北新地 丸鶏屋

テーマ:
11月7日にオープンしたばかりのお店

「北新地 丸鶏屋」で特製タッカンマリ鍋を頂きました。

【タッカンマリ鍋】とは?(お店のHPより)
丸ごとの鶏一羽を、特製コラーゲンスープで炊いた鍋料理です。
タッカンマリは、別名『白熱』(ペクスク)=水煮と言います。
ですので、日本で言うところの水炊きという事です。
辛いものが沢山ある韓国料理の中でも、タッカンマリは
まったく辛くない料理。鶏一羽を、目の前で豪快に
ハサミでジョキジョキと切り特製秘伝のタレにつけて食べる、
鶏を最大限に楽しめる料理です。
本場韓国では、じゃがいも・ネギのみというシンプルさですが、
丸鶏屋では途中で、ここに白菜・もやし・きのこ等を加え、
野菜もたっぷりと食して頂けます。最後は、
コラーゲンたっぷりスープに「うどん」「ニラ焼飯」で〆!!
鶏から出た旨みスープを、最後の一滴まで堪能しつくして下さい。


堪能させていただきました「タッカンマリ鍋」がこちら↓
(火にかける前)
北新地 銀座 夜の街を極める

アップで↓
北新地 銀座 夜の街を極める

少し火を通すとコラーゲンが溶けスープに↓
北新地 銀座 夜の街を極める

生ニラをトッピングした酸味のある秘伝のタレにつけて食べる↓
このタレ、癖になります。
北新地 銀座 夜の街を極める

とろとろのスープ↓
北新地 銀座 夜の街を極める

更に野菜を投入↓
北新地 銀座 夜の街を極める

〆はニラ焼飯↓
北新地 銀座 夜の街を極める

北新地 銀座 夜の街を極める

淡海地鶏の刺身
北新地 銀座 夜の街を極める
淡海地鶏とは
フランス原産の地鶏と日本在来鶏種から生まれた、気性の激しい身軽で強靭な肉体を持った地鶏。「毎日でも食べられる癖の無い旨い脂と適度な歯ごたえ」がモットーの淡海地鶏に仕上げるたも飼育期間を平均120日とする事で旨い脂と肉の味の濃い地鶏に育てた。「かしわの川中」





北新地 丸鶏屋

大阪府大阪市北区堂島浜1-1-18 堂浜ビル1F
06-6347-5588
営業時間:18:00~24:00(L.O.23:00) 
定休日:日・祝 



AD

コメント(18)