失恋はスタートライン・・・「恋愛相談ブログ・心の保健室」  往縁(復縁)も素敵な出会いもここから!

恋愛のしかた、失恋の悩み・苦しみを抱えている方のバイブルです。新たな自分の魅力に気づき、キラキラ輝く魅力的な自分をプロデュースしていきましょう!!癒しと笑顔のキッカケをプレゼントするブログです!!

このブログは恋愛で傷ついた人のための「心の保健室」。言葉セラピーのお部屋ですラブラブキラキラ


 ・自分に自信を持ちたい人!
 ・自信の持ち方を知りたい人!
 ・失恋をバネに輝く自分に変身したい人!
 ・何かキッカケが欲しい人!
 ・意識の持ち方を変えたい人!




『yansono流自分磨き教室』 興味ある方は「こちら」


★mixiでコミュニティも好評拡大中!

「失恋はスタートライン!


恋愛におけるご相談や質問、お友達になってもイイ!!という人!


  ⇒ 個別相談、メールは 「こちら」 まで!!!お気軽にどうぞーー!



facebookは「こちら」 です!よかったらお友達申請かメッセくださいね。


★LINEのIDは、yansonoです!



復縁したいと想ってる人!!!・・・今日から復縁ではなく、往縁したい! と考えましょう!!!!



大スキな人に振られた・・・もうだめだダウン・・・っと凹んで、自信をなくしてる方へ。


 実は振られたんじゃなく、向こうは、あなたが眩しすぎてキラキラ逃げてしまったんだ、ということに気づけていますか!!??


 ここは、恋愛で思い悩む皆さんの心に少しでも元気の栄養を与え、快心の笑顔に戻れるよう応援するブログです!!!!


 どんなに仕事でイキイキしていてもにひひ、どんなに学校でバリバリ活動しててもニコニコ、どんなに趣味にガツガツ没頭しようと得意げ、どんな人でも必ず想い悩むのが、そう、恋愛です叫びあせる恋愛や失恋の悩みは、理性という防波堤なしに、心で直接受け止めることになります。


 でも心って、そんなに強くないんですよね右下矢印。だから、どんな悩みより、恋愛の悩みの方が生殺し状態でキツイもんです。特に失恋したときの心は痛すぎる。心の痛みには絆創膏は貼れないからね。

 しかし、失恋は、もともと魅力ある方が振られてしまうものなんです。だから相手は逆ギレして逃げていっただけ。これからもっと今考えている以上の価値観や人に出会えるし、刺激ある刺激ももっともっと増えてきます。


 人生はこれからチョキ!キラキラ輝くのもこれからキラキラ今は見えないだろうし、見えなくて当たり前なんだけど、失恋して得られるものってのは、意外とたくさんあるんです。そしてその得られたものは、必ず自分の魅力の源泉になります。


 多くの人が素敵な自分を取り戻せるように!!

NEW !
テーマ:
日本人は、季節の移り変わりなどの何気ないものに美しさを感じることができたり、小さくて、ともすれば見過ごしてしまうような部分に気付けたり、といった感性が秀逸な民族である、と言われます。
 
でも、仕事面でどれほど、この感性が活かされているか?は疑問ですよね。目先の自分の業務に追われると、ゆっくり物事を見据える暇もないしね。「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-ol
 
ただ、女性の部下を多く持つ男性の方は、この自分にとって小さくて見過ごしてしまう部分に神経を研ぎ澄ませておかないと、信頼が得られないことがあります。
 
僕は、総務畑が多かったこともあり(今でもだけど)、周囲に女性がたくさんいる部署や、自分の部下が女性だということがあります。オフィスラブには発展しなかったけど(笑)。モテなかったしねえ。
 
女性というのは、得てして男がスルーしてしまうようなことに問題意識を抱くことが結構あります。男にとってはどうでもいい(どうでもよくはないんだけどね)、と見過ごしてしまうようなことに、女性は気付くことができるんです。これこそ気配りや優しさなどといった、女性ならではの感性なんですけど。
 
