失恋はスタートライン・・・「恋愛相談ブログ・心の保健室」  往縁(復縁)も素敵な出会いもここから!

恋愛のしかた、失恋の悩み・苦しみを抱えている方のバイブルです。新たな自分の魅力に気づき、キラキラ輝く魅力的な自分をプロデュースしていきましょう!!癒しと笑顔のキッカケをプレゼントするブログです!!

このブログは恋愛で傷ついた人のための「心の保健室」。言葉セラピーのお部屋ですラブラブキラキラ


 ・自分に自信を持ちたい人!
 ・自信の持ち方を知りたい人!
 ・失恋をバネに輝く自分に変身したい人!
 ・何かキッカケが欲しい人!
 ・意識の持ち方を変えたい人!




『yansono流自分磨き教室』 興味ある方は「こちら」


★mixiでコミュニティも好評拡大中!

「失恋はスタートライン!


恋愛におけるご相談や質問、お友達になってもイイ!!という人!


  ⇒ 個別相談、メールは 「こちら」 まで!!!お気軽にどうぞーー!



facebookは「こちら」 です!よかったらお友達申請かメッセくださいね。


★LINEのIDは、yansonoです!



復縁したいと想ってる人!!!・・・今日から復縁ではなく、往縁したい! と考えましょう!!!!



大スキな人に振られた・・・もうだめだダウン・・・っと凹んで、自信をなくしてる方へ。


 実は振られたんじゃなく、向こうは、あなたが眩しすぎてキラキラ逃げてしまったんだ、ということに気づけていますか!!??


 ここは、恋愛で思い悩む皆さんの心に少しでも元気の栄養を与え、快心の笑顔に戻れるよう応援するブログです!!!!


 どんなに仕事でイキイキしていてもにひひ、どんなに学校でバリバリ活動しててもニコニコ、どんなに趣味にガツガツ没頭しようと得意げ、どんな人でも必ず想い悩むのが、そう、恋愛です叫びあせる恋愛や失恋の悩みは、理性という防波堤なしに、心で直接受け止めることになります。


 でも心って、そんなに強くないんですよね右下矢印。だから、どんな悩みより、恋愛の悩みの方が生殺し状態でキツイもんです。特に失恋したときの心は痛すぎる。心の痛みには絆創膏は貼れないからね。

 しかし、失恋は、もともと魅力ある方が振られてしまうものなんです。だから相手は逆ギレして逃げていっただけ。これからもっと今考えている以上の価値観や人に出会えるし、刺激ある刺激ももっともっと増えてきます。


 人生はこれからチョキ!キラキラ輝くのもこれからキラキラ今は見えないだろうし、見えなくて当たり前なんだけど、失恋して得られるものってのは、意外とたくさんあるんです。そしてその得られたものは、必ず自分の魅力の源泉になります。


 多くの人が素敵な自分を取り戻せるように!!

NEW !
テーマ:

失恋したわけではないけど、仕事は辞めるつもりはないけど、日常は一応安定はしているけど刺激がない、何か自分領域を広げるキッカケがほしい・・・。


それが横の自分力


横の自分力をグングン上げていくには、今の自分の立ち居地をしっかり把握しておく必要があると思います。


よく「依存」という言葉を耳にすると思うし、皆さんも日常で使っているかと思います。この「依存」という言葉、皆さんはどのようなシチュエーションで用いますか?


きっとほとんどの場合、いや、もっというと100%の確率でネガティブな自分を表現する際に用いると思います。少なくとも褒め言葉では使いませんよね?


・振られた彼氏に今でも「依存」しているんです・・・。
・アルコール「依存」、タバコ「依存」症気味です・・・。
・今は楽しかった高校時代に「依存」して立ち止まっています・・・。


とかね。こういうことってあるでしょう?


