◆2013年6月17日~

『地固め療法第3クール』開始。
抗がん剤は、「アクラシノン」4日間、「キロサイド」5日間のコース。
副作用は、「倦怠感」「発熱」。
6月22日に「良性発作性頭位めまい症」を発症。

効果判定のマルクの結果、骨髄芽球は1.8%にまで減少し、寛解成功。


◆2013年7月13日~7月23日

一時退院(3回目)。

◆2013年7月23日

セカンドオピニオン外来(県内他病院)。

◆2013年7月24日

再入院(3回目)。


◆2013年7月24日~

『地固め療法第4クール』開始。

抗がん剤は、「キロサイド(シタラビン)代謝拮抗剤」「ベプシド(エトポシド)トポイソメラーゼ阻害剤」

「オンコビン(ビンクリスチン)・フィルデシン(ビンブラスチン)ビンカアルカロイド」
副作用は、「倦怠感」「発熱」「舌の神経痛」「背中の痛み」。

効果判定のマルク(2013年9月12日)の結果、骨髄芽球は1.0%にまで減少し、寛解成功。


◆2013年8月20日


退院。


◆2013年8月20日~現在


経過観察中。

AD