男は、自分の部署に割り振られた業務については、細かく気付いて指示もしますが、誰の担当でもないんだけど、日常の中に組み込まれている業務(例えば電話応対、郵便仕分け、お客様へのお茶出しなど)については、無頓着なことが多いんです。男の感性では、こういうことに気付けないんですね。
 
こういった女性の感性に男が気付けず、スルーしてばかりだと、女性はストレスを抱えてしまい、不満が大きくなっていきます。どんなストレスも、最初は「不満」となって生じる。不満の段階で、男の上司が気付いてあげてフォローしてあげないと、もしくは相談しに来たとき、真剣に向き合ってあげて一緒に考えてあげないと、女性というのは、不満が積み重なると、それが「不安」に変わります。そして不安が積み重なって更に大きくなると、上司や会社に対する「不信」に化けるんです。
 
男の上司が業務だと認識してない仕事に、真剣に向き合おうとしている女性に気付けないことは、お互いにとって「不幸」を生みます。
 
 
不満むっ → 不安しょぼん → 不信プンプン → 不幸ショック!
 
 
というふうに、不が「負のレベルアップ」をしていく。これが女性の心理です。これはプライベートの恋人同士でも同じで、男にとっては些細なこと、って意識になるかもしれないけど、でも、男が些細なことと認識していることは女性にとっては、かなり大きい問題だったかもしれません。
 
 
 「今日なに食べる?」

 「今日なに着て行けばいいかな?」

 「今日なに持っていけばいいと思う?」

 

 

こういった女性の問いかけに、「何でもいいよ」「俺にはわからないよ」って回答していくと、不が「負のレベルアップ」をしていき、取り返しのつかない溝ができてしまうことがあるので、男は要注意です。

 

 

 

男が気付けない不満を抱えて、一生懸命に悩んでいる。そんな部下の女性、もしくは彼女に感謝しないとね。感謝すれば、向き合えることになる。やっぱり、仕事も恋愛も、相手を認めてあげるということが大事ですね。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

個別相談は大歓迎!メッセはお気軽に!

 

→ 相談メールは、こちらまで!

 うまく送れない、と言う人はyannsono55@yahoo.co.jp  まで!

 

★LINEのIDは、『yansono』です。

 

『yansono流自分磨き教室』 興味ある方は「こちら」

 

facebookは「こちら」 です!よかったらお友達申請かメッセくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 彼が支社や地方拠点を持つ企業に勤めていたりすれば、一般的には、転勤は避けては通れません。将来出世してエラくなるためには、転勤は大事な経験ではあるんだけど、恋愛においては一大事です。だって転勤すれば遠距離になっちゃうもんね。
 
 もちろん逆のケースもありますよ。彼女が遠くに行ってしまう場合もね。でも割合としては、男の転勤の方が圧倒的に多いのが今の現状なので、以下の話は彼が転勤するケースで進めます。「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-hi
 
 2人のお付き合いが倦怠期に入っているとか、気持ちのすれ違いが発生したりしているとか、ってことであれば、転勤することをキッカケに、彼のほうが別れを切り出してくることがあります。
 
これを受けて彼女の方が、別れを受け入れたくない!って場合に、当然ながら話は平行線になる。こういった場合の妥協点として、なかなか会えなくなるので、別れは一旦受け入れるけど、でも連絡だけは取れるようにしておきたい、って着地になることがありますよね。
 
 いちおう、カタチとしては、別れたんだけど、連絡は取り合う、みたいな感じ。この場合、復縁を願う彼女としては、どのタイミングで、もう一度戻ろうっていうアクションを起こすのが良いでしょうか?
 
