NEET株式会社のレンタルニート

NEET株式会社の事業、有り余る時間でみなさまと一緒に遊ぶレンタルニートです。
連絡はメール【dsq2165@gmail.com】、LINE【@MZE8828E】まで。


テーマ:

先日行われた第1回プラモデル製作会&製作教室の様子です。


6月3日 (1日目)

 

保護者同伴で中学三年生の方にお越しいただきました。

今までガンプラを作っていたものの、そろそろ別のものを作りたいと思い戦車模型に挑戦するところだったそうな。

 

作るのはドイツのⅢ号戦車。

既に車体をいくらか組み立ててあったようです。

 

接着剤の種類など解説したあと、組み立て自体はスイスイとこなせるようだったので、僕は同伴のお父様と雑談しつつ見守りました。

 

 

最近の若い世代としては

ガンプラなどの接着剤不要で着色済みのキャラクターモデル(主にロボットものとか)を作った経験のある人は多いと思いますが、戦車や飛行機などのスケールモデルを接着剤で組み立て、ビンに入った塗料で自分で塗装をしたことのある人は比較的少ないと思います。

 

1988年(昭和63年)生まれの僕でも、子供の時から色分けされたはめ込み式のプラモデルがたくさん発売されていたし。

 

そんな中で細かい部品を取り扱ったりキレイに塗装できる技術を持っていたらカッコイイですよね。

 

 

 

この日の講習は主にエアブラシ塗装でした。

濃度調整や、ハンドピースの使い方について解説。

慣れのいる作業ですが、最初からこだわりすぎないことがコツです。

楽しくやれればOK。

 

ちなみにうちに置いてあるエアブラシは

いわゆる「ドロップ式ダブルアクション」というタイプです。

 

ボタンの引き具合で塗料吹き出し量の細かな調整が可能。

 

 

 

この日は戦車の本体色の塗装が完了するところまでやりました。

なかなかこの1日で全ての作業を完了させることは難しい場合もありますが、その後の作業に必要なことなどについてもこちらでお教えします。

 

戦車模型の製作例としてはちょっと前にこのブログで書いた記事があるので、塗装や汚しなど詳しい工程についてはそちらもご覧ください。

 

戦車模型の製作 1/48 タイガーⅠ

https://ameblo.jp/rental-neet/entry-12205250222.html

 

 

 

 

6月4日(2日目)

 

この日はシェアハウス住人、メダンジさんを受講生として製作会をしました。

 

既に作ってあったHGガンダムバルバトスに、「オプションセット1」に入っているバルバトス用滑空砲を装備させます。

 

ちなみにガンプラのHGシリーズというのは先にも書いていたような、今どきのパーツごとに色分けされていて接着剤も不要なタイプ。

 

 

 

本体の足りない色を補ったり、スミ入れやツヤ消し処理にも挑戦します。

 

 

 

 

「オプションセット1」の内容物。

鉄血のオルフェンズシリーズは追加武装の数々が本体と別売りでこんな風に発売されてるものもあります。

 

とりあえず「滑空砲」を組み立て。

武器だけなので組み立て自体はすぐ終わる。

 

 

続いてバルバトス本体の足りない色を補います。

HGシリーズではキット付属のシールで色分けが再現されることが多々あります。シールよりは塗装で再現したいよねってことで、部分的に筆塗りで着色をします。

 

 

バルバトスの肩やヒザにある電源ボタンみたいなマークにはメタリックレッドを使用。

その他の部分もビン入り塗料を使い筆塗りで塗装します。

 

 

 

はみ出した部分はそれ用の拭き取り道具を使って拭き取ります。

こういった作業にどんな製品が便利かは実際に使ったことのある人に使用感を聞くのが一番です。

 

 

長時間作業に疲れたのでラーメン食べて休憩です。

集中力の必要な作業は休憩を取りながら作業しましょう。

 

 

 

スミ入れです。

本格的にやる場合はビン入り塗料を薄めて流し込むのですが、

ガンダムマーカー流し込みスミ入れペンがあったので使ってみます。

 

有機溶剤を別途用意したりしなくてよいのでお手軽です。

 

これもまた余計なはみ出しは拭き取りましょう。

 

完成が近づいてきました。

あとはツヤ消し塗装です。

 

 

ツヤ消しクリアー塗料をエアブラシで吹き付けます。

色分けされたガンプラならばこのツヤ消し作業をするだけでも質感が変わってだいぶ完成度が上がります。

 

おもちゃっぽい光沢がなくなり、固くて重そうな印象になる。

ついでに塗りムラやミスして汚れた箇所などの粗が目立たなくなる。

 

全体にツヤ消しクリアーを吹いたら乾燥させます。

作業としてはこれで全部終了です。

(ガンダムの目の部分だけはこのあとシール貼ったが)

 

 

メダンジさんも長時間作業に疲れたようです。

お疲れさまでした。

 

 

完成形がこちら

細かい部分の塗り分けもうまくいきました。

 

 

 

滑空砲の一部はエアブラシ塗装をしました。

追加武装もついて、本体キット組み立てただけとは一味違った仕上がりに。

 

メダンジさんも満足し、次が作りたくなったようです。

 

 

お手軽に作る場合、本格的に作る場合、

ひとりでやると続かないので単純に製作仲間がほしいという場合にもぜひプラモデル製作会に参加ください。

 

 

次回は6月24日(土)を予定しています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なかさまさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。