失恋はスタートライン・・・「恋愛相談ブログ・心の保健室」  往縁(復縁)も素敵な出会いもここから!

恋愛のしかた、失恋の悩み・苦しみを抱えている方のバイブルです。新たな自分の魅力に気づき、キラキラ輝く魅力的な自分をプロデュースしていきましょう!!癒しと笑顔のキッカケをプレゼントするブログです!!

このブログは恋愛で傷ついた人のための「心の保健室」。言葉セラピーのお部屋ですラブラブキラキラ


 ・自分に自信を持ちたい人!
 ・自信の持ち方を知りたい人!
 ・失恋をバネに輝く自分に変身したい人!
 ・何かキッカケが欲しい人!
 ・意識の持ち方を変えたい人!




『yansono流自分磨き教室』 興味ある方は「こちら」


★mixiでコミュニティも好評拡大中!

「失恋はスタートライン!


恋愛におけるご相談や質問、お友達になってもイイ!!という人!


  ⇒ 個別相談、メールは 「こちら」 まで!!!お気軽にどうぞーー!



facebookは「こちら」 です!よかったらお友達申請かメッセくださいね。


★LINEのIDは、yansonoです!



復縁したいと想ってる人!!!・・・今日から復縁ではなく、往縁したい! と考えましょう!!!!



大スキな人に振られた・・・もうだめだダウン・・・っと凹んで、自信をなくしてる方へ。


 実は振られたんじゃなく、向こうは、あなたが眩しすぎてキラキラ逃げてしまったんだ、ということに気づけていますか!!??


 ここは、恋愛で思い悩む皆さんの心に少しでも元気の栄養を与え、快心の笑顔に戻れるよう応援するブログです!!!!


 どんなに仕事でイキイキしていてもにひひ、どんなに学校でバリバリ活動しててもニコニコ、どんなに趣味にガツガツ没頭しようと得意げ、どんな人でも必ず想い悩むのが、そう、恋愛です叫びあせる恋愛や失恋の悩みは、理性という防波堤なしに、心で直接受け止めることになります。


 でも心って、そんなに強くないんですよね右下矢印。だから、どんな悩みより、恋愛の悩みの方が生殺し状態でキツイもんです。特に失恋したときの心は痛すぎる。心の痛みには絆創膏は貼れないからね。

 しかし、失恋は、もともと魅力ある方が振られてしまうものなんです。だから相手は逆ギレして逃げていっただけ。これからもっと今考えている以上の価値観や人に出会えるし、刺激ある刺激ももっともっと増えてきます。


 人生はこれからチョキ!キラキラ輝くのもこれからキラキラ今は見えないだろうし、見えなくて当たり前なんだけど、失恋して得られるものってのは、意外とたくさんあるんです。そしてその得られたものは、必ず自分の魅力の源泉になります。


 多くの人が素敵な自分を取り戻せるように!!

NEW !
テーマ:

人間は基本、自分のことがかわいいし、傷つきたくないし、良い思いをしたいと思っているものです。「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ 失恋はスタートライン!復縁も素敵な出会いもここから!-souous


 もちろんそれはそれで問題ないし、率先して不幸になる必要はないんだけども、あくまでそれは自分のステータスの向上という視点で捉えるべきで、他人の不幸の上にそれがあってはいけないと思います。


 これは男に多いんだけど、前の彼女と別れた理由として、違う女性を好きになり、そっちに鞍替えしたから、という場合に、新しい彼女に対して、自分がいかにダメだったか、という話を告白したり、自分が前の彼女を騙してしまった、ってことを告白したり、俺は変われないかもしれない・・・って落ち込んで見せたり、ってことをすることがあります。


 こういうときに、新しい彼女は、大丈夫、私も頑張るから変わっていこうよ、信じてるから、とかって言ってしまうものです。もう彼に対して恋愛感情のスイッチが入っちゃってるもんね。だから何でも許してしまう。