 彼は転勤してしばらくは、会社でもプライベートでも、寂しさを感じることが多いと思います。サッカーでいえば、ホームからアウェイに行くみたいなもんだからね。当面は、その環境になれるまでは、仕事もストレスを感じたり、周りに気を使ったり、ってことになります。
 
気を許せる人もなかなかいない。こうなると、人間は弱い生き物なので、ホームの自分を思い出し、きっと彼女に連絡してくる回数が増えると思います。彼女から連絡してくれば、飛びついてくるはず。高校入学時に、なかなかクラスに馴染めず、自分を出せず、ついつい中学時代の友達に連絡してしまう心境と同じですね。
 
 そこで彼女は、彼の話を聞いて激励とか、応援とかするでしょう。だって彼のこと好きなんだもんね。彼もそれに感謝するでしょう。
 
 ここですね、ここ。彼女が彼と本当に戻りたいなら、ここが勝負の仕掛けどころです。彼と恋人同士に戻りたいなら、ここでうまく復縁の方向に話を持っていくべきです。復縁の可能性としては、もっとも高い。ですが、ここで機を逸してしまうと、とたんにそのまま戻れず、自然消滅してしまうリスクに変貌します。
 
 リスクとは何か?それは、彼が転勤して環境が変わっている、という事実から産まれます。環境が変われば、当然にして人間関係も大きく様変わりします。彼が徐々にアウェイ感が抜けてきて、次第に環境に慣れてくることに比例して、彼女への連絡は少なくなっていく可能性が高い。近くにいる人と飲みに行ったりすれば、プライベートで寂しい時間が減るもんね。
 
 彼女の不平・不満・不安を聞くと、彼は、「最近、仕事仲間と遊んだり飲んだりする回数が多くなって、それに不平・不満・不安を聞くと、相手が重く感じてしまう。だってもともと付き合ってないし」と、今までの彼女の貢献を忘れて、自分本意の考えを抱いてしまいます。男は基本、勝手だからね。
 
 遠距離になることが原因で別れてしまった彼と連絡が取れるようにしておくのは、ベストな選択にもなるし、リスク要因にもなる。でも、それって彼ばかりに主軸を置いて、貴女が扇の要になっていない、とも言えます。結局のとこと、一番大事なのは、彼との連絡がどうのこうのではなく、自分自身が自分力を上げるために、彼以外の人とも積極的に出会って刺激を受けることが、もっともベストである、と言えるのではないでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前書いた「ラブラブでいるための5要素



「尊敬できる点」

「好感持てる点」

「気にならない点」

「妥協できる点」

「気に食わない点」



これって実は、別視点で言えば「別れた後の相手の残像に負けない5要素」でもあるんですよ。


仮に付き合ってた人から一方的に別れの言葉を告げられた場合に、どんな仕打ちを食らったとしても、相手のことを嫌いになれない・・・というのはよくある話。


なぜかというと、別れという結末になったとしても、自分の心の中で5要素が突然消えちゃうわけじゃないから。むしろ相手の存在が現在進行形から過去完了形に変わってしまったので、余計に「尊敬できる点」と「好感持てる点」が過去の記憶のベストショットとともに色濃くきちゃう。


「尊敬できる点」と「好感持てる点」が色濃くなると、その反作用で、「気に食わない点」が自覚できなくなり、心のバランスを取ろうと「妥協できる点」の割合が増えていきます。


ここで怖いのは、相手と切れたくないという想いが強すぎるあまり、「妥協できる点」と「気にならない点」が一緒くたになることです。心が妥協を大丈夫だと錯覚しちゃう。だから、相手とつながっていられるなら、相手主導のセフレでも都合のいい人でも構わない・・・って負の連鎖につながるんですね。


失恋が辛すぎてズルズルいきそうな人が、グッとブレーキをかけるコツは、「気に食わない点」を「妥協できる点」に転嫁するのではなく、「気に食わない点」をいかに自分は「気にならない点」にすり替えていたか?を一生懸命考えることなんですよ。そうすると、「妥協できる点」ではなく、「妥協してあげていた点」が浮かび上がってくる。


