⚫︎ お母さんの心を楽にします!

 

こんにちは!
 
Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている、元小学校教師の心理カウンセラー  藤原先生です。

 

 

「ママ友や先生に言えないお悩み相談室」をご利用いただいたお母さんから、ご感想をいただきました。

ご紹介させていただきますね。

 

今日はありがとうございました。

子どものお友達との関係について、藤原先生に相談させていただきました。

私の見えていない部分を教えていただき、安心しました。

「わが子や周りの人を変えるのは、とても難しいこと。まず、自分を変えてみる!!」という大切なことを学びました。

「相談して良かった」「先生に出会えて良かった」と、心から思っています。

またお願いいたします。



今回のご相談は、学校の担任の先生に言われたことに疑問をもたれてのお申し込みでした。
 
お子さんの友達との関係について、「どうしても合わない子とどのように付き合えば良いのか」というご相談です。
 
 
 
「こんなこと相談してもいいのだろうか?」というどうしても自分の中に留めてしまいがちなお悩み。
 
気軽にどんなことを話していただいても、変に「こうした方が良い」とか「こうすべきだ」という方向を示すことは絶対にしません。
 
誰にも相談できないような悩みは、ただ話して吐き出すだけで、スッと楽になります。
 
 
 
実際、このお母さんは最初とても深刻な表情をされていました。
 
ところが、話してスッキリしたことで、具体的に何からできそうなのか リラックスして考えられるようになっていました。
 
 
 
 
藤原先生は、学校現場を知る元教師の心理カウンセラーです。
 
お母さんが不安に思っていることは、具体的にどうすれば解消できるかお話しさせていただきました。


担任の先生の言うことは分かる。
 
お母さんの言うこともよく分かる。
 
でも、一番大切にすべきなのは、主役であるお子さんの本音であり、お子さんのこれからの成長を信じて関わることです。
 
 
 

お母さんがご感想にも記されている通り、今は見えていない部分に目を向けていただきました。
 
先生の指摘の意味することは何かとらえ直す。
 
お子さんが安心して、かつ自分なりに考えて行動できる方向性を考える。
 
また、親としてのモヤモヤは「ぶっちゃけ」の本音で吐き出してみて、スカッと解消する。
 
この3つで、不安は安心に、疑問は具体的な手立てに変わりました。
 
 
 
時間はあっという間に過ぎていきます。
 
 
悩み続けている状態から、一歩だけ抜け出てみる。

お母さんも、お子さんも、スッキリと楽しい学校生活を送ることが必ずできますよ。
 
image


今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
 
藤原先生でした!
 
 
Z会やチャレンジで成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ

● 親が「わが子の良いところ」を見つめるためには
 
こんにちは!

Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている、元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。
 
 
昨日は、高学年を前に、友達との付き合い方について小学生女子とじっくり話しました。
 
人間関係の悩みはいつも大変ですが、大きく変われるチャンスでもあります。
 
 
 
さて、今日は塾生のお母さんからのご感想をご紹介しますね。
 
小学校低学年のお子さんで、学校の教室への不適応に親御さんがお悩みでした。
 
「どうしたら良いか分からない」と一歩を踏み出して、私のところにご相談にいらっしゃったのです。
 
親御さんにはお子さんの良いところに目を向けてもらうように話しました。
 
そして、塾ではできるだけ一対一の関わりの場面を増やし、いくつかトレーニングすることで落ち着いて過ごせるようになるとお約束しました。
 
目の動きをコントロールすることと、自分の思いや考えを言葉にして表現することの2つをじっくりと取り組んできました。
 
お子さんは学校の教室で、落ち着いて生活できるようになっています。
 
友達とも自分からすすんで関わり、コミュニケーションするのが楽しくなってきている様子です。
 
良いところに目を向ければ、できないことやうまくいかないことを注意されて自信をなくすことが減ります。
 
親御さんの関わり方を変えていくことで、確実にお子さんはより楽に自分の力を発揮できるようになります。
 
ご感想をいただきました。
 
以前と比べて、今は断然 親御さん自身も楽に、安心してお子さんを見守っているのが分かります。
 
ご紹介します。
 
 

音読はずいぶんスムーズに読めるようになったと感じています。

学校の教室でも、落ち着いて少しずつワークをすることができるようになってきているようです。

もちろん、毎回ではなく、できている回数の方が少ないようですが、見守っています。

 
 
見守る姿勢は大切ですが、どう見守ればよいのか、どうしても見守れなくて口を出してしまうということもあるでしょう。
 
そんな時は、どんな小さなことでも気軽に相談できる存在がいれば安心です。
 
 
 
 
今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。 
 
藤原先生でした!
 
 
Z会やチャレンジで成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ

⚫︎ 意識しやってみることで、本当に変わりました

 

こんにちは、Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている、元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。

 

image

 

 

「ママ友や先生に言えないお悩み相談室」では、親御さんの子育てにおけるお悩みを解決するお手伝いをしています。

 

お子さんの勉強の困ったことはもちろん、お子さんの不登校など様々なお悩みをご相談いただいています。

 

不登校のお子さんをもつお母さんから、ご感想をいただきました。

 

ご紹介しますね。

 

 

親目線から物事の判断をするのではなく、子供目線に立つ(見る)ということを心がけました。

 

親って何かと先を見据えて言ってしまったり、「それは~」とかつい言いがちで、焦ります。


親目線で判断してることって多々あると思うんです。


でも、子供目線に立つことを意識して関わってみることで、本当に変わりました。

 

私は、藤原先生との出会いから、希望、勇気、家族の大切さなどたくさんのことを教えてもらいました。


本当にありがとうございました。

 

 

親御さんは、わが子のことを本気で考えるからこそ、「こうすべき・こうでなくてはならない」 という強い固定観念に縛られていることが多いです。
 
藤原先生の相談室では、まず最初に、親御さんが縛られている固定観念を壊します。
 
親御さんの心が楽になります。
 
心が楽になると、親子の関わりを冷静に見つめ直すことができるようになります。
 
不登校という一見難しい課題であっても、親子の関わり方を少しずつ変化させていけば、必ず解決できます。
 
 
 
今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
 
藤原先生でした!
 