 でもこういう場合、彼という人間はそう簡単には変われません。本当に反省して一度は、自分が落ちないと、変わらないと!っていうスイッチが入らないものなの。


 挫折をしたり失敗したりしないと、思考のシフトはできないものなんです。やっぱり自分はかわいいもんね。


 男が、自分の過ちを彼女に告白したのは、彼女の自分に対する好感度を上げたいだけで、それは彼の邪心の部分から来る戦略です。彼女は彼が好きだから騙されちゃったってわけ。


 だって、前の彼女を騙して悲しませたあげくに、彼自身は傷つかず不幸になることなしに新しい女に鞍替えしたんだもんね。絶対に変われるわけない、ってわかるでしょ?


 だから、今の彼女にも確実に同じことをしますね。全く進化してないから。


 でもね、この世の現象は、作用と反作用の法則で成立しているんです。だから他人にヒドイ仕打ちをした男は、そのヒドイことをしたパワーが蓄積して、振り子が自分に戻ってきます。その男は、近い将来、今まで女性にやってきたヒドイ仕打ちを必ず誰かにされます。


 過去、何人かの女性に自分がしたヒドイことが一気に、そして自分ひとりに跳ね返ってきます。鞍替えした女性が3人いれば、その男には3倍の跳ね返りがあるってことね。


 振られた貴女としては、自分は振られて不幸なのに、どうしてあの男は浮気したあげく、その女に鞍替えして楽しそうなんだろう・・・悔しい・・・苦しめばいいのに・・・って思うでしょ?私だけ置いてけぼりなのが許せない!って思いますよね?


 でも彼には今、苦しみの振り子が大きく揺れて、自分に向ってきていることに気付いていません。貴女の受けたダメージより何倍も大きな苦しみが彼を襲いますよ。


 それをみて、ざまあみろ!って言いたいですよね?それを言うために、やっぱり失恋からは回復して元気にならないといけないわけです。彼の苦しみの最中には自分は笑顔になっていないとね!


AD
いいね!した人  |  コメント(47)  |  リブログ(0)

若い時期は最初は誰でも修業時代。年齢を重ねても、目の前に新しいことが立ちふさがれば初心者同然。だから不安や悩みが先走って、楽しいことは少ないはず。


だからこそ、そんな不安を抱えた他人にキッカケを与えられるような人になりたいなあ、と思う今日この頃。


それは就活も恋愛も一緒。目の前の光が見えてない状態は、どんな人間でも足がすくみます。


もちろん、今までも就活や失恋関連を通じて、いろいろな学生にキッカケを与えてきたつもりではあるんだけどね。


若い人には、無限の可能性があるとはいえ、その可能性に気付くのもキッカケ。キッカケは自分だけでは気づけないことが多く、その多くは他人が与えてくれるものです。


自分が将来、どういう道に進んでいけばいいんだろう、という選択の時には、色々な比較対象を持って置くべきなんだけど、そういうものを比べるのもキッカケ。


そして自分が選んだ道を、自信を持って進むためにも、生きていくための知識を備えるための出会いもキッカケ。



「気付く力」


「比べる力」


「選べる力」



この3つの力がいかに大切か?ということを、伝えていける人になれれば最高です。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

特に若い男に、そういうヤロウが多いんだけど、無意味なプライドだけが高いので、どんなにおかしくても、決して自分の意見を曲げない、折れないというタイプがいます。彼女の方が意外と正論だったりするんだけど、受け入れない。結局、男の意見を女性に押し付けてしまいます。



これは何も恋愛に限らず、仕事でもそうですね。上司になる人は、部下に自分スタイルの押し付けは良くない。ルールやマニュアルを教え込むのは正しいけど、仕事の進め方は人それぞれ。考えさせないとね。


心理学的にいうと、一般的に男の場合は「社会的承認欲求」を強く持っているからだそうです。他人から認められたい、崇められたい、すごいと言われたいっていう気持ちのことね。でも、若ければ若いほど、会社や組織の中では、まだまだ下っ端。なのでこの欲求が満たされていることはありません。


