アフィリエイトなら【A8.net】 お名前.com 現金がどんどん貯まるオンラインモール

 

第13回 若く見えると長生きする?美容と寿命の関係

   

 

 先日、インターネットを見てたら、見た目が若い人ほど長生きするらしいとの記事を見付けました。確かに、生命科学的に考えても、【細胞が若い=長生き】と思いますので、一般的には、その通りかなとも思いますが、人の寿命は、様々な要因が絡みますので、今回は、美容(ほぼ生命科学ですが・・・)という観点から、長生きを考察してみます。

 

 

見た目年齢と寿命

 

 デンマークで行われた調査では、70歳以上の同性の双子を対象とした調査で、老けて見える方が早く死亡する確率が高いとの調査結果がでたとのこと。双子なので、本来は見た目に関係なく、確立50%だと思うのですが、どうやら、老け顔の人の方が早く亡くなる方が多かったとのことです。

 

 研究チームでは、染色体も同時に調査した結果、早く亡くなった人は、長生きした人よりも【テロメア】が短かったとも報告しています。

 

 ここで、突然、テロメアなる新語が出てきましたが、生命科学の世界では、以前から話題になっていた言葉で、細胞の寿命と重要な因果関係があるとの報告がなされています。

 

 テロメアは、DNA(遺伝子)の染色体の末端に、クルクル巻の尻尾のようについている物質で、染色体を守る役割をしているのですが、細胞分裂を繰り返すと、次第に短くなって、やがて細胞が分裂しなくなる(細胞が死ぬということ)なんて機能もあるようです。

 

 前述の早く亡くなった方のテロメアが短かったとの報告は、テロメアが人の寿命にも影響していることを示唆しているのかもしれません。

 

 ちなみに、テロメラーゼという酵素は、テロメアを修復する機能があります。長生きされたい方は、テロメラーゼを増やすと良いかもしれません。(※ガン細胞は、テロメアが短くなりません。つまり、ガン細胞は、いつまでも死なないということ(細胞の不死化)。恐ろしい・・・)

 

 追記)見た目年齢は、身体機能や認知機能にも関連しているらしいです。

 

 

長寿美容法?      

 

 見た目年齢が寿命に関係があるとすれば、美容は、美しくなる以上の大きな意味を持つことになりますが、メークアップに頑張って若く見られたとしても、寿命的には意味がありませんので、基本はやっぱり健康的な生活習慣とスキンケア! お肌ピチピチ、しみ・しわ・くすみのない若々しいお肌作り(リターンエイジング)を目指しましょう!

 

 ここまでくるとわかると思いますが、「見た目年齢が若い = 健康的な生活 = 長寿」という図式が成り立ちそうです。ある意味、当然と言えば当然の話ですので、前述の研究成果は、それほど驚くことでもなさそうですが、漠然としていたイメージを数値化して裏付けたこと、見た目だけで健康状態が推察できるということが証明されたという点において、一般の方にも恩恵のある研究だと思います。(生命科学的には、テロメアなどの調査が役に立ちそうですが・・・)

 

 ということで、長寿美容法を掻い摘んでお話しますが、健康的な生活や理想のスキンケアなんて話は、ほかのブログに任せるとして、ここでは、テロメラーゼについて、考察します。

 

 テロメアを修復し、細胞を不死化させるほどの能力を秘めているテロメラーゼ酵素(エンザイム)ですが、実は、どこにでもあるありふれた酵素でして、動物や植物などのほとんどの細胞に存在します。

 

 但し、いつでもあるわけではなくて、必要な時に必要なだけ供給さてるような仕組みになっているようで、その生産量も必要量に応じて、生産調整されているとのこと。

 つくづく感心させられる体の仕組みですが、問題は、このメカニズムに異常が発生したときです。

 

 一般的には、高齢化するとテロメラーゼは減少して、最後は細胞が死を迎えるのですが、何かの理由で細胞がガン化すると、テロメラーゼがガン細胞内だけで急激に増えて、細胞は不死化します。死なない体となったガン細胞は、どんどん増殖を続け、やがては・・・

 

 ということで、ガンにならずにテロメラーゼを増やすのが、最も理想的な美容法ということになります。

 

 食事に関しては、生野菜、お刺身、生肉(法律で許されているもの)を食べると、結果的にテロメラーゼを摂取することにはなりますが、これが体内でどのように吸収され細胞まで届いているかは、まだ謎のままですので、とりあえず信じて食べ続けるしかありません。(信じていれば、プラシーボ効果(偽薬効果)で、効き目があるかもしれません。)

 

 とは言え、生野菜や魚などは、体内の免疫機能を高め、ガンを抑制する効果は証明されていますので、その意味においては、重要な意味があります。

    

 食べても効果が未だ不明のテロメラーゼ酵素ですが、経皮吸収(皮膚から浸透)の仕組みを使って、お肌の細胞に直接届けることは可能になるかもしれません。(但し、これも、科学的に証明されているわけではありませんので、あくまでも可能性としてのお話です。)

 

 テロメラーゼは、生きた細胞内に存在する酵素ですので、生きたまま(酵素活性が失われていない状態)お肌から浸透させるのがいいと思われます。一般に酵素は、タンパク質を基質としているため、熱に弱い上に、酸化して変質しますので、酵素活性を目的とする場合は、冷蔵密封保存など、多少面倒くさい管理が必要です。

 

 巷には、酵素入り健康食品や酵素入り化粧品などが市販されていますが、そもそも数万種類ある酵素のうち、どの酵素が入っているか表示されていませんので、それらの商品にテロメラーゼ酵素が含まれているかはわかりません。

 

 また、多くの場合、活性を失った酵素(生きていない酵素)になっています。

 

 ということで、現時点では、なかなか本物を手に入れるのは難しいのですが、アメリカでは、テロメラーゼ入り健康食品やテロメラーゼ入り化粧品が発売されているらしいです。興味のある方は、探してみてください。

 

 皆様のご検討を祈念しております。

 

 

 

http://www.elegadoll.com/

 

AD