「依存」のそもそもの意味は、他を頼って生きることです。親が赤ちゃんを援助し養うのは、赤ちゃんは親に依存して生きているということ。ここには上下関係があります。社会は人間と人間との関わりなので、助け合い精神で相互に依存し合うことは大切ですが、あくまでそれは対等な関係の助け合い。


こういう上下関係が発生すると、「あの人なしでは生きていけない!」とか「タバコ吸わないとイライラするよ!」とか、自分主体ではなく、対象となる人や物にすがって、そっちに主導権を奪われます。

でも実際の話、「依存」という言葉そのものに「依存」している場合が多いんです。『依存・依存症』ですね。キーワード症候群とも言えます。


本当は冷静に考えば、彼から脱却しているのに、タバコも吸わなくて平気なのに、依存しているという言葉から脱却できず、前に進めないという状態です。彼しか見えない、タバコしか見えないというのは実は錯覚なんだけどね。


この『依存・依存症』から脱却するためには、違う言葉を自分自身の中に組み入れないといけません。


というわけで、これからは「帰属」という言葉を用いるようにしましょう。


つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、ラーメンの話が出たのでその続きですが、ラーメン大好き!って人が、今のラーメンに満足せず、いろんなラーメンを試してみたり、実際に食べに行ったりして、ラーメンそのものを極めるぜ!っていうのは「縦の自分力」。一方、ラーメンだけじゃなく、いろんな麺類を知り尽くした上で、ラーメンの良さを実感するぜ!もしくは、他の麺類の良さにも気づいたから、ラーメンを大事にしつつ、他の麺類も極めるぞ!っていうのが「横の自分力」ですね。


横の自分力というのは、縦の自分力に比べ、なかなか急速に上がっていくことはありません。なぜかというと、縦の自分力は、失恋や不採用など、元々備わっていたもの、備わると期待していたものが無くなってしまい、穴が開いてしまった状態から、穴を埋めるべく努力することなので、具体的な目標が定めやすいけど、横の自分力は、今の日常は充実はしてはいないけど、怠惰かもしれないけど、でも安定はしているので、取り立てて自分力を上げる努力をする必要性を生じないからです。


他の麺類を知っていればもちろん素敵だとはわかっているけど、とりあえず目の前にはラーメンがあるので餓死はしない、だから今日もラーメンを食べてしまうってことね。


努力目標が明確に定められないので、どこに行けば刺激が受けられるのか、どこが気づいてない領域があるのか、それがなかなかわかりにくい。縦の自分力も横の自分力もバランスよく伸びていければ最高なんだけど、なかなかそれもうまくいかない。


復縁したい!転職したい!ということで有料のサイトを頼ったり、プロの専門カウンセラーやコンサルに相談したりしても、何となくわかったようでイマイチ解決しないことが多いのは、横の自分力が伸びないから、という点が挙げられます。縦は示しやすいんですよ。復縁に向けて自分磨きしましょう!とか、自己分析をもっとしっかりやりましょう!とかってことだから。だけど横は自分磨きのやり方であり、自己分析のやり方。これはオーソドックスな一般的方法では出来ません。出来ないから悩むんだしね。


これを解決していくにはどうしたらいいでしょう?


それは「会話」なんですよ。対等な会話なんです。そこにキッカケがあるんですね。しかもドクターやカウンセラーとの会話ではありません。それでは上下関係が生じてしまって、自分の心の中の様子を赤裸々に吐き出せないから。


だから僕は、出会った方とはお友達になりましょう!と宣言します。お友達は利害関係のないお付き合いだから、年齢は関係ないしね(笑)。お友達になって色んな話をざっくばらんにして、視界が広がればきっと違う世界が見えてくる、と信じています。


お友達なので、最初に答えや出口ありきで話を進めません。決して焦らしているわけではないんだけど、まずは人間関係を築きたいなって思うから。何よりも先にお互いを理解しあっていかないと心までは到達しないからね。

お互いのこと理解した上で、相手の発言を汲み取ったほうが、次に発する言葉になりやすいんです。すなわち会話ですね。


凹んでいたり、悶々としている人は、早く未知の広がるステージに進みたいと考えているはずだけど、悶々さを汲み取って一緒の絵を描いていき、その絵が花咲くようにするためには、まずは種を植えないとね。種は会話から運ばれます。