相手のベストショットを追いかけるだけでは、気持ちが前に向かない。ラブラブの頃も、意外と相手のマイナスポイントは自覚できるんですが、お互いに当たり前過ぎて普通のこと(=「気にならない点」)はほとんど自覚できません。これはプラスマイナスゼロのポイント地点だから。


どんなに辛い別れをしても、ズルズルと相手より格下の立場に落ちていかない人は、「気に食わない点」をいかに自分は「気にならない点」と「妥協してあげていた点」にすり替えていたか?を中心に総括できる人なんです。


「気に食わない点」を「妥協できる点」に転嫁しないようにね。それは転落して時間が止まってしまう序章です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

自分に起こった失恋という、悲しくて辛い出来頃を、例え、時間がかかっても、まだまだこれから長い人生をキラキラ輝くものにするキッカケにしていくには、本音や弱音を、ストレートに吐き出す環境を持つことが必要です。恋愛・失恋で苦しむ人へ・・・「心の保健室。言葉セラピーのお部屋。」  復縁も素敵な出会いもここから!今日からがスタートライン!-z


 頭でモヤモヤ考えているだけでは、自分の理性に、弱っている感情が押し殺されてしまい、常に無理をしてしまいます。


無理をするということは、精神的なバランスが不安定ということになり、身体に吹き出物が出来たり、体調がすぐれなくなったりという方向に、負のエネルギーが噴出していくことになって、それは危険。


 だからこそ、弱くて凹んでいる自分の気持ちを、声に出して、もしくは文字にして吐き出すことで、負のエネルギーは言葉として噴出してくれるので、身体の不調を軽減してくれる。


 できれば、そういった悲しい出来事を、誰かに聞いてもらって、そこで聞いてるほうは、吐き出したことを否定せずに、認めてあげて、好意的でポジティブな方向に持っていくことが不可欠です。


 例えていうなら、占いやおみくじをやると、必ず良いことも悪いことも書いてあるけど、敢えて、悪いことには目を瞑り、自分に都合の良いことばかりを言い合う、みたいな感じですね。


 悪いことは、良いことと背中合わせなんだし、大いにご都合主義で構わないと思う。第一歩を踏み出すキッカケをつかむためには、相手を尊重し、称えあうことが重要です。そうやって、皆で元気になっていく方がステキですもんね。


 失恋した子というのは、当然なんですが、精神的に弱りきっています。だから、話をうんうんと、肯定的に聞いてあげることが大事だし、そこには、個人の価値観にあまりにも固執して、相手を認めないと思われるような発言は、しないほうがいいですよね。


相手の考えに同調して、それを認め合い、そこから違う視点や刺激を得ていく方が、健康的で前向きで、ワクワクしますもんね。


 就活の場合も、まったく同じことが言えます。特に就活の場合は、受かったり通過したりするより、落とされるほうが断然多いものなんです。社会の洗礼をここで初めて受けることも多い。そうなると、必ず凹みます。自分は社会に必要とされていないんじゃないか?って、疑心暗鬼になります。


 でも、落とされることは、一概に悪いことばかりじゃないんですよね。合わない会社には、どんなに人物的に優秀でも落とされる。そこのところは、自分にはなかなか判らない部分でもあります。むしろ友達や仲間のほうが、冷静に見れてる分、わかっていることも多い。


 だから友達や仲間には、勇気を持って、本音や愚痴、泣き言を吐き出してみてください。言葉にすることによって、そして、その言葉に聞いた友達や仲間が発する激励を聞くことによって、意外とスンナリ気持ちが晴れることって、たくさんあるからね!


 そうやって、みんなで失恋も就活も、できるだけ笑顔で乗り切っていきましょう。笑顔は幸運を呼びますので。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


個別相談は大歓迎!メッセはお気軽に!


→ 相談メールは、こちらまで!