しかしだからと言って、いきなり上司に向かって、俺はすごいんだーー!もっと崇めろーー!とも言えない。なので、どこでこの気持ちを静めるかというと、プライベート領域の自分の安全領域で吼えるわけです。


付き合ってる女性とか家族とか。ここで意見が通らないと逆ギレします。男の立場からすれば、ここで欲求が満たされないと、逃げ場所がないということもあるのですが、そのはけ口になってる女性からすれば、受け止めるのもキツイもの。


本当に頼りになる人というのは、絶対に自分の意見を押し付けないものなんです。だって、押し付けってことは、それしか解決策を知らないってことだから、逆に底の浅さを露呈していることになるでしょ?



本当に頼りになる人は、引き出しをたくさん持っています。そしてモノを諭すのが上手いです。でもそこで、意見を押し付けるのではなく、こういう道も、あんな道もあるんだよ、と示してくれるだけ。最終的に選ぶのはその人、ってスタンスを取ってくれます。



そういう男を目指しましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

こちらのブログの恋愛ウンチク だけをピックアップしました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-夕日
 「恋愛中に、心を支配するその瞬間の感情」と、「失恋してから、振り返って思い返す当時の感情」は、理屈で言えば、もちろん同じ感情です。どの時間軸で見ているか?の違いだけで、見ている対象物は同じ。


 しかし、視えているものは違うんです。同じ感情が見えているようで、実は、似て非なるものが視えています。恋愛中の感情は、字のごとく理屈ではなく感情そのもの。一方で、失恋後に思い返す感情は、理屈の塊。

 つまり、感情を感情のまま受け止めている恋愛中と、感情を言葉で理解しようとする失恋後の違いです。

 この、一見同じものを見ているようで、実は視えているものは違う・・・という要因で悩んでいる人は多いです。特に、思索的なタイプは、ここに結構深く堕ちてしまうものなんですよ。

 失恋すると、あの時こう言えば良かった・・・とか、なんで相手の想いに気付けなかったんだろう・・・って、思い嘆くことがあります。相手から受け取ったボールを相手の取れる場所に投げ返さなかった・・・っていう悔いね。

 あの時、どうして相手にあんなボールを投げてしまったのか・・・って悔いるのは、理屈の世界。つまり、失恋後に思い返す感情です。だから、恋愛中に実際に投げていたボールとは、本質は違うんです。恋愛に模範解答はないので、場面場面でどう行動すればいいか?はケースバイケース。だから自分だって、悩みつつも、そのボールを受けて返していたんだし、そこはお互い様です。相手も頑張ったけど、自分だって頑張ったんです。ここは大いに誇らないと。

 遠距離恋愛の末、ゴールインするカップルは、もちろんたくさんいるでしょうが、残念ながら破局してしまうカップルも同じようにたくさんいる。僕は破局した方だしね。僕は学生時代の遠恋でしたが、学生時代と違って、社会人の遠距離は、自分の毎日の生活を維持していかなければいけない、というシビアな現実があるので、じゃあまた近くに住みましょう、ってのができないからね。

 しかも、社会人になって培う価値観や刺激、出会いなどは、学生時代とは雲泥の差。価値観がハマっていたはずの学生時代の2人も、社会人になって、仕事を通じて形成される価値観はメチャメチャ大きいので、それだけでもズレが生じます。仮に都会と地方で遠距離恋愛していれば、さらに大きくなって当然です。

 そういうすれ違いのなかで、何かと口論が絶えず、口論の途中で、面倒くさくなり、どちらからともなく、おもわず別れるかも・・・って言ってしまうことってあったりしますが、これって、そういう価値観をズレが全てだと思います。

 でもそれを、今の自分で考えるから後悔しちゃうんです。でも、この後悔は必然です。だってお互いの仕事によって、さらには遠距離によって、価値観がズレてしまったのだから。お互いが近い距離にいれば、仕事の価値観のズレは、頻繁に会うことで、埋まっていくことも多いけど、遠距離の場合は、ズレが一定以上大きくなってしまうと、ちょっと埋めるのは厳しいんです。