そして、会話の中にこそ、横の自分力がグングン広がる種がたくさんつまっているものだと僕は確信しています。


つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例えば、今付き合ってる恋人がいて、それなりに愛してくれるし不満という不満もないんだけど、でも何か違和感を抱いたり・・・とか、仕事も欲を言ったらキリがないけど、業務もルーチンワークが主体になり、何となく先も見えてきて、つまらない・・・とか、あとは、これは大きな声では言えないし、言ってはいけないことかもしれないけど、結婚していて主婦をやっており、結婚生活や旦那さんに大きな不満があるわけではなく、離婚とか考えてないんだけど、なんかよくわからないけど、このままでいいのか?もっと生活に刺激がほしい・・・とかって、悶々と考えることって、ありますよね?


こういう悶々さとは、上に書いた事例に限らず、総じて言えるのは「日常の硬直化」ですね。昨日と同じ生活パターンが今日も明日も繰り返されるという慣れ。それは見方を変えれば幸せなのかもしれません。日常が硬直しているというのは、喜怒哀楽の感情をあまり感じないということなので、嬉しいとか楽しいとかって感情も、悲しいとか辛いとかって感情も沸かないわけだから。

もちろん道義上で言うと、恋人がいるのに、違和感を抱いたりするのは良くないことだし、今の会社で給料をもらいながら、つまらないと感じるのは申し訳ないし、結婚しているのに他の刺激を求めるのはご法度であるのは当然のことです。ですが人間の心は常にドキドキやワクワクを求めてしまうもの。そこを理性で押さえ込もうとしても、どうしても無理が生じます。その無理が悶々の正体。


それに、恋人や旦那さんがいるのに刺激を求めるのは、別のパートナーを欲しているのではなく単に今の日常の幅を広げるキッカケがほしいということなので、これは人間的な魅力アップ(=自分力アップ)につながるはずです。


この悶々さを打破したい!と考えるのが「横の自分力」です。


「縦の自分力」は、単に自分自身のレベルアップなので、わかりやすいし受け入れやすいんだけど、「横の自分力」は、自分領域を広げるということで、邪念が入る場合が多いんです。だけど新しい領域を広げる「横の自分力」で刺激を受け、それが結果的に、縦に伸びる自分力につながり、自分自身という人間の器が何倍にも大きくなるのは、決して悪いことではありません。


浮気や不倫をしろとか、会社に隠れてコソコソ副業しろとか、そういうことではありませんよ。でも、どうして今、悶々とするのか?というと、今の領域ではハマりきらない自分がいるからです。そしてハマりきらない自分は、別の領域にこそハマって安定するんだけど、その領域を自分だけで見出すことができない、今の日常で関わってくれる人ではキッカケを作れないということ。だからいろんな出会いや刺激は、日常が硬直化している人ほど重要になってきます。


ラーメンが大好きな人は、うどんもパスタも蕎麦もフォーも、全て知ってこそ大好きと言い切れる。そのいろんな麺を知ることが「横の自分力」ですね。


つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

僕のブログの主題の一つに「自分力」 という考えがあります。


「自分力」とは、まずは何よりも自分が幸せになるために、自分が輝くために、努力していく姿勢のことです。ここでいう努力とは、いろんなことに興味を持って実際に首を突っ込んでみることですね。

そうやって自分が幸せになろう!輝こう!って意識で、好奇心や向上心を持っている姿勢が何よりも大切であると、僕自身の人生を振り返っても、それは正しい姿勢だと思います。


ところで、その「自分力」ですが、パワーが伸びる方向が2つあるって言われたら・・・イメージできますか?


今の若い人にはイマイチわからないかもしれないけど、「この木なんの木♪」ってCMが昔ありました。

こんな木です。



恋愛・失恋で苦しむ人へ・・・「心の保健室。言葉セラピーのお部屋。」  復縁も素敵な出会いもここから!今日からがスタートライン!


