● ​確かな自信を高める夏休みに!
 
こんにちは!
 
塾や通信教材で成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている元小学校教師の心理カウンセラー藤原先生です。
 
 
 

きぼう塾サマースクール、前半は無事すべての日程を終えました。

 

夏休みの宿題は、どの子もほぼすべて完了。

 

「やったぞ!」という達成感の表情。

 

苦手解決や得意を伸ばす勉強に取り組み出した、自信溢れる表情。

 

子どもたちの輝く表情がたくさん見られました。

 

 

また、自由研究・工作の宿題も兼ねて、みんなで頭を働かせて遊ぶ「勉強あそび」も毎日実施しました。

 

無料メール講座でご紹介している、「ワクワク理科遊びレシピ」を使っての遊び。

 

 

 

ドライアイスの不思議を目の当たりにする実験あそび。

 

 

 

自由に、楽しみながら想像して書く絵本作家になろう。

 

 

 

思い思いに手先を使って作り上げる工作祭り。

 

 

 

どデカいハガキ、一風変わった形でごあいさつ、おもしろ暑中見舞い。

 

 

 

役割分担や協力して調理、おいしくいただいたチームクッキング、みんなでIMO(いも)チャレンジ

 

 

 

 

 

 

 

世界でひとつ、自分だけのオンリーワンキャップ制作。

 

 

 

他にも・・・

 

ルール決めから、みんなで楽しむ工夫を考えてワイワイ身体を動かす風船バレーボール大会。

 

おいしいアイスでみんなで涼もう、手作りバニラアイス。

 

近所の地域センターへ出かけての卓球フェスティバル。

 

などなど、など。

 

たくさん遊んで、コミュニケーションした前半となりました。

 

 

普段はオンライン受講の塾生も、夏休みの機会にわざわざ電車で通塾してきてくれました。

 

自分で、目的地である塾まで行くということ自体が素晴らしいチャレンジです。

 

夏休み前に比べたら、とてつもない大きな成長を遂げています。

 

 

私も教員時代に、夏休み明けの子どもたちの姿を見て強く感じたこと。

 

「なんだか一回りも二回りも大きくなっているな」

 

それには理由があるんですね。

 

普段、学校で経験できないことを「やり遂げてきた」という自信です。

 

お子さん本人も自覚していないかもしれません。

 

けれども、「やり遂げてきた」事実はちゃんとある。

 

だから、子どもの心の中には確かな自信がちゃんとあるんです。

 

それは、子どもの姿を見ればちゃんと感じ取れます。

 

 

夏休みも後半に入りました。

 

子どもたちはこれからさらに、いろんなことを経験することでしょう。

 

「楽しかったね!」

 

「面白かったね!」

 

「嬉しかったね!」

 

こんな言葉を浴びせながら、子どもたちの心の中にある自信を認めてあげてください。

 

親子でいっぱい遊んで、いっぱい夏休みならではの経験をしてください!

 

夏休み後半も、全国各地、子どもたちの表情が輝くことを願い、祈っています。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

藤原先生でした。

 

 

 

 

※ 下の画像をクリックで、すぐご登録いただけます!

 



 
塾や通信教材で成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ

● ​きぼう塾サマースクール、2週目です!
 
こんにちは!
 
塾や通信教材で成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている元小学校教師の心理カウンセラー藤原先生です。
 
 

きぼう塾サマースクールも、13日目になります。
 
残り2日!
 
ここまで、子供たちの素晴らしい姿をたくさん目の当たりにしてきました。
 
勉強ができる!分かる!楽しい!と変わっていく姿はもちろん、それ以上にココでしか見られない姿もあるんです。
 
今日は、ある男の子の葛藤を紹介しますね。
 
その子の口癖は、おそらく学校では我慢している言葉です。
 
強制も、矯正もしないきぼう塾でだからこそ!
 
つぶやき、けれど自分に向き合い、葛藤しながら前に進もうとがんばっているのです。
 

その口癖は・・・

「ああ、疲れた~ゲームセット!(もうやりたくない)」

自分の集中力が続くうちはスイスイ課題を進めます。

15分もすると、口をついてこの言葉が出ます。

私はただただ聴き、そして訊きます=問います。
 
「どんなことが分かった?」

「がんばったね。勉強したことを自分の言葉で説明するとしたら、どんな風に話す?」

すんなり答えられることもありますが、大抵は「ううむ・・・」とまた課題の先へ進みます。

目の前の課題がまだ、分からない・見えない世界がある自分と対話し始める前の状態だと気づくから。
 
 

しばらくすると、あの口癖は全然違ったものに変わります。

「先生!今日はこんなに進んだよ~」

「先生!ここはこういうことだよね?」

「先生!」と呼ぶ彼の弾んだ声。
 
勉強の課題を単なる“こなすもの”ととらえているうちは、学ぶことで広がる世界は知らぬまま。
 
学んだことをどう伝えようかと自分に向き合って初めて!
 
