮膚には、ウイルスさえも侵入できない強力なバリア機能があるのですが、傷ついたり、皮膚が炎症を起こしたりすると、バリア機能が低下して異物を侵入させてしまい、この異物に対して免疫システムが過度の攻撃を仕掛けることで、アレルギー症状が現れます。

 

 前述のピーナッツオイルも、まさにかぶれ(炎症)により皮膚のバリア機能が低下したときに侵入したピーナッツのタンパク質がアレルギーの原因となったようです。

 

 余談ですが、犬のアレルギー症状は、かぶれ、かゆみなどの皮膚症状として現れます。ペットを飼ってある方は、日頃から観察して、早めに対処することをお勧めします。

 

※次回は、【第16回 アレルギー予防のためのスキンケア】です。

 

http://www.elegadoll.com/

 

AD