 うまく送れない、と言う人はyannsono55@yahoo.co.jp  まで!


★LINEのIDは、『yansono』です。


『yansono流自分磨き教室』 興味ある方は「こちら」


facebookは「こちら」 です!よかったらお友達申請かメッセくださいね。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事は、社会倫理や組織の枠組みの中で自分を律して過ごす領域。

プライベートは、地位や肩書関係なく、自分がなるべく心地よく過ごす領域。


この2つの領域は、時間という概念で見ると切り離しが可能ですが、人間誰しも思考と行動は切り離せないので、観という概念(仕事観・人生観・恋愛観など)では、どちらの領域にいても同じような動きになる傾向にあります。


男も女も同じですが、特に男の場合、その人の真価や本性は、別れ際に出るものです。付き合い始めってのは楽しいことばかりなので、相手に対して積極的になるのは誰だってできるし、誰だって相手に優しくなれます。


でも別れ際っていうのは、誰だって憂鬱だし、できれば相手と向き合いたくないもの。でも、別れ際に真摯に向き合って逃げずに対応できるかどうか?がその人の将来を見極める上で大事なポイントです。


百歩も千歩も譲って、恋人がいるのに違う子を好きになるのは・・・まあある意味仕方ない。それは誰だって起こり得ること。心にシャッターは降ろせないから。


だけど、今の恋愛にシッカリけじめをつけずに、自分だけコソコソ違う子と浮気しておいて自分の居場所を固め、安全になった時点で別れの結論を告げるというのは卑怯ですよね。


さらにそれがメールやLINEのみで一方的に、ということであれば、なおさら。


こういう局面で、そこから逃げずに向き合えないということは、仕事も家庭も最後は結局逃げるということ。楽しい仕事はノリノリやるけど、やりたくないことや作業や仕事からは逃げる。結婚して夫婦になっても、なんだかんだで家庭をおそろかにする・・・可能性が上がります。


自分自身の“将来の”幸せを冷静に考えた時、後戻りできなくなってから苦しむより、“今の時点での”苦しみに従っていた方が、実はそれが将来の肥やしになっていることがわかるはず。


今のままの相手とこのまま仮に結婚して、その生活の中で別れ際の屈辱が続いているとしたら・・・きっとそれは絶望に昇格してしまうでしょう。


今の時点での苦しみは、時間の概念で切り離すから意味がある。将来オセロのコマのようにキレイにひっくり返って、幸せになるはずです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


個別相談は大歓迎!メッセはお気軽に!


→ 相談メールは、こちらまで!

 うまく送れない、と言う人はyannsono55@yahoo.co.jp  まで!


★LINEのIDは、『yansono』です。


『yansono流自分磨き教室』 興味ある方は「こちら」


facebookは「こちら」 です!よかったらお友達申請かメッセくださいね。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

突然ですが、僕は島根県出身です。

 

山陰は全国的に見ても、過疎化を突き進んでいますが、そんな島根県下でも、より過疎化を突き進んでる地方です(笑)。

 

・・・あ、このブログ、FACEBOOKつながってるんだった(笑)。地元の同級生の皆さん、すみません。「恋愛・心の保健室」  フラれた・・・と思ってる人へ      失恋をスタートラインにしてキラキラの自分になろう!-sannin

 
 住んでいたのは10代の頃。当時はテレビ見てても、東京の街とか、芸能人が画面に映ると、すごいなあとか、イイなあ、とかって憧れたりする反面、どうせ田舎じゃあ、あんなのは別世界だし、とか、東京は特別な場所で、日本ではないくらい華やかに見えていました。
 
 島根に比べて東京をはるか上だと思い込んでいたんですよね。
 
 でも、大学進学で東京に来たとき、島根と東京って、地面で陸続きだということが分かりました(笑)。
 
 そして実際に住んでみると、なんだ、東京は確かに都会だけど、芸能人にいつも会えるわけじゃないし、人も多いし、ごみごみしてて疲れるし、それに比べて島根だっていいトコあるじゃん、って思えたんです。
 
