• 26 May
    • スリングレッスン パパの出番!

      リセッツスリングのレッスンは4コースご準備しております。 その中でも、最終のクラスとしてご準備しているのが『たて抱きレッスン』です。このたて抱きレッスンまで受講される方は、赤ちゃん生活の中でスリングを活用してくださっている方が大半です。 途中で断念される方もおられるのでしょうか。忘れておられるのでしょうか。『たて抱きレッスン』にお越しにならない方もおられるので、とても残念に思います。 この『たて抱き』で赤ちゃんを抱くと、今までにはない喜びをどなたも感じられます。ママが笑顔になられる瞬間を見るのが、私の楽しみにもなっています。 『たて抱き』ができるようになるには、赤ちゃんがある程度成長していないと出来ません。スリングは、新生児期だけのものではないですし、この『たて抱き』が、一番長い期間使える抱き方です。 しかも、手軽で簡単!この抱き方は、パパさんにもおススメです。 今までは、赤ちゃんの体重が軽いからか「スリングしなくても手で抱くから」とおっしゃるパパさんが多いと聞きますが、赤ちゃんがますます重くなってくると、さすがに腕だけで長時間抱くのはしんどくなってこられます。 パパでも簡単にできる『たて抱き』から、パパのスリングデビューをしてみられたらいかがですか?パパさんが赤ちゃんをスリングに入れて颯爽と歩かれている姿は、とてもステキ リセッツスリングは、フリーサイズで製作しておりますので、パパとママで兼用できます。 『たて抱き』を安全に行なうには、いくつかの重要なポイントがありますので、レッスン内でアドバイスさせていただきます。 ご予約お待ちしております~。

      テーマ:
  • 21 May
    • スリングを嫌がって・・・・

      あるお客様と思いがけない場所でばったりと出会いました(まあこんなところで)。 「赤ちゃん、きっと大きくなられたでしょうね」と話すると「最近スリングに入るのがいやになったみたいで・・・」と。せっかく購入されたのに、こんなにも早くスリングとおさらばするのか、と思うと、なんだか悲しくなりますよね。 でもそれはちょっと違うんです・・・・。 もちろん、赤ちゃんは成長とともに、スリングに入るのが嫌になるときがあります。でも、それは大切なサイン。 嫌になるのは・・・・・“今までの入り方が”嫌になる、ということなんです。 それは、そろそろ次の新しい抱っこの仕方を求めているサイン。 スリングを買ったのに、最近全く使ってないわ、とか、最初は良かったのに最近スリングがあまり好きではないみたい、と思われたら、次のステップへ進むチャンスだと思ってくださいね。 リセッツでは、『横抱き、ゆりかご抱き』→『カンガルー抱き』→『たて抱き』というステップを踏んで、赤ちゃんの成長とともに抱っこの仕方の練習を重ねます。 諦めないで、そばで眠っているスリングをまた目覚めさせてあげてください。ぜひ次のレッスンへのご参加をお待ちしております。

      テーマ:

プロフィール

リセッツスリングアドバイザー うえだ

性別:
女性
お住まいの地域:
富山県
自己紹介:
リセッツのスリングアドバイザー うえだです 夫と、19歳の娘と中学生の娘と暮らしています。 次女...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ランキング

このブログはランキングに参加していません。