そこから広がる世界を生きる自分に、自信がもてるようになるのです。
 
「今日も戦ったな!偉いぞ!」
 
そんな風に心でほめながら、学校という社会の中でどんな表情をしながら力を発揮していくのか。
 
楽しみだなぁぁぁ!
 
丸をつけ、「よくがんばっているね」と励まし応援しています。

きっと、確かな自信が自分の中にはあると気づき始めている頃です。
 
 

残り2日。
 
また今日も、勉強の課題を通して、確かな自信を育てる瞬間を刻んでいきます。
 
夏休み後半のサマースクールでは、2学期のスムーズなスタートを切れる教室を企画しています。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

藤原先生でした。

 

 

 

 

※ 下の画像をクリックで、すぐご登録いただけます!

 



 
塾や通信教材で成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ

● ​きぼう塾サマースクール、2週目です!
 
こんにちは!
 
塾や通信教材で成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている元小学校教師の心理カウンセラー藤原先生です。
 
 
 
きぼう塾サマースクール、2週目がスタートしました。
 
夏休みの宿題はほとんど完了。
 
それぞれのお子さんが自分の得意を伸ばしたり、苦手を解決する勉強に取り組んでいます。
 
 
 
自信満々!
 
「時計」の読み方をマスターできるようになった2年生。
 
生活の中でも、時計を読む様子が見られるとのこと。
 
嬉しい、成長の夏休みです。
 

 

 

予習、開始!

 

夏休みのうちに、少しずつ予習を始めた1年生。

 

小学1年生は2学期から漢字の学習がスタートです。

 

余裕をもって新しい勉強に入れます。

 

 

 

 

きぼう塾は、遊びから学ぶことを大切にしています。

サマースクールでは、夏休みならではの企画をしています。

教科の枠をこえ、楽しく学ぶ「勉強あそび」です。

今週は3日連続で、楽しく工作をしました。

得意な子も、苦手な子も、みんなで楽しみました。

みんな好きなものを夢中になって作りました。

工作祭りです!!!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、思い思いに集中して、楽しく工作をしていましたよ。

 

工作は、手先を使う簡単にできる遊びです。

 

きれいに切り取ることや、うまく組み立てられるように丁寧に接着することなど、頭をとても働かせます。

 

「次は〇〇を作りたい!」

 

「またやりたい!」

 

「工作って面白い!」

 

どの子も工作という遊びによって、夢中になってみんなで楽しむことをたっぷり経験できた3日間となりました。

 

 

サマースクールは折り返し地点に来ました。

 

さらに楽しく、みんなで夢中になって遊び、勉強していきます!

 

少人数の教室ですので、事前にお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせはお気軽に!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

藤原先生でした。

 

 

 

 

※ 下の画像をクリックで、すぐご登録いただけます!

 



 
塾や通信教材で成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ

● ​ きぼう塾サマースクール5日目は・・・
 
こんにちは!
 
塾や通信教材で成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている元小学校教師の心理カウンセラー藤原先生です。
 
 
 
きぼう塾サマースクール、1週目の最終日である5日目も、みんなで楽しく勉強しました。

きぼう塾は、遊びから学ぶことを大切にしています。

サマースクールでは、夏休みならではの企画があります。

教科の枠をこえ、楽しく学ぶ「勉強あそび」です。

今回は、チームコミュニケーションゲームをしました。

学校のプールや、習い事などの関係で定員の5人がそろいませんでしたが、参加しているメンバーで進めました。



今日やったのは、「フワフワボール」と「UFOキャッチャー」の2つ。

どちらも、仲間と「息を合わせる」のが目的です。
 
一口に「息を合わせる」といっても、実は簡単なようでとても難しいことです。

1年生から6年生までバラバラの学年の子が集まるきぼう塾。

同じ学年ならともかく、バラバラの学年の子がひとつの活動で「息を合わせる」なんて、なかなか難しいことでしょう。

でも、みんなでチャレンジします。

たくさん失敗し、成功するまでみんなでチャレンジするのです。



「UFOキャッチャー」は、輪ゴムにひもが3本結びつけられた道具を使います。

3人でそれぞれ1本ずつのひもを引っ張れば、輪ゴムが伸びて大きく口を開けるようになります。

その大きく開いた口で、物をつかんで運ぶゲームです。

今回は、プラスチックのコップやペットボトルをつかんで運びました。

 
 
このゲーム、何度も失敗しました。
 
失敗しても、また声を掛け合い、仲間の動きを見ながら息を合わせます。

「もっと左に行って!」

「前!もっと前に!」

「もう少し下げて!」

「せーの!」・・・「やったー!!!」
 
 
 
 
 
1回また1回と成功すると、みんなでハイタッチして喜びを分かち合う様子が見られました。
 
 
親御さんなら分かるでしょう。

人は、この社会で、いろんな人と折り合いをつけながら生きていることを。

そこには、成功ばかりではなく、失敗がつきものであって、いずれにせよ人との関わりが欠かせません。

もしかすると、一番大きな悩みとなるのは、「人との関わり」の中で生まれるものではないでしょうか?