 だって、東京も島根もつながってるんだもんね。どっちか上ってことはない。
 
 自分を卑下した状態で、好きで憧れてる相手をついつい見上げてしまうけど、それは錯覚です。島根から東京を見ているようなもん。実際には自分と相手とは同じ視点だし対等なの。田舎モンがダメで、都会モンがすごいわけじゃない。どっちもすごい。
 
 自分には自分の山の頂上があって、その頂上は相手とは違うからね。だから相手を見上げる必要はないし、自分を卑下する必要もないんです。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

概していうと、人間関係というのは、【その関係性を決定する枠組み】があって、そのどれかにハマっていないと、曖昧になるし長く続きません。枠組みとは例えば・・・


「上司部下」 「同僚」 「家族」 「恋人」 「友達」といったものですね。


この枠組みに加えて、【時間の概念】が入ってきます。例えば・・・


「元上司」 「前の会社の同僚」 「高校時代の友達」という感じかな。


多かれ少なかれ、僕たちを取り巻く人間関係は、こういう何らかの枠組みと時間の奥行きの中に納まっています。


一方、こういった関係性が曖昧でも2人の間に【敬意】【利害】が入ると、結果的に続いていくこともあります。例えば、


【敬意】とは「師匠」「先生」のように、どちらかのリスペクトが入る関係で、【利害】とは「取引先パートナー」 「金を貸してる」 「モノを借りてる」とか優劣がある関係ですね。


こういったどれかの枠組みに2人の関係性が帰属しないと、縁は切れてしまう・・・と僕は勝手に考えています。


別れ際の恋人同士はどうでしょう?嫌いになったわけじゃない、LINEとかメールはいつでも大丈夫よ、とか、とりあえず話したり会ったりするけど、他にいい人できたら、いつでもそっちに行っていいよとか、どちらかがそういうセリフを告げて、関係性がズルズル続いていく・・・ことがあります。


この場合は、男女どっちでも同じですが、セリフを告げる方が、そのセリフを受ける方に、何らかの枠組みを示してあげる義務があります。逆にいうと、枠組みを提示できないのであれば、自分が悪者になってでもこの関係性を切っていく義務もある、ということなんです。


悪者になりたくないから、とりあえず寂しいから、身体の関係は維持したいから、そんな自分勝手な思惑しか見えない人には、絶対に枠組みを提示できません。


枠組みを曖昧にする方と、枠組みを提示してほしい方、この場合は、前者はセリフを告げた方で後者はそれを受けた方、こういう関係では、ジレンマを抱き続けるのは常に後者の方です。


しかも前者は、状況と都合によって、枠組みをコロコロ変えられる。これが俗にいう「友達以上恋人未満」ってやつですね。「友達以上恋人未満」というのは枠組みに見えますが、実はどこの領域にも入っていません。


「元」もつかないから時間の概念もないし利害も一致しない。だから根本的に前者にとっては、人間関係を作ろうという気がありません。


加えてリスペクトもありません。仮に後者が「都合のいい女(男)」なら、一見すると利害関係があるように見えるけど、それはあくまで前者にとってだけで、後者は曖昧な枠組みのままで苦しみだけ。


ちなみに、お互い割り切っている「セフレ」ならちょっと違ってきます。これは対等な利害関係がある。さらにいうと、社会的・倫理的には悪い関係で、不適切ということを承知で書きますが、「援交」も性欲と金銭という利害関係は一致する。


「友達以上恋人未満」「都合のいい女(男)」というのがどうして辛いのか・・・これでなんとなくわかりますよね。枠組みを提示しない限り、どんなうまい言葉で言い繕っても、恋人には昇格しない。であれば、枠組みのない人間関係は辛くて不安だけですよ。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

