2006-08-24

みりょく

テーマ:カナシイトキ

鎖




すきになることが

ぜんていで


そのひとを

みた。


そのひとを

きいた。


そのひとを

よんだ。


こころに

ひびくはずだった。


そのひとが

あなたの

すきなひとで

あるなら。


しっと

なんて

しない。


そんなに

せまく

ない。


あなたに

ふさわしく


だから

こうへいに


そのひとを

すきに

なりたくて。


なのに。


わたしには

わからない。


そのひとのなかの

なにに


あなたが

それほど

つよく

ひかれているのか。


どんなに

さがしても


みつからないと

いうことが

わたしを

ひるませる。


みつからないのは


それが

けして

わたしのなかには

ないもの


そして

これからも

えられないもの

だから


で。


いま

あなたと

みつめあうことが

かなわないなら


せめて

あなたのめになって


あなたの

すきなひとを

みたかった。


あなたと

おなじくらいに


あいじょうをこめた

やさしいめを

そらさず


しずかに。




もうすぐ

8月が

終わってしまいますね。


毎年

夏の終わりになると

やり残したことが

たくさんあるように思えて

すこし

焦ってみたりします。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-08-17

僕の更新

テーマ:大切なモノ

       ブリッヂ



とつぜん

君を見つけた。


なつかしい

海の見える公園で。


海風になびく髪。

肌を焼く

強い日差し。


逆光になった

君の笑顔を

遠くから盗み見る。


気づかれない

距離を

慎重に測って。


木陰で

はげしく

蝉が鳴いている。


隣にいるのは

たぶん

僕の知らない

君の大切な人だ。


声は掛けない。


君に

会えない日々は

僕が

弱くなっていく日々で。


どんな自分にも慣れる。


それは


どんな自分にも成れる、と

同じくらいに

本当だった。


もう

何もかもわりきる。


そう

思っていたはずの

自分が


じっとりと

シャツの背中を

汗で濡らしながら


驚いたことに


まだ

君に与える

印象なんかに

執着している。


まぶしい。

目を閉じてしまいたい。


君の中の僕を

更新しないまま

僕は

きびすを返し


水平線くらいの

ゆるやかな曲線で


心の中の

昔の自分と今の自分の境界に

はっきりとした

ラインを引き直した。




雷が鳴っています。


昔は

稲光を見るのが好きでした。

今は

子供に止められます。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-08-10

自由で奔放で

テーマ:告白

nora


人前であなたに

恥をかかせようとしたのは

ただあなたを

怒らせてみたかったからなのに


躾られていない私が

好きだと言ったあなたは

私をけして

躾たいわけじゃなかった。


君の好きなように。

君のしたいように。


あなたは

笑って見ているだけ。

選択権は

いつでも私に。


束縛されないことが

苦しかった。

言葉で求められないことが

辛かった。


奔放でいいね、といわれるたびに

あなたの望む

と思う奔放さを

なぞる。


熟練した強気。


その裏でそっと

あなたには見せられない

不安を押し殺して。


矛盾しているのかな。


隠したはずの不安を

あなたが

とうに知っていて


そんな私に

微笑んでいるのだと

想像するときだけ

しあわせだった。


本当の私を求められた

嬉しさを思うだけで


時々


涙がすうっと

頬にこぼれた。





これで良い?って

聞きたくなる。

あんまり好きになると

それも聞けません。



AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-08-03

やさしさ

テーマ:開かれたマド


       丘


君だけが

強さを求めなかった。


僕は

試されず

どんな評価も

くだされなかった。


君はいつも

半分

無関心で。


愛してる。


ずっと前から

誰かがくれる

そんな言葉の代償は


重すぎる。


僕は

僕でいられない。


少しも強くないから。


でも

君はいつも

やさしく半分

無関心で。


だから

僕は初めて



なんの保険もかけず

プライドも忘れて


愛するという行為

その行為自体に

のめりこんだ。


コンナニ アイシテル。

コンナニ キミヲ アイシテル。


何度も泣いた。


取り乱した。

欲しがって

ひざまづいて

だだをこねて


そうして


はじめて僕は

僕自身を

開放できたんだ。


君は

抱きしめては

くれないけれど


僕を見る。

見つめてくれる。


優しく

何も求めず

そこに。




バイト先は銀座なので

夏休みに入ってから忙しいです。


今年は肌を焼きすぎました。

皮がボロボロむけてきます。

しまった…。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。