自分力の伸びる方向をイメージしてもらうには、もっともわかりやすいと思います。


恋愛や就活の悩み・・・例えば失恋したり、面接落ちまくり内定もらえなかったり、会社辞めて次が決まらなかったり、そんな自分の日常を支えていたものがスッポリなくなることによって襲ってくる辛さ・悲しさ・切なさ・虚脱感などから脱却してレベルアップするのは「縦の自分力」です。縦、つまり「この木なんの木♪」でいうと、天に向かってまっすぐ伸びる未木ですね。


幹がグングン伸びると、視界も広がって自分の立っている場所から周囲が広く見渡せるようになる。すると、あれほど苦しんでいた元恋人の残像も前の職場も、広がった景色の中ではちっぽけな存在になり、代わってそれまで見えなかった場所に次の素敵な異性の姿、会社の存在があることがわかります。


悩みを抱えた当初は絶対に見えなかった場所なので、いくら周囲の人に、次にもっといい人現れるよ!もっといい会社に巡り合えるから!って言われても、言葉では理解できても実感が沸かなかったはず。でも視界が広がれば、それが実際に見えるようになるんだから心にストンと落ちるわけです。


過去のブログでは、どちらかというと、この「縦の自分力」については具体的にアレコレ書いてきました。


では、もう一つの方向、縦の反対は横ですよね。「横の自分力」とは何でしょう?


今回のシリーズは、この「横の自分力」について書きたいと思います。実は日常の生活の中で、より重要なのは「横の自分力」だと個人的には考えています。


つづく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんで付き合ってくれとか、好きとかって大好きな相手に素直に言えないんだろう?とかって、思ってはいませんか?「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-ねがい


今の自分は好きじゃない、もっとアクティブになりたいなあ、とか変わりたいなあ、とかって、思ってはいませんか?


 こういう想いは、人間なら、誰でも必ず持っているものです。想いはあるんだけど、実践ができないって感じ。


 実践できないのはどうしてでしょう?それは、意識を変えることができないからです。意識はそう簡単に変えられない。もっというと、自分だけではどんなに努力しても頑張っても無理です。意識って、これまでの人生で自分が体験したり、見聞きした域を超えることが出来ないからね。


 自分を変えたい!とかっていうのは、言ってみれば、人生の未体験ゾーンに足を踏み入れること。これって先が見えないから、不安なんです。躊躇もする。進んでいくには、かなりのエネルギーが必要です。経験済みゾーンをウロウロするのは、簡単なんだけどね。


 自分にとっての、未体験ゾーンに足を踏み入れるには、常に他人や外部からの刺激やキッカケが必要です。自分にとっては未体験でも、相手にしてみれば経験済みゾーンなんだから。意識は自分だけでは変えられないんです。


 例えば、黒のズボンばかり履いている子は、いくら、色鮮やかなブルーが似合うんですよ!とか、スカート履いたら絶対に可愛いのにー!とかって言われても、絶対に自分からは、そういう服を買えないし、第一選ばない。他人が、そういうスカートを引っ張り出してきて、強引に履かせてあげないとね。それでようやく、ああ、自分も意外と、ブルーの洋服イケるじゃん!スカートまんざらでもないじゃん!って、新しい自分に気付けるんです。


 失恋して、傷心している時期、何もしたくない、考えたくない、って鬱っぽくなってる時期を、頑張って乗り越えた後、自分磨きしなきゃ!変わらなきゃ!って思う時期がやってきます。裏を返せば、今の自分は好きになれないから、もっと違う自分になりたい!っていう現状否定なんだけど、まあ、前に進む動機付けとして考えれば、悪いことじゃない。


 でも、そう考えているうちは、自分を磨けないし、変われない。意識は自分では変えられないからね。失恋は、意識を変えよう!って考えるエネルギーにはなるけど、一人で変えることは不可能です。外部や他人に触れてみないと変われない。