一度別れた恋人とお友達には・・・僕はなれると思います。実際になったことあるので(笑)。「恋愛・心の保健室。言葉セラピーのお部屋」  キラキラ自分に進化しよう!復縁も素敵な出会いもここから!-de


ただ、恋人だった時代の延長線上に相手を置くと、友達にはなれません。特に振られた立場にいる人の場合は無理だと思う。


振られた相手と何とかつながっていたいので、その妥協の産物が「お友達として・・・」ってヤツなんだけど、このお友達という関係の裏には、戻りたいという大きな期待が思いっきり張り付いています。


「恋人」と「友達」ってのは、振ったほうと振られたほうでは、捉え方にかなりの温度差があるんですね。振ったほうは、友達になったからといって、特別対応が変わるわけでもなく、少なくとも元恋人である友達に、優先的に時間をささげることはないでしょう。


逆に、振られたほうは、とにかく関係が切れてしまうのがどうしても嫌で、とりあえず友達という関係を選んだわけです。何とかつながったという安堵感は一瞬の話で、今度は、友達としてつながっている間に、あわよくば戻れるかも!って思ってしまうもの。つまり、自分に時間を優先して使ってほしいと思ってしまうものなんです。


この期待は執着とも言えるもので、とにかく優先して自分を見てほしいという想いとして、相手に伝わってしまいます。この「想い」は、相手には「重い」となり、いつしか疎遠になっていく危険も上がります。


友達になるというのは、この執着がある程度落ち着かないとダメなんですね。優先的に時間を使ってほしい、自分だけを見ててほしいという想いが縮小されていく必要があります。期待が大きくなればなるほど、失望も比例して大きくなるから。


ホントはなくなるのが一番いいんですよ。なくなれば完璧に友達になれる。そのためには、振られたほうは、自分の身の回りの環境を変えていかないといけません。引越しとかできればいいんだけど、それはあまり現実的じゃないですよね。とすれば人間関係を変えることです。恋人を作れというのではなく、人脈を増やすということ。


要は、心に新鮮な風を送って、換気していくんですね。換気に必要なのは、人が心を出たり入ったりすることなのね。友達って、なってほしいとお願いしているうちは、友達じゃないからね。だって振ったほうの認識は友達だからどうこうって考えてないんだから。


友達関係は、なることそのものより維持していくほうが格段に難しいものなんです。中学や高校のとき、あれほど仲良かった友達で、卒業しても遊ぼうね!と言っておきながら、その後何度会ってますか?きっと数えるほとだと思う。全く会ってないという人もいるでしょ?それっていつのまにか、元友達ってことになってしまったってこと。


逆に、何年も経った今でも友達として続いてるよ、っていう相手がいますよね?それはどうして続いてるのか、というと、頻繁に会うことを期待してないからです。面白いでしょ?卒業の時、友達でいようね!って言い合った時は、会って遊ぼう!と、会うことありきで新たな友達関係を結んだのに、その後は会うことを期待していない。


友達になる時となった後の維持では、このように最初の想いとは矛盾することが起こるんですね。元恋愛相手と友達になるにはこれと同じで、会うことを期待していては、友達にはなれないということですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
どう頑張っても、自分の想いが届かない時、ついつい現実逃避して、辛さの逃がし場所を探してしまうものです。恋愛・失恋で苦しむ人へ・・・「心の保健室。言葉セラピーのお部屋。」  復縁も素敵な出会いもここから!今日からがスタートライン!-eet

それは就活がイマイチうまく進まない時も、好きだった恋人に振られてしまって別れた時もどっちも同じ。自分が描いていたキラキラのゴール、ずっと続くと思っていた充実した日々、そういうものが叶わなくなったり、無くなったりしてしまうと、絶望感も悲壮感も抱いてしまうもの。

就活も恋愛も、自分のアツい想いは当然だけど、それが相手サイドに汲み取ってもらえなければ、どんなに自分が願っていても目の前なら消えてしまう。これが人は一人では生きていけないという本質にもつながります。

