2006-04-01

ザ・ジョージアンクラブ

テーマ:一軒家レストラン
☆☆
27.0        

外観
4.5
エントランス
4.0
ウェイティングルーム
5.0
ダイニングルーム
5.0
化粧室
4.5
料理・接客
4.0

【外観】

英国ジョージ王朝形式でまとめられた白い洋館。
この様式を再現するために、

イギリスからも建築家とインテリアデザイナーをよび、

約10年の歳月をかけ完成させたそうです。

女性なら誰もが憧れ、

そしてお姫様気分が味わえるレストランとしても有名である。


ジョージアン・クラブは、六本木通りから少し入った住宅の間に建っている。

夜はライトアップされてるため違和感は感じませんが

昼間改めて見てみると、

白亜の洋館が少し浮いているようにも感じられる。
建物側面  建物正面  エントランス



【店内】

扉を開け中に入ると

正面にはダイニングへ行く扉。

右手にレセプションとバー(ウェイティングルーム)

左手に化粧室と階段がある。

レセプションでコートを預けた後、

隣にあるバー(ウェイティングルーム)に通された。


ピンクを基調とした豪華な小部屋には、バーカウンターが設けられ

中では暖炉の火がともされている。

壁には絵画が掛けられ、高そうなワインやシャンパンが飾られている。


食前酒を飲みながら、暖炉の火がパチパチと鳴り響く。

かなりロマンチックである。



【ダイニングルーム】

暖炉の火を眺めながら優雅な時間を過ごしていると、

用意の方が出来たらしく、ダイニングルームへ案内される。
大きな扉の前に私達が立つと、

2人のスタッフが同時に扉を開いて、中に招待してくれる。

一気に開かれた扉の先には、

日本にいるとは思えない別世界の空間が広がっていた。


ダイニングルームは、1階と地下1階の2層吹き抜けの空間。
高い天井、左右にわかれた階段、大きなシャンデリア、
真白の壁には、たくさんの絵画や鏡が飾られている。


先に食事をしていたお客さんを見下ろす感じで

カーブを描いた階段を降りて席につく。

扉が開くたびに、下のお客さんの視線も感じる。

恥ずかしがりの2人なので、

ちょっと顔を赤くしながら、ゆっくりと歩いて席に着いた。


 2層吹き抜けの空間は、レストラン以外でもよく目にするが

 その多くは上部に開放的な空間があるパターンである。

 でもジョージアン・クラブの場合は、その逆で

 上のフロアーから見下ろす感じ(降りる感じ)で設計されている。

 私たちが不思議だと感じた要因(驚いた要因)は

 天井のシャンデリアと同じくらいの目線に立ったことも挙げられる。

 この意外だった設計に、2人して本当に驚いてしまった。



【化粧室】

化粧室は1階にある。

そのため食事中化粧室に行くにも、中央の階段を上ることになる。
つまり、行く度にみんなの視線を浴びてしまうのだ。
男性でもちょっと照れくさいです。



【料理・接客】

ランチ 5,775円 7,875円

ディナー 17,000円 26,000円


料理はクリスマスディナーをいただいた。
高級食材を使った色鮮やかな料理は、クリスマスの雰囲気にぴったり。
インパクトがある料理はなかったが、

どれも雰囲気に負けない素敵な味でした。


サービスについては、お客さんを楽しませようとする演出や雰囲気作りが感じられ、

私はワインのグラスについてソムリエと話したのですが、

グラスの違いを教えてくれたり、ワインの選び方を教えてくれたり

まじめな会話の中にもユーモアがあり、かなり楽しい時間でした。
  ・タスマニア産 フレッシュサーモンの軽いスモーク、

   北海道産 ポテトキタアカリ、マスカルポーネチーズとイラン産 オシェトラキャビア


  ・ランド産 鴨フォアグラとドライフルーツのマープル仕立て ポルト酒風味、

   アーティチョークとビターサラダ ヘーゼルナッツオイル風味ドレッシング


  ・青森産 帆立貝のポワレ、イタリア産 うずら豆とかぶらの煮込み添え
   モロッコ産 アルガンオイルノの香り


  ・五島列島産 糸よりとオマール海老のポワレ、ほうれん草のソテー

   赤ピーマンのクーリーとバジリコオイル


  ・グリーンシャルトリューズで香りをつけたグラニテ


  ・北海道産 蝦夷鹿のポワレ、クミンで香りつけたフルーツのチャツネ、

   トピナンプールのクリーム煮、トリュフを加えた赤ワインのソース


  ・自家熟成させた食べ頃のチーズ


  ・サフラン風味のクレームブリュレとオレンジのジュレ、キャラウェイのテュイル


  ・ピュア カライプチョコレートのガナッシュを詰めたラビオリフリット、

   カカオのソルベ シナモンのソースとナツメグ風味のリンゴのジュ


  ・マカロン


  ・珈琲、紅茶又はハーブティー

メニュー(表) メニュー(裏)




 ■ザ・ジョージアンクラブ 関連サイト

   ザ・ジョージアンクラブ(公式サイト)

   ホテル&レストラン喜怒哀楽

   レストランみてあるき

   美食探訪帳

   Gシェフ

   シティウェーブ



dinner:2002.12 photo:2005.5



ザ・ジョージアンクラブ

〒106-0031
東京都港区西麻布1-6-4(六本木)
TEL 03-5412-7177





豪華景品をもらっちゃおう!懸賞サイト「もらうねっと」

  5分以内に結果がわかる!!毎月簡単登録で豪華景品をプレゼント!!


アフィリエイト の JANet

  アメブロをやりながら、小銭を稼いでみませんか!!


  8800円のプレミアムディナー

  超おトクなXmasディナー。“恋に効く”レストランの特別席リザーブ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

restaurantさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。