 だから、切り替えて次の恋愛をしなきゃいけないし、いろんな人に頑張って会ってみないといけないんです。最初のうちは、どうしても、前の彼氏や彼女と比べて、前のほうが良かった・・・って余計に凹むかもしれないけど、それこそ、前の相手は、経験済みゾーンにいるからです。でも、新しく出会った人は、未体験ゾーンにいます。だから、不安が先走って、イマイチ盛り上がらない。でも、うまくその相手に引っ張ってもらって、未体験ゾーンが経験済みゾーンになり、経験済みゾーンが広がっていけば、自分の器が大きくなって、魅力も増す!ってことにつながります。


 自分磨きや、自分を変えるという本質は、外部や他人に接して、経験済みゾーン領域を増やしていくことなんです。


 失恋した時に、もっと良い相手はいるんだから、次の恋愛しようよ!とか、世の中に異性は、メチャメチャいるんだから!って言われますが、失恋しても、次の恋愛をしなきゃいけない理由は、こういうことなんですね。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

これは人によって違うと思いますが、特に恋愛絡みで、愚痴や泣き言をウジウジと言う相手が見つからないという人は、僕にぶつけましょう!!



僕は愚痴や泣き言を聞くのは嫌いじゃないです。だって愚痴は向上心なんだからね。


ある意味恋愛の悩みってのは、生殺し状態でキツイもんです。特に失恋とかしちゃうと、色んな意味で痛みがあるでしょう。心の痛みには絆創膏は貼れないからね。


だけどまだまだ人生は長いし、これからももっと今考えている以上の価値観や人に出会えるし、刺激ある刺激ももっともっと増えてきます。これは断言できます。


私は大丈夫かな・・・?って気持ちになることもあるよね。ポジティブ志向になりたいとはいえ、不安が支配するときもあるもんね。将来って見えないだけに。でも将来に期待するのは大事なことだから。


今はまだ、発展途上なんだし、これからもももっと魅力アップしていくのは当然のことなので、自分の将来に大いに期待だけはしておかないとね。


将来をキラキラ輝くものにするために、1人で抱え込んでも光は見えないから、今のモヤモヤを吐き出さないといけないということです。それはまさしく向上心ですよね。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
「嫌いになったわけじゃない・・・」

「好きかどうかわからなくなった・・・」

 まあ、こういうセリフで別れの方向に持っていく男がいますが、これを言われた女性の方は、生殺し状態でモヤモヤします。こんなこと言われたら、まだ可能性があるのかなあ・・・と期待もしてしまうので、吹っ切ることもままならず、ついついズルズル行ってしまうということがあります。「恋愛・心の保健室。言葉セラピーのお部屋」  キラキラ自分に進化しよう!復縁も素敵な出会いもここから!-tugou

 こういうセリフを吐く男は、単に自分が傷つきたくない、自分が決断を下して悪者になりたくない、という保身の意味合いが強く働いているので、受け手の女性としては、事実上は、別れを切り出しているんだと認識する方が無難だと思います・・・とは言っても、好きって感情はあるんだから、認識したくない、諦めたくないという思いの方が強いだろうけど。

 そんな中途半端な関係を望む男とズルズルにならないためには、彼にシロクロはっきりさせて!と求めるよりも、彼女自身の行動指針というか、自分軸を固めて、それを基準に物事を判断することが何よりも大事になってきます。

 もちろん相手があることだし、彼は自分に少しでも有利になるように言葉巧みに誘導してこようとすると思う。要は、自分は傷つかず、悪者にならず、場合によっては都合のいい女状態にしたい、ということね。彼女だって、好きって感情が払拭し切れてないし、期待だってあるから、ついつい情に流されそうになるかもしれない。それは仕方ないこと。仕方ないからこそ、男の罪は大きいんだけど。