 
Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育
■お気軽にお問い合わせください
お問い合わせはこちら
■各種メニューはこちら
メニュー一覧はこちら
■よくあるご質問
よくご質問頂くものについてはこちら
■合同会社ReON
ホームページはこちら

●お兄ちゃんが今朝、学校に行きました

 

こんにちは、Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている、元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。

 

 

 

「ママ友や先生に言えないお悩み相談室」では、親御さんの子育てにおけるお悩みを解決するお手伝いをしています。

 

お子さんの勉強の困ったことはもちろん、お子さんの不登校など様々なお悩みをご相談いただいています。

 

不登校のお子さんをもつお母さんから、嬉しいご報告をいただきました。

 

ご紹介しますね。

 

 

おはようございます。

  
藤原さんに相談をさせていただきながら、お兄ちゃんとの関わりに気づいてきたら、お兄ちゃんも笑顔がふえてうれしいことが続きました。
  
そして今朝、学校に行きました。

 
取り急ぎ、感謝の気持ちを伝えたくメッセージしました。

 
本当にありがとうございました。

   
引き続き、見つめ直しながらたくさんのことに気づいていきたいです!

 

 

 
藤原先生の相談室では、お母さんのお悩みをじっくりお聴きし、お子さんとの関わりで必要なことに気づくことができます。

  
元教師の心理カウンセラー 藤原先生がじっくりとお話しを聴かせていただきます。

 

そこでは、学校と家庭の両方の視点から親御さんの心が楽になる方向性を一緒に見つけられます。


お子さまのためにも、何より親御さん自身のためにも、心を楽にしていくことを大切にしています。


 
今回ご紹介したお母さんは、お子さんが学校に行けていないことに目を向けるのではなく、日常の中でのお子さまの笑顔に目を向けていかれました。
 
メールサポートをご希望され、メールでのやり取りを通して、お母さん自身で記録を残しながらご自身のため、お子さまのため、ご家族のために行動を続けられました。

 
そして、10日目の朝に、「息子が今朝、学校に行きました!」との嬉しいご報告があったのです。


お母さんが本来の自分らしく生きること。

 
結果、笑顔が増えてお子さまに笑顔で接することができるようになること。

 
そこから不登校は短期間であっても解決の方向へ向かっていきますよ。

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

藤原先生でした!

 

 
Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育
■お気軽にお問い合わせください
お問い合わせはこちら
■各種メニューはこちら
メニュー一覧はこちら
■よくあるご質問
よくご質問頂くものについてはこちら
■合同会社ReON
ホームページはこちら

取り繕わず、素の自分で話せました

 
こんにちは、Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている、元小学校教師の心理カウンセラー 藤原先生です。
 
image
 
 

「ママ友や先生に言えないお悩み相談室」では、親御さんの子育てにおけるお悩みを解決するお手伝いをしています。

 

お子さんの勉強の困ったことはもちろん、お子さんの不登校など様々なお悩みをご相談いただいています。

 

不登校のお子さんをもつお母さんから、嬉しいご報告をいただきました。

 

ご紹介しますね。

 

 

先程はありがとうございました!
 
とても話しやすい雰囲気を作って頂き、感謝です!

 
取り繕わず、素の自分で話せました。
 


私の心と向き合う事の大切さが鍵となることがわかって良かったです。
 
メールも拝見しました。
 
これから実践していこうと思っています。
 
実りある一時間でした。
 
実践後に感想送らせていただきますね。
 
「とにもかくにも、わが子は新学期、学校に行っている!」
 
今回の相談を参考にやっていきます。

 
本当にありがとうございました!

 
わからなくなってしまったらメールさせて頂くので、よろしくお願い致します!

 
 

藤原先生の相談室では、ご感想にあるように、どんなことでも素の自分でざっくばらんにお話しをしていただくことができます。

 

お母さんのお悩みをじっくりお聴きし、お子さんとの関わりで必要なことに気づくことができます。


元教師の心理カウンセラー 藤原先生と対話する中で、学校と家庭の両方の視点から親御さんの心が楽になる方向性を見つけられます。

 

また、メールサポートで日常的にお子さんの関わりを見つめ直すことに、藤原先生が寄り添います。

 

日々の親子の関わりを見直してみることで、お子さんとの関係がより楽に、より笑顔が増えるものへと変わっていきます。

 

親子の幸せな笑顔が増えていくことが、藤原先生の相談室の最高の喜びです。

 

お子さんの不登校にお悩みでしたら、まずは一度お話しを聴かせてくださいね。

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 

藤原先生でした!

 

 

Z会やチャレンジで成績が伸びない子の個別ネット通信教育
■お気軽にお問い合わせください
お問い合わせはこちら
■各種メニューはこちら
メニュー一覧はこちら
■よくあるご質問
よくご質問頂くものについてはこちら
■合同会社ReON
ホームページはこちら