その際に行なう現実逃避は、前に進むため、暗く閉じた心の換気をする意味では有効です。友達の前で泣き叫ぶ、カラオケで歌いまくる。ヤケ酒ヤケ食いをする。そういう一時的な発散は是非ともやってほしいと思います。

だけど、ヤケ酒がずっと続くようだとダメです。それは身体を壊してしまう。友人知人と飲んでる分には、暴飲していると周りにストップをかけてもらえるので安心だけど、飲むだけの知り合いなんてのを作るとアル中になってしまう危険がある。

失恋も同じで、心の寂しさを埋めようと、いろんな出会いを求めてしまい、いつしかセックス中毒になってしまう人もいます。自己嫌悪に陥ってしまうのは分かっているのに、やめられなくなっちゃう。

これはそれしか目的になってない人と交流するから起こることで、月並みですが、相手を守ろうとする愛があれば、そんなことになりません。

今、心が何かの中毒に犯されている人、誰にも言えず一人で泣いている人、僕でよければ心のリハビリの主治医になってあげるので、メールくださいね。

とにかく一人で何とかしようとしてもできないこともあります。自分の想いが届かないことがあるのと一緒です。人に裏切られたとはいえ、やはり自分を引き上げてくれるのも人です。

とにかく今の辛さをどう凌ぐか?が、ちょっと先の未来の笑顔につながります。就活も恋愛もね。





相談希望の方は、「こちら」 までお気軽にメールください!!ケータイから送れない、と言う人は、

yannsono55@yahoo.co.jp  まで!もちろん無料ですよ!

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

失恋直後の感情って、相手の幸せを願うより、相手の不幸を祈ってしまう方が正直な気持ちだと思うし、不幸を祈ることが、決して最低な人間ではない・・・と凹む必要もないということは以前書きました。そして、相手の不幸を祈る自分を認めることが、結果的に回復ステージを走る最短距離での離陸につながることも。


だから、相手の不幸を祈ることは決して「現実逃避」ではないんですよ。むしろ相手の幸せを願う方が現実逃避ですね、僕に言わせれば。


少なくとも自分自身だけが覗ける心の内側領域でいうなら、決して逃避ではないでしょ?逆に「現実直視」していますよね。心の外側、つまり実社会での生活領域で相手の幸せを願うのは、「自分逃避」といいます。


出たくもない会議があって、まあ仕事だから仕方ないとして、その会議中に早く終われよーーー、話長いんだよーーー、お腹空いたよーーーって思うことあるでしょ?


外側の自分では、そんな感情をグッと我慢して普通の顔して耐えてる。まさに現実逃避でしょ(笑)?この逃避には根拠があって、それは仕事と収入を守るため。感情を抑えるブレーキが、心の外側領域には存在するというだけのことであって、自分の気持ちは内側です。


もちろん内側に従って外側を生きろと言ってるわけではないですので念のため。それでは何でもアリになって、社会が壊れちゃう。


ただね、失恋して相手の不幸を祈ることは、長い会議早く終われーーー!って思う気持ちと一緒でしょ?まさに自分直視ですよね。それを違うと考えることが、よっぽど現実逃避ですよね。



以上が今現在の自分の立ち位置の話。最後に今後の未来について少し。


これから失恋をキッカケに進化するために「現実透視」をする意識を持ちましょう。


ここでいう「透視」とは、自分の視界を遮る物の後ろにある社会や、自分が気づけてない場所なんかに目を向けることを言います。往縁 」のようなyansono用語です(笑)。


透視して視界が広がれば、心の外側が広がるわけだから、結果的に内側領域にも影響を及ぼします。なんてちっぽけなヤツのことでウジウジ悩んでたんだろう・・・って気づけるからね。


そのためにも、赤鼻のトナカイさん は、サンタさんに出会う必要があるわけですね。期待の持てない出会いの中にキッカケって埋まっているものですよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。