 でも根っこに軸があれば、最後はそこにつかまればいいんだからね。困ったらそこに立ち戻って判断基準を求める。根っことは、自分がどうなりたいのか?っていう殻につつまれていない想いです。惨めになってでも彼にすがりたいのか?そうじゃないんのか?などなど。まあ、これは難しい作業にはなりますが、少なくとも言えるのは、彼は自らシロクロはっきりさせようとは微塵も思ってないってこと。はっきりさせる気があれば、最初からそんなセリフは吐かないからね。

 彼の生殺しのセリフは、「俺の都合のいい女になれ」と言ってるようなもの・・・という意識を強く持ちましょう。都合のいい女になりたくない!舐めるな!って思うなら、それだって1つの行動指針であり、自分軸です。



<画像元は「ふくだみちのぶ 」>

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらのブログの恋愛ウンチク だけをピックアップしました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「恋愛・心の保健室。言葉セラピーのお部屋」  キラキラ自分に進化しよう!復縁も素敵な出会いもここから!-wqoiu
振られたけど、今はお友達・・・これはあります。何を隠そう、僕は経験者。

付き合っていた彼女がいて、その子に振られて、ズルズル気持ちが引きずられているときに、これからはお友達でいましょう・・・なんて言われても、それはできっこない話です。頑張って彼女を忘れて前を見よう!って思っても、それは頑張ろうと思ってる時点で非現実的なんですね。だって、心の記憶はどんなに頑張っても消えることはないからです。


記憶の上から新しい経験や刺激の記憶で覆いかぶせていくことは可能ですが、消えることはありません。しかも、覆いかぶせていく過程では、前の記憶と新たな記憶がごっちゃになって、ぐちゃぐちゃになります。だから失恋からの回復には時間がかかるし、辛い時期が続くというわけ。


そんな辛い対象でしかなかった相手と、友達関係状態に戻れるというのは、自分自身にも変化がなければ無理です。変化するにはどうすればいいかというと、自分の周りの環境が変わらないといけないんですね。


環境とは、人間関係でも、生活スタイルでも、自分の身分でも、何でもいいんだけど、目先の視界が変わらないといけないということですね。そうやって心に新鮮な風が入ってくることで、ぐちゃぐちゃになった記憶が乾いていくんです。そして新しい記憶になる。


心に新しい記憶が覆いかぶさると、好きとか辛いとかって感情もなくなってセピア色になっていきます。振られた直後は、あれほど一緒に行った駅や場所、一緒にみたテレビや音楽なんかに心が敏感に反応してギューーって切なく縮こまり、行きたくない、見たくない、聞きたくない、いわゆる「ないない症候群」に陥っていたのに、セピア色になると、感傷的な想いは巡っても、「ないない症候群」からは脱却します。


振られた相手とお友達に戻る要件は、この「ないない症候群」から脱却することなんですね。そしてそれこそは、自分力のアップしたNEW自分ということになります。NEW自分なんだから、振られた相手に会うのは初めて、ということもできるでしょ?

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

今でこそ市民権を得ていますが、メールというのは、僕が若い頃にはなかった伝達手段です。ここ10数年で普及したツール。LINEに至っては、スマホが爆発的に伸びたここ数年ですけどね。


僕は、仕事でもプライベートでも、LINEやメールは普通に使いますが、大事な話や共通認識を持ってほしいことは、電話や会って話す、ことが普通だと考え、住み分けをしている世代です。


ですが、若い人は物心ついたときからLINEやメールという伝達手段はあったわけで、電話や会って話すのと同じような位置づけで捉えている人が多いです。でも、僕の経験上、メールを用いた伝達は、イイ話や楽しい話をする時には、すごく使い勝手が良いですが、悪い話や都合の良くない話などは、できるだけ使用を避けたほうが良いと確信しています。

メールは文字なので、感情が一切伝わりません。絵文字とかである程度イメージができても、確実に伝わることはない。イイ話や楽しい話は、メールという文字の中で、行間や文字の後ろに隠れている状況を汲み取ってお互いが相手に配慮することは可能ですが、悪い話や都合の良くない話は、事務的に告知をするだけに終わってしまい、相手がそれを見てどう思うか?どう捉えるか?ということをシャットアウトしてしまうので、双方向性にならないんですね。言ったもん勝ち、みたいになる。

