目下の恋人~辻仁成氏の恋愛エッセンス

テーマ:

一瞬が永遠になるものが恋、永遠が一瞬になるものが愛・・・


目下の恋人 (2002)A


好感度A

監督脚本が辻仁成氏の作品


同氏の「冷静と情熱のあいだ」には感動したが


本作は感動よりも同氏の恋愛エッセンスの集積


テーマが「愛の手前 恋のとなり」


ただ好きになっただけ、
それが愛とか恋とかわからない。


一瞬が永遠になるものが恋、

永遠が一瞬になるものが愛


★映画紹介


村上サガンの映画ブログ

<目下の恋人>の意味を勘違いして

浮気してしまう。

二人の男と交際しているうちに妊娠に気づく

どちらの子供かわからない。

問題を克服する過程で、気づくことがあった。


★ショウトしょうとSHORT



古今東西の恋愛ものから

「男2対女1」のパターンを

リアルにわかりやすく、まとめていますね。


★印象のあるセリフ



「シュウと別れたくて浮気したのに

ますますシュウが好きになっていく

シュウが大事だと気づいたの」

浮気したら、シュウに優しくできるのに気づいた。

==

「ズルズルするのが楽だから」

二人の男を漂うように交際している


==


★基本情報

監督脚本 辻仁成

出演:

井川遥 好きな女優だが、メイクが変

杉本哲太、萩原聖人

オダギリジョー、川島なお美、原田芳雄


以上(初稿)
目下の恋人~辻仁成氏の恋愛エッセンス



AD