昨年公開映画の92本目

ゲイのギャップで笑えましたし、ラストシーンに注目です。


あしたのパスタはアルデンテ(2010)B

$恋愛映画を話そうよ


★数行で映画紹介

兄弟二人がゲイだった。

いつカミングアウトしようか悩んでいると

先に兄が行って、父から勘当されて 戸惑う弟。



★ショウトしょうとSHORT

時々おっと思わせる演出とクスクす笑わせるゲイのギャップネタで
かろうじてC、メインの話しは退屈だった。

ラストシーンが仰天で、

葬式から結婚式そしてダンスと流れて、Bですね。

甘いものをたらふく食べて自殺した祖母が印象的。
おそらく糖尿病だったのだろう。

リッカルド・スカマルチョの演技が秀一。

★基本情報

原題 Mine vaganti

監督 フェルザン・オズペテク
    (ゲイを公表)

脚本 フェルザン・オズペテク
イヴァン・コトロネーオ

出演者
リッカルド・スカマルチョ
ニコール・グリマウド

上映時間 113分
製作国 イタリア
言語 イタリア語 
AD