 何度もいうように、遠距離恋愛の末、ゴールインするカップルはたくさんいるけど、これは価値観がズレなかったわけだから、まさに赤い糸な訳です。運命なんです。・・・もっとも遠距離というお互いが頻繁に会えないという事項によって、価値観が合ってたように錯覚してただけで、いざ結婚して近い存在になると、メチャメチャ価値観がズレてた、ってことが判明することも多々あるんだけど。遠距離カップルが結婚して、すぐに別れてしまうのは、こういうケースが多いですね。

 どんなに仲良くても、別れてしまうことはあります。そうなった場合に、相手の人とは縁がなかったということになるんだけど、縁がなかった、ということを説明すると、以上のような理屈になります。でもね、長い目でみると、価値観がズレたということは、お互い確実に成長しているということなんですよね。少なくとも相手の方は、確実に成長しています。その成長の根底にあるのは、自分自身の存在があったからこそなんですよ。相手はこの先ずっと、自分から育んだ成長因子を、一生持って生きる訳ですね。

 本当に相手のことが好きなら、相手の根底に自分がいるんだ!ということを誇りに思って、笑顔で見送ってあげましょう。自分の根底にだって相手がいるんだから、きっとそう遠くない将来に、もっと成長した自分を相手に見せることができると思います。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

素敵な恋愛には、最初から恋愛相手を探しているだけでは絶対に巡り合えません。むしろ恋愛対象以外の人との出会いをもっと受け入れてないといけない。出会いがないなあ・・・と考える人は、目の前を通り過ぎる、一見平凡に見える些細な出会いのチャンスを見過ごしていることが多いです。同性の出会いでも仕事の絡みでも、正直気が乗らない会合でも、基本は貪欲に受け入れましょう。失恋はスタートライン・・・「恋愛・心の保健室」  復縁も素敵な出会いもここから!


実はあなたが求める栄養素は平凡な出会いの後ろ側に張り付いているものです。日常に起こる出来事はそれぞれが独立して存在しているものではなく、全ては密接に絡み合っています。その絡み合いの流れに素直に乗っかると、幸せにたどり着くもの。


わらしべ長者ってお話がありますよね?まさにこの話のとおりですね。



むかし、むかし、ある所に正直者ですが、運の悪い男が住んでいました。朝から晩まで、働けど働けど、貧乏で運がありませんでした。


ある日のことです。男は、最後の手段として、飲まず食わずで、観音さまにお祈りしました。すると、夕方暗くなった時、観音さんが目の前に現われ、こう言いました。


「あなたは、このお寺を出るとき、転がって何かをつかみます。それを持って西に行きなさい。」


確かに、男は、お寺を出ようとしたとき、転がって、何かをつかみました。それは、一本のわらでした。何の役にもたたないと思いましたが、男は、わらを持って西に歩いて行きました。


あぶが飛んできました。男はあぶをつかまえると、わらの先に縛りつけ、また歩いて行きました。町にやってくると、赤ん坊が、わらの先のあぶを見て、泣き止みました。


うれしそうな赤ん坊を見て、男は、わらを赤ん坊にやりました。代わりに、赤ん坊のお母さんから、男はミカンを三つもらいました。


ミカンを三つ持って、男はさらに西に歩いて行きました。しばらく行くと、娘さんが道端で苦しんでいるのを目にしました。水を欲しがっていたので、男はミカンをあげました。じきに、娘さんはよくなりました。代わりに、男は、きれいな絹の布をもらいました。


絹の布を持って、男はさらに西に歩いて行きました。しばらく行くと、サムライと元気のない馬に出会いました。美しい布を見て、サムライは、馬と交換するよう言うと、布を持って東の方へ行ってしまいました。男が、夜通し馬の面倒を見てやると、馬は、朝には元気になっていました。


