小樽の老舗の寿司屋 おたる政寿司 中村圭助のブログ 

小樽の情報や寿司の豆知識等伝えて行きたいと思います

$-        
↑↑ 政寿司ホームページはこちら ↑↑


ブログランキング参加中ですポチッとしてね!!

   ↓ ↓
人気ブログランキングへ


テーマ:
こんにちは
小樽の寿司屋、おたる政寿司の三代目の中村圭助です。

今回の三連休めちゃ忙しかったな。お店は外人さんも多かったけど、ぼくの前は常連さんばかり、中には常連さんといっても毎年この三連休に来てくれるお客さんもいて、来年の予約もしてくれました(≧∇≦)ウケるけど、こういうの嬉しいな‼︎

寿司通になんてならなくていい

たまにいるんだけど、カウンターに座って、
「コハダ、ヅケ、玉子、穴子、かんぴょうサビ入れて」みたいなお客さんがいます。

いわゆる寿司通ってヤツですな‼︎

{4A27D162-83A6-41D5-9EE7-153D81ACE8D3}
僕の握ったコハダの握り、赤酢のシャリ


嫌いじゃないないけど、僕は好きでもないです。

だってね、ここは北海道っすよ‼︎東京の江戸前寿司を掲げてるお店だったらわかるんだけど、そのネタってほとんど北海道でとれてないし…

伝わってますか⁇

結果的に、中途半端な寿司通の人は北海道の旬の美味しいの食べれてないわけなんです。

光り物だったら、ニシンとかイワシ、今ならサンマもあるし、小樽の今の旬はウニです。

今日は余市でとれた朝どれの甘海老もあったし、トキシラズがバリバリ脂がのっていて、それをヅケにしたら最高にうまかねんっ‼︎

中途半端な寿司通であったがために、この時期の旬のネタを一切食べれなかったんだ

僕は、寿司屋の職人でもあるけど食べる方も通な自信があります。だって、寿司を食べるのが好きだから。毎日でもいいな(≧∇≦)

例えば僕だったら、知らない土地にいったら、カウンターに座って
『小樽で寿司屋をやってます。今日は勉強させて下さい‼︎』という感じで言っちゃうわけです。相手もちょっと警戒するけどね。結果的に美味しいの食べれるでしょ(≧∇≦)

そして、その時のその土地の旬のネタ、僕の好きなネタを合わせながら食べるわけです。

お昼だったら、だいたい5000円くらいです。

前もって調べてるから、一部のお昼で2万円からみたいなお店にはめったに行きません。だいたいのネタの原価を知ってるからね。

コハダ、ヅケ、玉子、穴子、かんぴょう巻、のようなネタは、これを食べたら寿司通‼︎というような感じで本やインターネットにのっている情報なわけで、すごく浅い情報だし、江戸時代の話しですよ。今は寿司もどんどん進化していて、面白いネタ、職人のひと手間、メニューにのっていないもの。そして、板前さんとのやりとり。こういう物を含めて食べることが本当の寿司通なんです。だから、知識として知っていてもいいと思うけど、カウンターに座った時は、その時の旬を食べれるようにあえてその情報は使わないほうがいいと思う。

というわけで僕は中途半端な寿司通はあまり好きじゃないけど、寿司好きは大好きです

そんなことをたまに寿司を握りながら感じます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
小樽の寿司屋、おたる政寿司の三代目の中村圭助です。

北海道では先週からもはやサンマ漁が始まっています。今出ている船は調査船という名目の小型の船。どの辺をサンマが泳いでいるか探っているわけです。

8月になったら中型船、9月になると大型船という順番で船がでます。

新年の初セリのマグロと同じように、初サンマもご祝儀相場というものがつきます。

今年は市場最高値のキロ20万円がつきました。

何年か前に一億円越えのマグロが初セリでつきましたがその時もキロ20万円。マグロは魚体が大きいので200キロのマグロだと一本一億円になります。

今回のサンマは1キロで6本入っていたので、キロ20万円だと一本あたり3万円以上になりますね‼️
{EA59E00D-B634-43E1-BC94-42CBF674D905}
今日の仕入れたサンマ

まだまだ脂がのっていないので、サンマの魚体は細いです。僕の包丁と同じくらいの太さっす‼︎

味は、サッパリしていて癖がなく刺身で食べたら美味しいですよ。

本州から来たお客さんもこの時期のサンマに驚きと美味しさに大喜びしてくれました。

初セリを落としたのは、札幌の大手の魚屋さんです。売場でも3万円くらいで売っていました。高いけど利益はないね。

でも、テレビとか新聞にのっていたから広告費20万円という考え方をしたら安いのかもしれませんね‼︎

何日かたってサンマの値段も落ち着き、一本300円くらいになりましたが、まだまだ高い感じはします。僕の願いはいっぱいとれて安くなってくれたら嬉しいです(^_^)







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
小樽の寿司屋、おたる政寿司の三代目の中村圭助です。

昨日、年に一度のイベントである魚供養感謝祭をやりました。寿司屋は言うまでもなく魚で商売させてもらっています。年に一度、肴に感謝の気持ちと供養を形にしたイベントです。

どんなことをやっているかというと

午前中オープン前に、寿司屋通りの全スタッフが集まり海の神に一人一人祈ります
{D7D4C599-00BC-43E2-9B00-2C545826E110:01}

ご飯の入った船にお経の書いた札を一人づつさしていきます。

その日の夜の
水産関係の各お店の取引業者さんを中心に集まっていただき、お参りと宴会をやります
{33C3552C-0053-4B35-955A-1DE26C821B6F:01}

今年は64名もの方が参加してくれました。ありがたいことに毎年人数が増えてきています。市長をはじめ、寿司屋の理事長、各業界のトップの方も参加してくれました。
{D9BFB0F3-6B95-4B26-9F90-D9D0619BDF43:01}
小樽市長のご挨拶

昔は、寿司屋が集まって何やってんだ‼︎
って声もあったみたいだけど、ここ近年はこの供養祭の意味が共感を呼び、参加者が増えているのだと思います。

そして、今朝、寿司屋通り5店舗の店主でお供えものを持ち、船に乗って、供養してまいりました
{9600DB0F-DC0F-40A6-90A1-6589875B3771:01}

小樽の近海、アワビ、ウニ、シャコ、平目、ホタテのポイントで丁寧にお参りします。
ちょっと雨が降っていたけど、海は穏やかで僕たちを迎えてくれました。

と、こんな感じです。

魚供養感謝祭は今年で29回目です。

すごいよねぇ〜〜

29年前、バブル期かよくわかんないけど、物がよく売れていた時代。世間では共存共栄って意識よりも、売れ売れ‼︎とライバル同士ドンパチやっていた時代に小樽の寿司屋通りはもうすでに手を組んで、小樽のためにという理念で手を取り合っていたわけです。

その前に、魚供養感謝祭の一回目の時は、寿司屋通りはまだ存在していませんでした。
この供養祭を仕掛けたのが父である社長です。そのとき、近くのお店が集まってくれて、すごく反応がよかったらしく。このことをきっかけに5店舗で寿司屋通りを始めました。

小樽には130軒もの寿司屋がありますが、今でも寿司屋通りの加盟店は5店舗なんです。寿司屋通りができて、テレビなどでも小樽は寿司の町ということをブランディングしてくれて、寿司屋が今の数になりました。29年前は小樽の寿司屋の数は30軒弱です。

小樽はもともと寿司の町ではありません。

寿司ネタも数多くとれないしね。

でも、寿司の町なんだ。

それは小樽をよりよくして行こう‼︎という寿司屋の大将たちの思いと行動力が原点だから。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。