リリアンのブログ

統一協会の元信者のブログです。現在の心境や過去のできごとをお話して、被害に苦しむ方の力になれたらと思ってはじめました。


テーマ:

統一協会のことはしばらく書かないかな・・と思っていたのですが、現役さんとかのブログ見ていたら書きたくなりました。


幸福の科学にまた再々抗議文を送ったそうですね。またか、と呆れました。やや日さんもとりあげてましたが、法廷闘争まで行ってしまいますかね。でも、こんなの裁判が成り立たないんじゃないでしょうか。


ところで鶴子さん糖尿病らしいですね。高齢になるとなりやすいんですかね。むかし天地正教にいた時、責任者が糖尿病で、のどが渇くらしくて「水もってこい」と1日に何度も命令されてこまってしまいました。周りの姉妹が○○さん仕事できないよ、と言ってくれたので入れ物に水をいれてがぶがぶのんでました。


食当だったので糖尿病のための食事も作ったりしましたが全部材料を測らなくてはいけなくて、やってられないなぁ・・と思ったのを覚えています。


その人は体重は3ケタは確実にある人で、普段からダイエットしていましたが、元来美食家らしく子供のころからいいものを食べていたそうです。食口は若くても、献身者は身体を酷使するので病気になる人もたまにいました。


まえも記事に書いたかもしれませんが、この責任者は、しばらくいたのですが、食事に不満をよく漏らしていた、と聞きました。そして何年かして、偶然、天地正教にいた人と会って離れたということを聞きました。


結構、上の方の責任者だったのでおどろきましたけど、やっぱりって感じもしました。

病気になった時点で難しい、というか、教会からある意味見捨てられるみたいですね。


癌になった人も「帰りなさい」って実家に帰らされた話も聞きました。・・のでやっぱり使い捨てなんですね信者は。


糖尿病は厄介な病気ですね。でも、同情はしません。鶴子さんは美食が原因かもしれないし、贅沢のかぎりをつくしてきたんですから。


・・・・私も病気にはきをつけなくちゃ。 

いいね!した人  |  コメント(0)
PR
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村


こんばんは~


統一協会 献金と検索していたら 最近相次いで起こされている献金返還訴訟や青春を返せ裁判の統一協会側の言い分というか、主張なるものがあったので興味がわいて読んでみました。


http://suotani.com/materials/kensyou/kensyou-3



主張の1つは宗教の聖域に裁判が入るなということなんでしょう。私もお金を取り返すのに青春を返せ裁判や霊感商法の損害賠償事件の準備書面や意見陳述など勉強したのですが、今回統一協会側の考えに触れたのははじめてでした。


興味のある方は読んでみるとおもしろいかもしれません。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会 批判・告発へ
にほんブログ村


統一教会からの脱会と
福音的教会への導き

――主イエスとの出会い――
広島県 藤井宏司


 これは、キリスト教の異端(いたん)の一つ「統一教会」に入信し、その後そこを脱出して、福音的教会に導かれたある人の、心の記録である。


 主イエスとの出会いを語る時、私は神の素晴らしいご計画――人間の知恵では考えられない方法でイエス・キリストに出会うことができたことを、思います。私は心から神に感謝し、その気持ちを込めて書きたいと思います。


生きる目的がわからない

 私は子どもの時、キリスト教の幼稚園に行き、高校は浄土真宗の学校に行きました。このように小さい時から宗教に接していましたが、宗教心は、全くといっていいほど持っていませんでした。
 神なんかいない、物事は人間の努力によって、良くもなれば悪くもなる、という考えを持っていました。だから受験の時も、神社に行くことはありませんでしたし、宗教は老人や弱い人がするものだ、と思っていました。
 高校を卒業し、予備校へ2年行きましたが、ちょうどその頃、私はある悩みを持ち始めていました。なぜ、何の目的で、人間は生きていくのだろう。死に向かって生きているだけなのに、人生の目的がわからない。 
 そう思うと、何か生きていくことへの希望というか、喜びがなくなってきました。このような心理状態の中で、偏差値を上げるための勉強だけに集中していかなければなりませんでした。
 悩みはますます大きくなっていき、私はカッターで、自分の両腕を切り刻んでしまいました。今でもこの傷痕が、くっきりと、何か所も残っています。これを見るたびに、私は、
 「ああ、何と自分はバカなことをしてしまったんだ。神がこの自分を造ってくださったのに、こんなことをして、神はどんなに悲しまれただろうか。
 神は罪人である私を、泥沼から引き上げようとご計画されていたのに、私はそれを自分で断ち切ろうとした。死ななくて良かった。もし死んでいたら、イエス・キリストに出会う喜びを体験できなかった」。
 イエス・キリストの愛を知った今、私はまた新たに、神の底知れぬ愛を感じざるを得ません。人生の目的を教えてくれた神のことを考える時、感謝の気持ちで心がいっぱいになります。

全文はこちらから→http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/022touitsu.htm


なかなか読んでみてよい証なので紹介します。


いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード