今日は日付けが変わって午前1時頃から全身の倦怠感・疲労感が感じられるようになり、結局今現在に至るまで終日そのような状態が続いている。


今朝の血液検査結果主要3項目。

・白血球:250
・ヘモグロビン:6.7
・血小板:23,000


強力な骨髄抑制の結果、揃いも揃って皆危険水域である…ショック!

白血球は一気に下がってしまったし、ヘモグロビンも輸血ラインを下回って、これが倦怠感の主因となっているのだろう。

そして27日午後に輸血した血小板は3日と持たず、今日も午後から輸血となった。

photo:01

見ず知らずの方が6月28日に善意で提供してくださった血小板、本当にありがとうございます。


不思議なことに、前回の地固め第2クール14日目を見返してみると、クール中に倦怠感が発生した最初の日のようで、今回と一致している。

ただ前回通りだと発熱はまだまだ先に位置しているのだが、現在の体温37.3℃。

これがジワジワ上がってしまった場合は、ちょっとしんどいことになってしまうのだが…果たして上手くかわすことができるか!?
AD