身体の現実を見る



皮膚に隠された内部をよく観察してみれば、決してきれいとはいえないこの身体(からだ)。体臭を放つこの身体を、私たち人間は、後生大事に守ろうとしがみついている。

いろんな汚物が体内には詰まっていて、うじゅるうじゅると内側を流れ、いろんな穴を通って排泄されていく。

皮膚の中にこんなにたっぷり汚物を隠し持っていながら、私は偉いとか美しいとばかりに生意気にも「あの人はダメだね」なんてケチをつけるなら君は、現実を直視する能力のない愚か者へとなり下がるだろう。



経集205~207




出典:小池龍之介編訳 『超訳 ブッダの言葉』 (ディスカヴァー・トゥエンティワン、2011年)

AD