人との関わりの中で生まれる悩みを、なんとかして乗り越えようとする力。

これは、人として生きていく上で欠かせない力です。
 
 
 
じゃあ、どうやってこの力をつけるのか?

人と関わりながら、いろんな経験を積み重ねていく中でこの力を伸ばすことができます。

独りぼっちではなく、人とつながることでより力を伸ばしていくことができるのです。

今回、子供たちが取り組んだゲームも「息を合わせる」という目的を設定しました。

目的などなくても、みんなで楽しく遊べるゲームです。

そこに、みんなで息を合わせようという目的が加わると、遊びから学ぶことができるのです。


夏休みという機会に、こんな遊びから学ぶ経験をみんなで楽しんでみませんか?

勉強はもちろん、人とつながる力も楽しく伸ばしていくことができますよ。

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

藤原先生でした。

 

 

 

 

※ 下の画像をクリックで、すぐご登録いただけます!

 



 
塾や通信教材で成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ

● ​ 拝啓 16年前の自分へ
 
こんにちは!
 
塾や通信教材で成績が伸びない子の個別ネット通信教育をしている元小学校教師の心理カウンセラー藤原先生です。
 
 

 

16年前の当時、大学4年生だった私は教員採用試験に落ちました。

 

夢である教員になるために、その時分やれることはもうありませんでした。

 

それはそれは、落ち込んでいました。

 

そんな姿を見兼ねた知人に勧められ、住んでいる小さなまちの「青年の主張大会」なるものにエントリーしたのです。

 

せっかくだから、夢を叫んでやろう。

 

主張というより、若造の叫びがどれだけの聴衆の方の心に響いたのかは分かりません。

 

が、少なくとも「最優秀賞」でトロフィーをいただいてしまいました(笑)

 

審査員の方の胸には届いていたのでしょう。

 

思い起こせば、若気の至り。

 

でもそこで叫んだ夢は、今も、ずっと私のエネルギーの源になっています。

 

 

そんな私が、対面で指導するきぼう塾の塾生には、常々かける言葉があります。

 

「何のために勉強するの?」

 

勉強する目的、自分の中に確かにある“何のため”に気づいた時。

 

生まれてきただけで素晴らしい、子どもたち。

 

その一人一人の才能の芽は急激に伸びていくんです。

 

 

私がお子さんたち一人一人に接する時に大切にしていること。

 

私の指導方針のど真ん中。

 

それは、「目の前の子を思いやり、目の前の子が誰かを思いやる連鎖を生んでみせる」ということ。

 

勉強することにさえ前向きになれない心を、できる!分かる!楽しい!に変えてみせる。

 

勉強することが、たった一人の自分から、広い広い世界へとつながっていくのを存分に楽しませてみせる。

 

そこです。

 

 

そこにたどり着くまでには、いろいろありました(笑)

 

夢であった教師になって間もなく、大病をして病院のベッドから見上げた天井。

 

早く偉くなり学校の組織から理想を実現したいと意気がり休職、退職の勧告を受けたあの日。

 

心で泣いて教え子と離れた絶対に忘れない悲しみ。

 

互いに信頼し、あたたかく支えてくださった親御さんたちへの申し訳なさ。

 

折れた心を寄り添い、関わり合いながら再び立ち上がっていく仲間との出会い。

 

また黒板を背に笑顔を交わしたあの瞬間。

 

学校の外から、恩を返し恩を送る挑戦を始めた手探りの日々。

 

本当に?と疑いたくなるほど突然の別れ。

 

 

それでも、何度でも立ち上がり、目の前の無限の「きぼうの光」である子どもたちと勉強する今。

 

いろいろあったけど、まだこれからもいろいろあるんだろうけれど。

 

やっぱり夢は、叶え続けるものなのですね。

 

もちろん、今も。

 

目の前の「きぼうの光」たちに寄り添い、学び、遊ぶ。

 

ちいさなまちの学習塾で、私は夢を叶え続けています。

 

16年前の自分へ。

 

ありがとう。

 

いや、おめでとう。

 

キミが叫んだあの夢は、今もちゃんと叶え続けているぞ!

 

 

 

今日は日記でした!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

藤原先生でした。

 

 

 

 

※ 下の画像をクリックで、すぐご登録いただけます!

 



 
塾や通信教材で成績が伸びない子の
個別ネット通信教育

合同会社ReON代表 藤原 伸浩

【 住 所 】東京都東村山市萩山町
【 定休日 】 日曜・祝日
【営業時間】9:30 ~17:30

【電話番号】080-6724-3729

 

■初めての方へ
■各種メニュー 一覧
■お客様の声
■アクセス方法
■よくあるご質問
■ご予約・お問い合わせ