馬を連れて、男はさらに西に歩いて行きました。城下町にやってくると、長者さんが、馬を見てたいそう気に入りました。男は長者さんの家に招かれました。娘さんが、長者さんと男に、お茶を持ってきました。


何と、男がミカンをあげた娘さんでした。長者さんは、不思議な縁と男のやさしさに心打たれ、娘を男に嫁がせることにしました。


男は、観音さまに言われたとおり、わら一本で長者になりました。男は、生涯、わら一本粗末にすることはありませんでした。村人からは、「わらしべ長者」と呼ばれました。めでたし、めでたし。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらのブログの恋愛ウンチク だけをピックアップしました!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
失恋はスタートライン・・・「恋愛・心の保健室」  復縁も素敵な出会いもここから!
学生でも社会人でも同じですが、日常がある程度固まってしまうと、なかなか出会いらしい出会いがなく、結果的に「どんなに気が進まなくても婚活イベントに参加してみようかな」って思うことがあると思います。


周りの人に、出会いがなくてねえ・・・なんて冗談っぽく言うと、婚活すればいいんだよ、とよく言われたりもする。そんなもんかなと思いつつも、でもそんな活動で出会いを求めても、そううまくいくかな?って正直思う。それに、新しい友達がほしいとも思わないし、1人でいるのも苦にならないし。趣味だってあるし、多くはないけど友達だっています。結論から言えば、いわゆる『恋活』や『婚活』を考えなければフツーの暮らしができている。しかし、実際問題、恋だってしたいし結婚もしたい。


既婚者の友達だって、朝起きて仕事に行って、夜に帰ってきてのんびりして、週末は他人と遊んだり、ダラダラ過ごしてた、そんなあたりまえな暮らしをしてたハズ。自分だって同じ。なのに彼らはパートナーを見つけ、もしくパートナーが見つかり、愛を育み結婚した。


この違いは何なんだろう?彼らに聞いたことはありませんが、実はものすごい婚活をしてたんだろうか?そして、それが当たり前なことなんだろうか?


なんて考えることってありますよね?焦りではないんだけど、日々が単調だとどうしても出会いを求めてしまうもの。でも出会い方がわからない。まずはどこに行けばいいのか?どういう動きをすればいいのかわからない。


婚活そのものは、恋人に出会うため、という目的が明らかなのでそれなりに有意義だとは思います。ですが、『素敵な出会い』と『婚活参加』は決してイコールではありません。栄養をサプリメントで取るのと野菜や肉から取るのでは、栄養摂取という目的では一緒でも、プロセスで学べることや感受性の育まれ方が雲泥の差です。それと原理は一緒。


ドラッグストアでサプリメントばかり購入して健康を考えていると、そもそもその栄養素はどんな食物に備わっているのか?より効果的に取り込むにはどこのスーパーでどんな野菜をいくらかけて買えばいいのか?ってことを考えることはまずありません。一気に目的に達してしまうから。


別に栄養素を取ることだけが目的じゃなかったんだけど、結果的に栄養素が補給できた、というのが理想的な食生活。食卓が華やかで美味しいご馳走だと、胃袋だけじゃなく心も元気になるもんね(笑)。


恋愛もこれと原理は全く一緒で、恋がしたい、結婚がしたいからといって、すなわち婚活や出会い系イベントだけにこだわるのは、間違いとは言わないまでも正しくはないです。


いわゆる、当たり前の日常を過ごしていた人がどうして恋や結婚までできているか?というと、仕事以外の時間で感受性を育んでいたからです。普通の人は、日々過ごしている中で、いつも劇的な出会いが目白押しなんてことは絶対にないです。


だけどそういう人は、きっとドラッグストアだけじゃなくスーパーに行ける時間を作ることはできることを理解していて、実際に時間を作って行ったはず。


つづく。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
「不安を未来志向で捉えると・・・!」 という記事の中で書いたのですが、


