Rendo 

錬堂の日記

NEW !
テーマ:

先日、蝶形骨について投稿したのが大反響だったので

もっと詳しく説明しなければならないと思って・・
解りやすい資料を作ってみました

思いつきなので・・当たっていない・・かもしれません

参考にしてみて下さい

天城流湯治法はこんな資料が9700枚あるのです

習いたい・・と思ってしまった人

 

http://amagiryutojihou.main.jp/pg41.html

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

セドナへの旅 パート6

2008年4月20日-4 シャーマンドームへ

シャーマンドームに蛇の骨を埋めてしまおうと計画してたのに・・

その蛇の骨のネックレスを私にくれたアーティーが、今回は同行すると言う

いつも、アーティーはネイティブ仲間の中でも・・なぜか?みんなとちょっと距離をおいているのに

イベントの最中でもそこから少し離れたところにいて一人で静観していて事が多いのに・・

今日に限って、どうして? 一緒に行くと言うのか?

「うーーーん・・解らない」

アダムが「オーーケーーーレッツゴー」と言って

大きなワゴン車にイギリスから来た人達を乗せて出発だあ

私達一行は自分たちのレンタカーに乗って・・一路シャーマンドームに向かって出発

私の運転でセドナの町中を抜けて砂漠に入り

デコボコ道をガタガタと砂ぼこりをたてながらシャーマンドームに向かう

砂漠に入って暫く走ったところで急に前のワゴン車が停まった

「何だろう?」

「アレッ・・みんな・・降りているけど」

何だろうと思い、私達も降りる事に・・聞いてみたら・・この地点で何人かの人と待ち合わせだと言う

砂漠のど真ん中・・での待ち合わせ、外は乾ききっているけど・・暑い

暇なんで・・一緒に来たアダムの友人のネイティブの人に声をかけて

「タイコを出して、叩こうぜ」と誘った

彼は気持ちよく「オーーケーー」と言って太鼓を持ち出してくれて

バチを使って叩き始めた

ドンドンドンー 乾いた砂漠に気持ち良く響く、それに合わせて身体を動かし、踊り始める

そうしたら、彼がもう一つのタイコを出して私に貸してくれた

それで・・火がついた、もうヤケノヤンパチで思いきりタイコを叩きながら踊り狂う

最初、イギリス人達は見ているだけだったけど

タイコを叩いているバチでオーケストラの指揮者の指揮棒の如く振って

この乱痴気騒ぎに加わるように・・あおった

それで、一気に踊りの輪ができて・・大騒ぎ 聖なる乱痴気騒ぎ?

十数分を踊り狂った、額には大汗をかき、息は気持ちよく喘ぎ、心臓の鼓動さえも太鼓のようにドンドンドンと鳴り響いている

「あーーー生きていて、良かったあーー」と大声を張り上げた

そして、シャーマンドームに向かった

シャーマンドームは昔からこの場所で聖なる儀式をしていた場所で

岩山に50畳ぐらいの大きさの洞が開いていて

焚火の跡もあるので、ここで様々な儀式が行われている事が判る

神妙な気持ちでぞろぞろと一行15人がそのドームに入り

アダムのドームの説明から・・祈りが始まった

そのあいだ、私は・・ヘビの骨をどうしようか?迷っていた・・

どうしても・・おいていくのにはここの場所しか無いなと思っていたからだ

そのドームから外を見ると砂漠が広々と広がっていて

その砂漠に向かって参加してた人達が、かわりばんこに自分の思いを大声で叫ぶ

私の番になった 身体を一歩前に出して叫んだ

「もうーーーどうにでもしてくれーー」と・・この叫びが・・悪かったのかもしれない

自分自身はこの叫びで頭から背中までがすっきりした感じになった

「オーケー・オーケー、ネクスト・・」とアダムが言った

ンッ・・何て言いました・・ネクスト・・メディテーションタイム・・そう言いましたね

それでは・・なんか・・フリータイムが・・そんな時間・・があるの・・ですね

胸がスーーとして「ヨッシャ・・しめた」と嬉しくなった

ドームを出て、みんなは人より気持ちの良い瞑想をしようと思っているらしく

いい場所を探そうと足早に様々な方向に散っていく

私はなるべく、人がいない場所を探しつつ・・特にアーティーから離れた場所を探した

そこに陽子さんがいたので

「オイッ・・ヨーコ!!こっちこっち」と手招きをして呼んだ

辺りを見回しながら、岩の陰に隠れ、陽子さんに見張りをお願いして、20cmぐらいの穴を掘った・・その穴にバンダナに包んだ蛇の骨をバラバラと落として、掘った土をかぶせ

2度と縁が無いように・・との願いを込めて、大きめの石3個を埋めた土の上に墓標のように重ねた

「よーーーし・・これでうまくいった」

ニンマリしながら「協力をありがとう・・ご苦労さん」と陽子さんに言って

そそくさとその場から離れて

見晴らしのいい場所を探して瞑想に入った

このセドナを中心としたアリゾナの気候は空気が乾いていて雨も少なく昼間は大地が温まって上昇気流を起こし、たまに、その上昇気流が渦を巻きながら小さなスパイラルを作って砂塵をあげる事があるけど

今日の天気は嘘のように風も強くなく穏やかで、わずかに吹いている風もセドナの土の匂いと香草の様な草の匂いとが混じって露出した顔や腕などにフワフワとビロードの布で愛撫されているかのようで気持ちが良い

目をつぶり、そのフワフワした風を受けながら幸福感に浸っていた

瞑想時間は十数分で終わったと思う

アダムの「オーーケーー」と掛け声がかかるまで・・

起きているのか?寝てしまったのか?判らない時間が過ぎていた

身体も気持ちも良い、やはり、このシャーマンドームの丘は地場が良くてエネルギーの高い事が身体でも感じる

この地は陰陽がはっきりしていて

座って瞑想したところは緩むエネルギーで洞穴は身体や思考がムズムズする

昔のネイティブ達は感性が鋭かったのでこの地をシャーマンドームと名前をつけて

特別な場所として大事にしてきたのだ

まさに蛇の骨が埋められるに相応しい・・聖なる場所なのだ・・と確信した

名残惜しい気持ちを残して

いよいよ、今回のツアーを終え・・セドナからフェニックスに移動して今夜はフェニックスのホテルに泊まって

明日はフェニックス・ロスアンゼルス経由で日本へと帰国する・・予定だった

それが・・シャーマンドームの洞穴から砂漠に向かって叫んだ

「もうーーーどうにでもしてくれーー」と叫んだ事が・・天上界の神に・・届いてしまったのか

想像できない・・とんでもない事が・・起きてしまった

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
将棋、チェスで
最初に駒を動かす側を「先手」
後に動かす側を「後手」と言いますが
最近、この後手と言っても
理解できない人が多いですね
一般的に「後手を打つ」
この言葉を、私は、よく使うんですが
意味は…やらなければならない仕事を
後回しにしてしまい
その仕事を、つい忘れたり
たまりすぎて…どうしようもなくなって
収拾がつかなくなってしまう
どうせ、やらなきゃならない仕事なら
「先手を打って」
早く片付ける
時間も同じで…待ち合わせ時間に
早めに来る人
遅れて来る人
早めに来てれば
次の行動がよく見えて
動きがスムーズに動ける
遅く来てしまうと
その言い訳をしないといけないので
周りも見えずに余裕が無くなる
先に、先に事前準備をしておけば
何かのアクシデントに対応出来る事になる
同じ仕事をするにも
「先手を打って」準備すべし
と今朝は思いました
{06ACC9D2-9683-4A20-A10E-EB7AB4B73AEB}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)