別れ話をメールで伝えることは、伝える側は相手の意思を無視して言いたいことを言い切ることが出来るけど、受け取る方は、感情を伝える手段を奪われてしまい、対等な伝達方法ではないんですね。

ということでメールで別れを告げることは、原則として絶対になし!!です。

特に男性の場合は、真価は別れ際に出る!という記事 でも書きましたが、メールで勝手に恋愛を終わらせるのは、レベルの低い証拠です。そういう輩は、次の恋愛でも絶対に長続きしないと思います。
いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(1)

テーマ:

 距離を置こうと言われたときは、負のエネルギーが場を支配するので、あまり立ち向かわない方が無難だと思います。だからメールも出来るだけ我慢する。

 でも、いくら負のエネルギーが支配しているからといって、自分から諦めてしまうのもナンセンスです。どうせ今の自分なんて・・・って自分で自分にダメ出しをして、将来の可能性を自分から閉ざしてしまうのは、もったいないことです。それって、将来キラキラ輝く可能性を、自らの手で摘んでしまっている行為と一緒だから。「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-じょはり


 心理学とかで有名な、「ジョハリの窓」 というモデルがあります。僕は心理学の勉強したことないし、知識もないんだけど、前日たまたま、ある人の講義を聞いていて出てきたので、ちゃっかり、僕のブログで着用です(笑)。


 それによると、今の自分にはまだ、見えてない自分ってのが存在します。外見的なイメージなど、「自分も他人も気づいている自分」。そして相手は気づいてないけど、実は、自分は心の中でこんなこと思ってるんだ、っていう「自分だけが気づいてる自分」。今の自分が認識しているのが、だいたいこの2つですね。


 でも人間には、他人が自分を見て、実はもっと出来るのに・・・って思う、「他人は気づいてる自分」もいます。僕がブログ内で使うのは、他人視点という言い方をしていますが、要は同じ意味だと思います。人間にはプライドがあるので、他人がこうしたほうがいいよ、ってアドバイスくれても、なかなか受け入れられないもんです、特に若い時期はね。


 そして、極めつけは、「自分だって気づけてないし、他人だって気づけてない自分」ってのが確実にいます。言ってみれば、これが究極のポテンシャルなんだけどね。恋愛中に、相手に尽くしてる時って、他人も気づけないけど、自分だって、こんな自分がいたのかーって思うことあるでしょ?


 このように「個」の力って、非常に偉大です。自分にダメ出ししないでほしいと、僕が何度も言ってるのはそういうことね。負の流れに、「自分も他人も気づいている自分」や、「自分だけが気づいてる自分」で立ち向かっても、返り討ちに合うだけ。距離を置こうと言われた場合に、「自分も他人も気づいている自分」や、「自分だけが気づいてる自分」で立ち向ったら、そのまま別れへとつながります。


 でも、「他人は気づいてる自分」や、「自分だって気づけてないし、他人だって気づけてない自分」がいるんだ!って信じて、それを開拓しようと進歩的に考え、新たな自分の魅力を見出したときに、置かれた距離は、程よい自分磨きの時間になって、負の流れを食い止めることができます。負以上の正が加算されて、場にオーラが出るって事ね。


 じゃあ、どうやって、新たな自分を開拓するのか?それは自分磨きと称して、巷には、いろんなやり方や進め方が紹介されているけど、最も大事なのは、意識なんです。自分は自分!まだまだこんなもんじゃない!って思える意識。これは、良い意味の開き直りにつながるんだけど、自分磨きのスタートラインは、この意識を変えるということだと、僕は思っています。


 距離を置こうといわれても、そこで凹んで追いすがったら、負が増大するだけ。だから勇気を持って、立ち止まること。そして相手を見ずに、自分を見ること。まあ、実際には非常に難しいことなんだけど、でも、このことを知ってれば、踏ん張るための理屈付けにはなるでしょ?

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。