レンタル彼女PREMIUM「中村千花」オフィシャルブログ

レンタル彼女PREMIUM「中村千花」のオフィシャルブログです。
レンタル彼女PREMIUMは「心のリラクゼーション」「心の癒し」を提供しています。


テーマ:

日本シリーズ第2戦目。

 

初戦ともにテレビで観戦です。

 

テレビでの野球観戦は、解説も聞けるし、リプレイ動画も見れるし、当たり前だけど選手の顔が見えます。

 

選手の顔って球場での観戦では見れないし、気にするところではないので、「へー、こういう顔してたんだ」って、新たに発見することも……。

 

 

それはそうと、今日の試合中にビデオ判定がありました。

 

アウトと判定されたものが、ビデオ判定ののちにセーフになったというもので、その判定に喜んだ人もがっかりした人もいるでしょう。

 

それは勝負なので、どちらがか喜びどちらかが悲しむというのはしょうがないことなのですが、ビデオ審議中にスロー映像を観た解説者が「映像で見るとセーフですね。でも、これをセーフにしたら野球の醍醐味がなくなる」と言っていて、かなり驚きました。

 

「何年に一度の好プレーですしね」とも。

 

少なくとも同じ野球人が、セーフだと分かっているのに、そんなくだらない理由でアウトを望むって、ちょっと理解に苦しみます。

 

どちらのチームも選手も、プライドをかけた試合をしているのに、面白い方に流れを持って行きたいから間違った判定を見逃すといっているようなものです。

 

もしそんな理由からアウトになったとしても、加点を防げたチーム(日ハムですが)も嬉しくないでしょう。

 

プライドを持って戦っている両者に、とても失礼な言葉だなと思いました。

 

 

確かに、プロの世界ってショー的要素があるので、選手を置き去りにして「こうなったら面白いのに」「こうなったらいいのに」とかの思惑が渦巻いたりします。

 

経済効果なんかも絡んでくるのでしょうが、そうだとしてもそれを試合に持ち込んだら、フェアプレーなんてものが存在しなくなってしまいますよね。

 

スポーツではないですが、そういった出来レース的なものは、私が小説を書いている出版の世界でも少なからず存在します。

 

私はその『上の人』の思惑で、セーフなものをアウトにされていた側です。

 

そして、アウトなものをセーフにされていた人を、正直に可哀想と思っていました。

 

セーフにしてくれる人がいるうちはいいけれど、アウトをセーフにされても自分のためにはならないんじゃないかなぁと、自分の境遇以上に気になっていたのです。

 

案の上というか、やはりその図式は何年も後に砂のようにもろくも崩れ落ちるわけなんですが……。

 

 

試合の内容や結果はともかく、解説のデリカシーのない発言のせいで、ちょっともやもやしたテレビ観戦でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。