奈良・行政書士法人代表 むらじのブログ

奈良・大和西大寺にてディア行政書士法人を経営しています。離婚・相続のご相談から事業立ち上げに関わるご相談までお受けしています!

奈良・大和西大寺の行政書士の連です。

先週奈良マラソンで10キロを走りました!

制限時間ギリギリだし、今もちょっと足が痛いんですが(笑)

走りきった後は、やっぱり達成感でいっぱいに。

また来年も挑戦したいです!

{133590FA-A533-4371-A621-41F89E88EDB2}

今年の行政書士の本試験も終わり、あとは合格通知が届くのを待つだけという方もいらっしゃると思います。

例年この時期に増えるお問い合わせがあります。

「無給でいいので働かせてくれませんか?」

試験に合格して独立開業が圧倒的多数を占める私たちの業界。

他の士業と比べて求人が極端に少なくて、地方だと皆無に等しいこともあります。

だから、独立開業する前に少しでも経験を積んでおきたい。

その気持ちは、理解はできます。

でも「無給でいいので働かせてください」のお申出に対しての私の答えは明確にノーです。

これまでも一貫してお断りしてきました。

たしかに、うちとしても言ってみたらタダで人手が増えることで助かる部分もないわけではありません。

また、行政書士事務所ごとに色々な考えがありますので、事務所によっては受け入れをされているところも結構あります。

ただ単純に、うちではお断りする方針をとっているというだけで、どちらが正しいとかというのはありません。

理由はいくつかあります。

1つは、正直なことを言うと、やり方を教えるのにまず時間がかかるし、やっていただいた仕事に対しても確認が必要だからです。

あと、個人的な考え方かもしれませんが、対価と責任は表裏の関係だと思っているからです。

責任ある仕事にその対価があり、対価の代わりに責任がある。

責任ある仕事をしていただきたいから、対価は払います。

もちろん、無給であっても責任感を持ってしっかりやってくれる方もいらっしゃるでしょう。

だけど少なくともうちの法人では、無給でというのはナシです。

まだまだ少数でやってるので業務量に人の数が追いついていないところもありますが、だからこそうちで働いていただくのは、一緒に先を見ていっていただける方であってほしいなと。

本質的な話としては、もっと行政書士の雇用が進んでいけばいいんですけどね。

私自身は行政書士の雇用が進んでいくような事務所が増えることは、業界のため・社会全体のために必要だと思っていますし、うちはそうなっていきたいと思っています。

一緒にやり切った後、マラソンを走り切った後のような達成感を分かち合える仲間がもっと増やせるようにこれからも頑張っていきます。



>にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
{EB4F3E3D-DDC3-406A-B3A8-4116F5E5C111}

奈良・ディア行政書士法人のむらじです。

4ヶ月ぶりの更新になりました。

早いもので今年もあと1ヶ月ですね。

今、来期の計画を作っています。

新しく始めること、やめること。

結構あるんですが、一番大きな内容は支店の開設です。

来期うちは法人としては2期目に入ります。

3年半前に今の事務所(本店)を開設した時は、支店を出すことは全く考えてませんでした。

もともと修行なしのフリーターからの開業でしたし、これで生計を立てられれば十分と思ってました。

とにかく事業を大きくすることに興味が持てませんでした。

いい家に住みたいとか、いい車に乗りたいとか、いい物食べたいとかの欲も少ないし、そこそこ稼げたらいっかな、みたいな。

社員が入ってきてからも、事務所規模に関してその思いは変わりませんでした。

だけどしばらく経ってから、ちょうど法人成りしようと思ったタイミングで気付いたんですよね。

事務所は大きくしていった方が、面白い人や面白い事業に出会える可能性が高くなる。

もちろん、大きければいいというものでもありませんが…。

面白い仕事ができること。

新しいことに挑戦できること。

これはうちの法人にとっては非常に大事なポイントだと思っています。

うちの社員の理想の将来像とか人としての成長を考えたときに、事業規模の拡大を目指していかなければ、その実現のスピードは遅くなってしまいます。

もちろん、面白いと思えるかどうか、成長したいと思えるかどうかは結局主観によるところが大きいわけですが、そうは言っても機会を作ること、環境を整備することは私の役割です。

むしろその先に、個々の成長欲求や面白いと感じるかどうかの主観があります。

私自身の役割を果たす努力を自分自身が怠っておいて、あいつは成長意欲がないとか、仕事を楽しめてないとか言うのは、ちょっと違うよなぁと私は思います。

そういうわけで、うちは面白い仕事をもっとするために事業を少し拡大して支店を出すことを来期目指していきます。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
奈良・大和西大寺の女性行政書士の連です。

弊社は今月11日から15日までお盆休みです。

久しぶりに旅行に行く計画をしているので楽しみにしています!

ここ最近あまりブログの更新ができていませんでしたが、その間、会社として・一経営者としてたくさん考えさせられることがありました。

会社としての未熟さ、私自身の甘さ。

感じる場面がたくさんあって、非常に悔しい・不甲斐ない思いもしました。

次はきっちり決めてやりたい、そんな思いです。

さて、話は変わって。

この夏は業務提携のお話が同時並行的に進んでいます。

こちらから積極的に業務提携させていただきたいと話をさせていただくことも、先方からお話をいただくこともあります。

だけど不思議なもので、日々の仕事の中で「こういう所と提携したいなぁ」と思ってると、どこからともなくそういう話がやってくる。

ほんまに不思議です。

ただ、当然ですが提携するにあたっては、どこでもいいというわけにはいきません。

これまで相手先をよく選ばずになんとなく一緒に仕事をしたことで失敗したことが何度かあります。

私たちの会社では、仕事をする上での理念があります(詳しくはこちらのブログに )。

『理想を現実化し、社会に貢献する』

これが理念ですが、従業員に対して・クライアントに対して・取引先に対しての3つの場面で、それぞれの指針があります。

業務提携をするかどうかの決定にあたっては、「取引先に対して」の指針(私たちは第3原則と呼びます)に重きを置きます。

『取引先を上下関係のない対等なパートナーと捉え、互いの利益を尊重しつつ、共に成長し、共に発展していける関係性を築くことが最も重要であると認識します』

これが第3原則です。

上下関係のない対等なパートナーであること、共に成長・発展していけること。

ここに共通の認識がまず必要です。

これが欠けてしまうと、まず一緒に仕事をしていくのは難しいと判断します。

両社のスタンスの違いですから、そこに評価としての良い・悪いはありませんが、お互いにとっていずれしんどくなってくる時期が来ると思うのです。

とくに、どちらかにとって苦しい場面が来た時に、それは顕著に現れる可能性が高い。

{7E5068FB-C190-4425-8867-BF326F00F641}

ただ、いわゆるWIN-WINの関係では、まだ足りないと考えています。

お互いにとってだけではダメ。

私たちの理念は、『理想を現実化し、社会に貢献する』です。

経営は、最終的に社会への貢献につながるものであるべきだと考えています。

社会貢献というと非常に大きなもののようですが、会社経営が社会をちょっとでも良くする、ポジティブに変えていく効果を生むものでありたい。

自社なりの社会貢献のあり方を私たちもまだ模索しているところではあります。

同じように、自社なりの社会貢献を念頭に置かれている会社と、私たちは積極的に提携させていただくことを望んでいます。




応援のクリックをお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。