退院後11か月の外来受診

テーマ:
■告知後502日目、退院329日目


今日は前回から35日ぶりの外来受診の日だった。


診察の前に採血とCVポートのフラッシュを済ませて、13時からの予約。

呼ばれたのは30分遅れた13時30分だった。


前回と今回の外来受診の間にまたもや扁桃炎が再発し、発熱の期間や服用した薬を主治医に伝えると、今現在の扁桃の状態を確認された。

最近また喉に違和感を覚えていたので、何かしらは指摘されるだろうと思っていたら、案の定扁桃に若干の白い膿栓が…。


主治医の表情が曇って、いよいよ扁桃切除を検討するよう勧められた。

万が一AMLが再発した場合にこんな爆弾を抱えていると骨髄移植も出来ないし、寛解の今こそ踏み切るべきだと。

ただ、この市民病院に常勤の耳鼻科医はいないらしく、手術をするなら車で更に30分程度離れた公立病院に行くしかないらしい。

手紙(紹介状)を書こうかと打診されたが、もう一度だけ様子を見て、次回の外来時(8月20日)に再発をしていたら、その手紙を持って手術をしに行ってくると返答した。


◆本日の血液検査結果主要3項目

・白血球:6,830
・ヘモグロビン:15.3
・血小板:201,000


今回も芽球の検出はなかったので一安心ではあったものの、扁桃の件もあってあまりいい気持ちのしない外来になった。


診察室を出て会計を済ませると、まだ昼食を摂っていなかったので院内食堂へ。

photo:01

珍しくカロリー高めのカツカレー700円。


病院を出るといつもの神社へ参拝。

photo:02

今日までの感謝を述べて、皆の白血病完治を祈願した。
AD