「ドキドキワクワクは心のコラーゲン!!!」



というキャッチコピー。ドキドキとワクワクというのは、実はルーツは同じなんだけど、心の中での段階が異なります。



つまり、出世魚のようなもん。有名なのはブリですよね。地方によって呼び名は違えど、ワカナからハマチ、そして最後がブリになる。脂の乗りも大きさも出世するほど最高になる。恋愛・失恋で苦しむ人へ・・・「心の保健室。言葉セラピーのお部屋。」  復縁も素敵な出会いもここから!今日からがスタートライン!-buro



ドキドキワクワクという感情のうち、ワクワク感というのは未来の感情を示す言葉です。つまりはブリですね。



一方でドキドキ感は過去の感情を示す言葉です。ドキドキとは、不安を示す言葉。今現在という場所から未来を見ると、ドキドキ不安なもの。だけど未来という場所から振り返ると、実際に行動を起こしているんだから、ワクワクに出世するはずなんです。



ワクワク感の過去のルーツはドキドキなんですね。どうしてワクワク感を感じられないか?というと、常に今現在という場所から未来を見据えるから。未来という場所は、もちろん誰にだって判らないんだけど、でも根拠のない自信を持とう!と思えれば、根拠なくワクワクすることは可能になるんですよ。



ドキドキには不安が張り付いています。でもそれが出世したらワクワクという未来志向に変わるんですね。時間という海の中で、ドキドキはワクワクに出世していく、というわけです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイミングがずれてしまったけど、今月7日は七夕。織姫と彦星は見ることができましたか?


・・・もっとも、東京の空は、ネオンの明かりに負けてしまうし、何より空が狭いので、お天気良くても見ることはできないけどね。「恋愛・心の保健室。言葉セラピーのお部屋」  フラれた・・・と思ってる人へ。復縁も素敵な出会いもここから!-amoanogaw

7月7日という恋人同士にはロマンチックな夜ですが、こんなロマンチックな日に、大好きだった人に最後通告をされて別れてしまった・・・または、一緒に過ごすはずだった相手が、別の人との約束を優先してしまい一人ぽっち、ブルーな一日だった・・・という方もいると思います。こんな日に恋愛がうまくいかないのは、なんて不幸なんだろう・・・って。

バレンタインデーもクリスマスイブも誕生日もなんでもそうですが、記念日やイベント日に、合いたい人に会えないというのは、人一倍の孤独感を感じてネガティブまっしぐらになるものです。

でもね、7月7日に関して言うと、僕の実家の島根県の方は、七夕は8月7日です。7月7日に七夕と言われても、いまいちピンとこない。

さらにこの時期、実家で夜に空を見上げると、一面の天の川。星イッパイでプラネタリウムを見ているよう。ホントにキレイです。この天の川は、7月7日(あるいは8月7日)が過ぎると、一斉になくなってしまうものではありません。クリスマスツリーやバレンタインの催しモノは、その日が終わると即座に撤収!・・・ですが、天の川が見える時期に撤収はありません。織姫と彦星も7日以降も顔を出している。

都会ではなかなか見ることはできないけど、でも見えないだけで天の川は存在するし、織姫も彦星も輝いてる。

7月7日に不幸のどん底を味わった人であっても、7月7日という日にちにダメージを食らうことはありませんよ。だって8月7日だって七夕だし、もっというと、織姫と彦星は、天の川を見上げるとキラキラ輝いているんだから。

孤独感はこの後の大きな出会いのビッグウェーブの前兆。人生はそういうもんです。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕の若かりし学生時代に、一度振られたすごく好きだった子に2年越しで告白したことがあります。1回目は最初から、ごめんなさい・・・って言われたんだけど、2回目は最初はいい感じで進みました!数ヶ月持つことなく消滅してしまいましたが・・・。「恋愛・心の保健室。言葉セラピーのお部屋」  キラキラ自分に進化しよう!復縁も素敵な出会いもここから!-oaeua


