2012-07-14

ひらたいスプーンのかたち

テーマ:喪失

テーブルの同じすみに


いつも


あなたは書置きをおいた。




それは薄い茶色の紙で


僕に


剥がれ落ちた皮膚を思わせる。




端はちぎられて毛羽立ち


ゆるく反って乾き




行き先と


帰宅時間が




句点も読点もなく


簡潔に記してあった。




窓は開いている。




だから


部屋には


風が吹いている。




重石はいつも


銀色の平たい


デザートスプーンで




僕は無造作にそれを手に取り


重さをなくした伝言は


部屋のどこかへ飛ばされていく。




冷蔵庫にはバニラアイス。




何かを確実に慰める甘さ。




平らなかたちのせいで


アイスが


口の中で溶けた後でも




スプーンだけは


舌の上に長く休んでいる。




あなたの最後の旅立ちのとき




行き先も帰宅時間もない


書置きの前で




ずっと言えなかった


ひとつのことばが




銀のスプーンのように


かたく


舌の上に残った。






先週、諏訪敦さんのお話を聞きに


恵比寿へ行きました。





小さな部屋の中


スライドで諏訪さんの


製作過程など観ながら


お話を聞くのは思っていたとおり


濃くすばらしい時間でした。





心に残ったのは


諏訪さんがお父様の死の傍らで


遺体をスケッチした話。





わたしは自分の両親の死の傍らに


いたときのことを思い出していました。





母は十代のとき父は三年前。


二人とも事故でなくなったために


病院に駆けつけたときには


死にいく状況で……。





肉死の死を目の前にしてわたしは


とても静かな気持ちでした。





そこに両親のかたちはあっても


もうそこに彼らがいないこと


もうもどってこないことがわかったのです。





死というもの。彼らの不在。





それを受け入れようとする、のではなく


それを一瞬に受け入れてしまった自分。





ただ目の前にあるのは


見たことのない


現実の「かたち」なのです。





わたしには死に対する憧憬も畏怖もありません。





死は人として自然なもの、圧倒的事実だ、という


静かな気持ち、静かな自分自身の視線があるだけです。




AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ひよりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

3 ■諏訪敦さん。

いいですねえ。
やっぱり東京にはかなわないですね。
彼の細密画集。
実物をいつか見たいと思いつつ。

いつもこの細密画については、考え悩んでいます。

写真と同じように、人間の目のレンズが
見たものをキャンバスに写していく作業。

そこには魂というものが入らなくては、
ただの写真画になってしまうという恐ろしい問題がありますね。

ダヴインチも、フェルメールも、
ただの写真・細密画ではないですから。

それに、シャガールやら、ゴッホやら、
違う角度からの現実に対するアプローチもあって、絵は楽しいです。

死は自然なもの。

そう、やっと考えることができるようになりました。

秋になって、枯れ葉が散る。
それなんだと。

意識が、自意識が、脳が、前頭葉が、
それをこれまで、否定していましたが。

今は、納得しています。

その後のことも、私は、楽しみにしています。

死は詩です。

2 ■お久しぶりです。

もちろん担ぎます。
それと写真。

もみ蔵さんは救護ですか?
担がれますか?

1 ■お元気ですか?

今年は本祭ですよ。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。