kumaさんのWeblog

  ☆
     ☆
        レジンで作品づくりをはじめてもう28年。
          その間に身につけた知識やテクニックが
            みなさんのお役に立てばうれしいです。

   レジンでの創作について、日常や自然あそびについて書いています。



       悩めるレジンユーザーさんのお役にたてたらうれしいです。

            楽しみながらレジンについて学んでくださいね。



               ブックマークよろしくお願いします

NEW !
テーマ:

 

レジンフラワーブログの方で、アロマディフューザーの台座の型取りとレジンの流し入れの作業工程を、画像でご紹介していますので、ぜひご参考になさってくださいね。

 

かなり画像が多いですからスマホの方はちょっと大変かもしれませんが、レジンスクールかなんかでそのまま使えるほど詳細に解説していますから、レジンでの作品作りに興味のある方は見て損はないですよ。

 

 

 

 

本来でしたらこっちのレジンブログに公開する内容ですが、レジンフラワーで作るアロマディフューザーですから、ずっとレジンフラワーブログの方で公開してきましたので、その流れということで、お手数をおかけしますが、移動をお願いいたします。

 

アメージング スタイル ドライフラワーブログに見に行く

 

もう少しで完成です。

 

 

レジンフラワーブログとシンクロしています

 

 

AmazingのHPへ

 

Amazing Style DryflowerのHPへ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

デザインをする際に、あんがい邪魔になるのが 「作意」 というやつで、つまり作り手の意思・意志というものですね。

 

つまり 「この作品ではこういうことを伝えたい」 ですとか、「この作品には、こうこうこうした意味があるのだ」 などというやつで、最近は 「コンセプト」 などと英語にして、陳腐な作品になにやらあたかも崇高な意味や意義があるような印象を、強引にうえつけようとしているような気がしてしまって、「なに寝言を言ってんだか」 と鼻で笑ってしまう私ですが、この作意というやつが、デザインをする上で一番やっかいだと思っています。

 

私が作りたいのは、「見て美しい」 「さわって気持ちがいい」、ただそれだけです。

奇をてらったものは大嫌い。

 

 

自然の中に入りますと、作意ではなく、進化や環境という必然によって生み出されたデザインをたくさん見ることができます。

それこそ本当の美しさだと、私は考えています。

 

ということで、日曜日に妻と西丹沢の林道ハイクをしてきましたので、その時に収めたデジカメ画像を見ていただきましょう。

 

 

 

もうね、ウソがないんですよ、自然の景色にはね。

すべてが真実なんです。

人の手が加えられたところも、手つかずのところも。

 

 

 

 

この林道を歩くときに、必ず被写体になってもらう樹です。

この形、枝ぶり、そして背景の山々との構図が素晴らしいです。

 

 

 

 

 

私は、もし生まれ変わるなら樹になりたいと本気で思っているほど、樹々の美しさに魅かれます。

彼らの姿には意味があるのです。

 

 

 

 

 

たとえばこの樹の枝ぶりがちょっと変わっていますね?

下からすくうように枝がのびています。

 

今はありませんが、以前はこの樹の左前に、この樹に覆いかぶさるように枝を張った樹があったことを物語っています。

そのため、太陽の光を求めて、思いっきり横に枝を伸ばしたのでしょう。

 

植物は、フォトトロピンやフィトクロムといった、光センサーの役目を持つ色素を持っています。

そうした色素の働きによって、太陽の光がどちらから来ているのかを感知したり、自分よりも大きな植物がまわりにあることを感知することができるのですよ。

で、「だったらこっちに枝を伸ばそう」 と、生長するわけです。 そうした生長の過程が樹形に残るわけで、それを見てあれこれと空想するのが私は好きなのです。

 

 

 

 

 

そうした観点からしますと、この樹なんかはもう 「すくすくと生長しました!」って言っていますよね。

いいところに生えてよかったな。

 

 

 

 

 

もろい山の斜面に生えた樹の根には、まるで動物の動きを連想させるような、必死に斜面にしがみつこうとしているような生長の記録が残っていて、思わず抱きしめてやりたくなります。

もろい山の斜面なので、抱きしめに行くと滑落しますからしませんが。

 

 

 

 

 

枯れた樹の美しさはまた別ですね。

私は 「気高さ」 という言葉がすぐに浮かんできます。

 

種としての役目を終えた樹々は、やがて倒れて、朽ちて、さまざまな植物や虫、微生物の栄養分となり、分解された養分は雨水に溶けて川に流れ、川の生き物や植物の栄養素となり、そして海に流れ出て、海の生き物たちの栄養素ともなるのです。

 

まったくムダのないサイクルですね。 ムダなのは人間だけです。

 

 

 

ちょっとおまけです。

 

 

「オオバウマノスズカケ」 という植物の花です。

 

横から見ますとこんなフォルムです。

 

 

進化によって生み出された、デザインの妙です。

ここには 「作意」 などという、陳腐さは皆無ですね。

純粋に美しいです。

 

 

レジンフラワーブログとシンクロしています

 

 

AmazingのHPへ

 

Amazing Style DryflowerのHPへ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今、制作しています、「Striped Iceberg (縞模様の氷河) Resin Jewel (レジンの宝石)」 の元となる、積層成型が完了しました。

これをカットしていくわけですね。

 

全部で9層重ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重なったマーブル模様が、複雑な色と奥行きを出していますね。

どんな模様のレジンジュエリーになるのか、それはカットしてみなければわかりません。

 

後日、おおまかにカットしていく作業工程を、動画で見ていただこうと思っています。

硬いレジンが、スパッとカッターナイフでカットされますよ。お楽しみに。

 

 

 

レジンフラワーブログとシンクロしています

 

 

AmazingのHPへ

 

Amazing Style DryflowerのHPへ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。