パジャマお兄さんの欺瞞、怠慢、ルサンチマン

「ルサンチマン浅川」のブログ
最近では自伝的小説みたいな感じで毎日更新頑張っています!
目指せ書籍化!

3月(変更あるかもです)
10日 フライデーナイトライブ(エピタフ)
15日 右ハンドル(エピタフ)
18日 北野ツアーズ(ルサンチマン浅川)
21日 東洋太平洋秘宝館タイトルマッチ(ルサンチマン浅川)
26日 陸軍北野学校(ルサンチマン浅川)
29日 苦肉祭(ルサンチマン浅川)

テーマ:
前回の続きです。2000年10月下旬のある日の夜、僕の家の近所の「すかいらーく」で、吉尾とドリンクバーを飲みながら今後の計画について話し合っているところです。話は核心に迫っていきます。
「Mとのメールはまだ続いてるんやろな?」
と吉尾は僕に尋ねました。
「そのことなんやけどな・・・。」
「なんや?」
「前にも途中まで話したかもしれんけど、なんかよく分からなくなってきたんや。」
「分からなくなったってのはどういうことや?」
「実は、こないだ、こういうメールを送ったんや。」
と吉尾にメールの文面を見せます。
『僕は東京という街が本当に好き、これからもずっと東京で生きていくつもり!』
と書いていました。
「なんやこれ?何でこんなメール送ったんや?」
「いや、これはもちろんいきなり送ったんじゃなくて、この話に至る流れがあったんやけどな。ともかく、それに対するMさんの返信が、これや。」
と、もう一度吉尾に携帯を見せます。
『あたしは、自分が住んでる徳島が一番好き!ずっと徳島から離れたくないなあ⭐』
と書かれていました。
「…なるほどな。」と吉尾は言いました。
「多分な、多分やけど、これはMさんの嘘偽りのない本心やと思うんや!で、もちろん俺が東京から将来的にも一歩も離れたくないというのも俺の本心や!」
「まあ、そうやろな。」
「もちろんMさんのことは本気で好きやけどな、なんか、根本的なところですれ違ってると思いはじめたんや。」
「じゃあ、もう諦めるんか?」
「いや、諦めたくはないんや!せっかく楽しくメールする仲までなったんやからな。」
「じゃあお前は一体どないしたいんや!?」
と、吉尾は激昂しました。
「わからん!メールが来るたび、嬉しくなるのは間違いないんや!しかし、この想いが強くなればなるほど、葛藤が湧き起こってしまう。だから心苦しいんや!」
「いろいろ問題点はあるけどな、そもそも、最初からそうなることはわかっとったんちゃうんか?」
「それは…そうやけど。もし、もし仮にやぞ。諦めてメールするのをやめたらどうなるかな?」
「いや、そりゃ、『あれは一体何だったの!?』ってなるだろうよ。向こうだってお前の気持ちには気付いてるだろうからよ。」
「でもMさんには彼氏いるだろ!?だから、仮に俺がメールするのをやめたって、楽しい日常生活には何の支障もないはずや。俺が恥ずかしい思いをするのはまあしょうがないにしても、彼女に迷惑はそこまでかかってないはずや!」
「いや!それはそうかもしれんけど…。ってお前、メールやめようとしとるやないか!」
「いや・・・それは、その。」
「メールをやめるのは俺が許さん!俺だってお前のために骨を折って電話番号を聞いたんや!お前のその行為は俺のやったことも無駄にすることになるぞ。」
「それはそうやけども。」
「じゃあせめて、告れ!告白してふられたとかだったら納得できるから。」
「いや、この状況でふられたら、もう耐えられんかもしれん。というか、彼氏がいることが分かっとるのに、告白なんかできるわけないやろ!100パー無理だろ!」
「新撰組の土方歳三の『滅びの美学』や!お前が俺に教えてくれたんやろ。」
まさに、「男には負けると分かっていても戦わなければならない時がある。」という「滅びの美学」の精神です。代ゼミ時代の日本史講師が教えてくれた言葉で、当時の僕は非常に気に入っていて、吉尾にも教えてあげていたのです。まさか、ここでその話を使ってくるなんて。
「ちょっと、ゆっくり考えさせてくれ・・・。」
「よう考えてみろや。」
と言い、僕らはまたドリンクバーを飲み続けたのでした。
続く

PS…切ないですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。