まあ、当時は、彼女に想いを伝えたい!判ってもらいたい!という気持ち以上に、万一振られたらかっこ悪いな・・・、心の逃げる場所なくなるな・・・ってプライドを守って保身ばかりが先立っていたので、相手も不信感持ったのだと思います。やっぱり告白は素直に自分の想いをぶつけるのが一番です。

好きって気持ちを言葉にするのは感情を言葉にするってことだから、なかなか難しいし、ドキドキしてドジらないように・・・って考えちゃうから、余計にアワアワしちゃう。でも素直に伝えよう!とそれだけ思っていれば、その気持ちは言葉にならなくても、相手の心に響くものなんです。

さて、同じ相手に2回以上の告白ですけど、一度振られてしまった相手に、従前と同じ自分でアタックしても、玉砕してしまいます。相手に、なんか今までの印象と違うな、成長してステキになったな、って思わせないといけない。

成功するかどうかは別として、その前段階として、今まで相手が気づいてなかった自分の魅力を引き出した上で、告白しないといけないんですね。

それって結局、往縁の考え方と同じですよね!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供の定義はいろいろですが、僕は、学生時代まではいろんな意味で子供だと思います。もっというと、20代前半までは、子供。「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-obatyann


本当の子供、たとえば赤ん坊から3歳くらいまで、これは楽しいと思います。でももっとも楽しくないのは、20才前後の時代を過ごす時代ですね。

面白いことに、大人になってからのほうが子供っぽくなることがある。これはどういうことかというと、自分を素直に出すことができるようになるってことなんですね。

20代前半までの子供は、自意識過剰である場合が多い。これは経験の絶対的な不足で、世の中の仕組みや、他人がどう考えているか?がイメージできない場合が多いので、どうしても恥をかかないように、自分が知っている世界でしか自分を表現しようとしないということがあげられます。

少ない引き出しから、なんとか武器を引っ張り出して、無理やりそれをひけらかすって感じかな。

このケースでは、すみません、って素直に謝っておけばいいものを、何かいいわけしたり、一言付け加えてみたり。また、

また、好きな人に、素直に好きだよって言っておけば、スムーズに付き合えるようになったはずなのに、振られたときの自分を恐れて、何かと遠まわしに表現したり、相手の顔色を必要以上に伺ったり。

そう、何事も経験不足というのは、自らの行動を抑えてしまうというデメリットがあるんですね。経験したことないから相手がどういう対応を示すかわからず不安なので、積極的になれないという悪循環ね。だから大人が、「もっと色んな経験したほうがいいよ!世の中面白いことたくさんあるから!」ってアドバイスをくれても、経験不足ゾーンに足を踏み入れるのが不安だから、なかなかできないわけです。

経験不足であるがゆえに、色んな経験ができない・・・これが20代前後の若者の偽らざる本音部分。

恋愛もそうね。好きって素直にいえたらどんなに素敵だろう・・・って心では思っていても、なかなか言えないのは、経験不足で自意識過剰で、失敗を恐れるからです。だから恋愛で悩むんだけど。ホントは恋愛も単純なんだけどね。お互いが難しく考えるから、難しく見えるだけ。男女の心理の違いだけ理解しておけば、後は人間の行動には大差ない。

だから人間、素直になったほうが、人生楽しい!!!ってことになります。

人生が楽しいって思えるのは、30代中盤からかな。少なくとも僕はそうですね。いろんな人と出会って、いろんな社会的地位の人と話して、いろんな生き方、考え方があるということを知って、経験値が増える。そうすると、行動の先にあるものが見えてくるし、アクションを起こすことが怖くなくなる。

この究極の姿が、大阪のオバチャンですね(笑)。

人生は子供より大人のほうが楽しいけど、大人になって楽しいと思えるためには、心が子供に戻ることが必要。心がもっとも大人なのは、20代前半です。だから悩みが多いし、苦しいときの方が多い。心が大人のまま身体も大人になると、人生は本当につまらなくなります。

だから結局は勇気を持っていろんな経験したり、出会いを求めたりって姿勢が大事なんだけどね。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。