読者登録してね   ペタしてね

 

我が家の子犬ちゃん達も早いもので生後2ヶ月半が経過しました。

生まれた時は手のひらに“すっぽり”入ってしまうくらいに小さかったのに、今では小型犬よりも大きくなりました。

 

 

2匹とも生まれた時の体重が約340g。

で、今や約7kg…。


 


 

人間の子供の成長スピードに比べて、犬の成長スピードの速いこと速いこと。


 


 

今までに何匹も犬を飼ってきましたが、どの犬も譲っていただいたり、拾ったり、迷い込んできたりと、今までの犬たちの中で我が家に来た時の年齢が一番若かったのは、生後3ヶ月ミニチュアダックスフンドの子犬でした。

 

 

なので、出産直後から育てた子犬は今回が初めて。

手探りながらも、よくぞここまで大きく育ってくれたと、感慨深いものがあります。

 

 

ましてや、子犬1匹ではなく2匹同時に育てるなんて、まさにドタバタ劇場です(笑)

 

 

イタズラばかりで毎日が親犬・子犬の合わせて4匹のドタバタ大運動会ですが、「ここまで問題なく育ってくれてありがとう!」この一言に尽きます。

 

 



実は今回の出産で、母犬は5匹の子犬を身ごもっていましたが、無事に産声をあげてくれたのは2匹だけでした。

残りの3匹は悲しいかな死産でした。

 

 

死んでいる我が子を舐めてやっている母犬を見るのが、とても辛く、万策尽きた私はとにかく反省と後悔しかありませんでした。

 

 

この経験をしたからこそ、産声をあげられなかった3匹の兄弟犬のためにも、生きている2匹は絶対に死なせるわけには行かない!

その一心で何とか2ヶ月半まで育て上げました。

 

 

っと言っても、人間の力なんて微々たるもので、私に甘えてばかりで不安要素だらけだった母犬の、子犬に対する愛情で見事に変貌してくれた子育てに、「とにかく感謝!」です。

 

 

今朝も、子犬たちの荒々しく激しい朝の挨拶で起こされました(笑)

贅沢を言えば、引っ掻いたり顔に体当たりしたり、髪の毛を引張たりと、そんな荒々しい挨拶はやめて欲しいかな(^^ゞ

 

 

できれば優しく“ペロペロ”くらいが有り難のですが…www

多分…いや絶対に無理ですね(笑)

 

 

とにもかくにも元気であれば、それで良し!ですね。

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

Instagramでも画像や動画を投稿しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

 

こちら⇒ 

 

 

また、YouTubeには他にも動画を投稿しておりますので、こちらもぜひお立ち寄りください。

 

こちら⇒ 

 

 

 

 

 

どくしゃになってね…   ペタしてね

 

 

AD